読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

はじまるまま


 寂しげに横たわる隙間に廃残される理由は、カテゴライズされ、些細な出来事へと収納され、行き違う意識に保たれるバランスすら、瞬時に破壊されるだけに至り、関係性に断続し、収斂するジレンマや、時代的な妄想に迫る軋轢から、空間的な空疎さを放つだけの段落に潜むニヒリズムに屈さずに、空間的な飛躍を遂げ、数学的な直訴を超え、超越し続ける先に、創造的な喝破から、退廃的なモノグラムに潜む、悠遠との境界に与える軋轢や、あらがう先に堅持する意味にむしばまれ、今に接続されるだけの苦悩が、永遠のサイクルを渡り、感覚を損ない、そこかしこに想念をまき散らし、偶感に潜む簡易なものから引き取る意味が悲観を続け、感覚を麻痺させ、あらゆる制限を原罪と共に含ませ、潜む思いも、空疎なものに攻め入られ、生命の起源を失い、薄い膜に囲われ、過去からここまでの貪婪で鈍麻な妄想が炸裂し、収斂されるほどに、にじむ血との乖離から、言辞に掲げられた魔法を取り除くべく、狂騒が促す教材を引き裂き、法は、利便性を騙るだけで、カタルシスには至らず、互いを恨むだけに至り、浸る意味は、空虚さを加速させ、カオスへと至らせ、ちぐはぐな動機を放ち、季節感を摩耗させ朦朧とし、血合いを執り行い、トラウマに疎外されるだけに意思的な紊乱に改ざんされるだけの意識的な汚穢から、終わりへと導かれるだけに合間に潜む痛みへと乖離し、意味に飲まれ、法則的な欺瞞を加速させ、共依存的に執り行われる儀式的な杭を打たれ、磔にされた心理にもとづくエゴから、行為は、今に導かれるだけの苦悩へと還元されるだけに、誰かの安易な意図と同化し、同一性を孕むほどに、過激な理想へと至り、浸る意味から、今は暴力的に還元されるだけに、幼稚なギミックを生み出し、そこに現れる欺瞞に飲まれ、ファシズムへと加速していく世界性から、淫蕩な形式に溺れるだけの耽溺し続けるだけの体系的なエゴから、内面的に萎える性善説から、悪を加工するだけの正義が生み出す制限から、抑圧され続ける精神は、敬神を続け、つたない意思を、神でまとい、自らの痛みを昇華させるべく、あらゆる恐怖を今に捏造し、あらゆる悪を利用し、転化され続ける量子化されたエレジーや、エモーショナルな改ざんから、改定されるだけの規律に論理的なカニバリズムから、簡単な処理法でフォーマットされるだけのリリカルな衝動から、焼夷弾が降り注ぎ、焼けただれた、誰かである肌をながめ、自らの冒涜のがらんどうに潜む孤独感との対話を続け、猥雑な意思が利権を守るためだけに、ためらわず闘争へと至るような排除法から、情報的な正気を保てずに、戦時下以下の扇動から、センテンスは利用され、先天的な苦悩を抱き合わせ、今の苦しみを倍加させ、簡易な理想を促進させるだけの堕落した権威が放つ理想により、圧迫される生活から、正義は、演じるだけの捕り物を舞台の上で続け、儀式的に昇華させるべく、不安は、祭りへと変わり、血祭りに上げられる生贄さえあれば、誰かの苦しみは、誰かを犠牲にすることにより、その場その場で、解決されるだけに至るような弱肉強食的な配管を通る汚物たる人間的な精神性が促す『正義などは』即席の自由を保つだけに至らぬものに罪を課せ、加算される原理などに行き違う確かな意味は、利己的な者が及ぼす遅効により、確かな効果は失われ、今に備わる苦しみに膠着し、自らのバランスを保てずに、誰かが罰せられる姿を、快楽的に傍観するほどに、自らの苦しみは昇華され、利用されるだけの愚鈍な考えが、今に還元されるだけの苦しみへと住まいを移し、理論的な拘束から、口実を設けるほどに、保たれる理想などは、今に混同する意識的な競合へと至らせ、互いをとがめるだけの体系を生み出し、権力を用い、権限に支払われる義務のためだけに、ためらわずに、何かを蹴落とすだけに、怠惰なものへと変化し、偏執し続ける先に倦怠感を抱え、感触を損ない、そこかしこにそびえる意味から、怯えるだけの今に犠牲心を孕ませ、進化を遂げずに、厳令を掲げ、加算される痛みに発散される意思が参画し続ける苦悩に縫い付けられるモノグラムが脳内を循環し、改善されない痛みに内服すべきよろこびの雄蘂と雌蘂をつなげ、ひとつの愛が放つ愛と言う名ばかりの幻想と妄想の瞬間にでも、愛に似たようなものが、荘厳なものを放ち、今に確かな効果を放ち、確かな意志へと変化し、そこにとがめられるものすら無く、互いを思いやることにより、昇華に至るような関係が、保たれるためだけに利用されても尚、そこに愛を感じられれば、距離などは関係無く、肌に触れなくとも、そこに現れる愛の確かさは、今に嵌められた足かせを外し、確かな影響を今に与え続ける。