時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

補完


 清潔感も無く、過剰に求めるだけの依存的なものから乖離していく言葉が汎用され、凡庸な価値が促すカタストロフや、逆らえば最後、そこで終わるのだ、と妥当な意味を吐き出すだけの否定的なゲームから、簡素な理由を多目的なものに射し込むだけの意味合いから、痙攣をし、散財を繰り返すだけの曖昧な存在が点在する位置的な消耗から、損得を持ち出すだけの人間的な哀れから、むしばむ現在に大きな穴を生み出し、そこに嵌め込まれるだけの原理に顕在するものだけが本質なのだ、と騙される間に介在する意識や、模倣を繰り返し、虚空へと至り、訝る現在に来すものや、浪費し続けるだけに至るような痛みが生み出す境目や、社会性などを持ち出し、何かを協調させることだけをプログラミングされた神や、機械兵どもがうごめくシンドロームや、シネマの中でドラマチックに展開される以上のようなものが、現在では生み出され、持ち出される奇跡などは、ただ、現実逃避に至るためだけに操作するためだけに、多面を屠り、ためらわずに倒錯へと陥らせるだけに至るような統合から、等位は決め込まれ、既成のもので囲い、加工される過去から、此処までの距離をはじき出すだけの計算的な論理から、枢要なものも死滅した後のホログラムの中で、私たちは生きているのだ、と適齢期を用い、定期的な清掃を求めるだけの意思的な欠如を埋めるためだけに、ペシミズムを利用し、領土を用いる終末論的な倒錯から、夜に広がる不安の模様や、妄想し続けるほどに、偏屈になるだけの精神性から、整序されることを求めるほどに、論理とは秩序を破壊し、悪意を吐き出し、今を破壊することだけに専念し、そこに遷延するものが、今を緩慢にさせ、些細なことで見失うだけの構造的な瓦解や、間隔を用い、悲観するだけに浸るだけの痛みから、大罪などを持ち出し、何かを罪で罵倒する間から、刻々と迫るセンチメンタルな立証から、リリカルな配役を終え、欺瞞を持ち出しながら、求め合う現在に戒律を加え、凍える時折に迫る顛末が示す悲しみの空白や、迫害を受け、妨げに導かれるだけの慟哭の少女や、生命の危機を促すだけの時間から、最たる意味を破壊するだけの原理的な象徴を崇めるだけの記憶の倉庫へと運ばれるダイナミズムや、代償として捧げられるだけのサクリファイスを生み出すだけの生産的な犠牲から、空間から現れ派生するものに囚われ、倒錯するだけに干渉するものが、体制へとこびへつらい、平衡を失い、今にさまよいながら、揺動される先々で乖離していく今に悲観し続けるだけの意思的な汚穢から、旺然と輝くものが、対比されるものを証明するためだけに、光りを与え、絶えずシンクロする先にもつれる意図や、まつられるだけのものにとどまり、対立を深め、そこに現れる痛みや、発散されるだけの快楽の傀儡として、指定されるだけの義務へと急ぐだけの精神が、軽薄なものを持ち出し、貸与される感情や、永久に消え去るだけの本質や、続けるほどに止揚することも無く、ただ、現れるままに廃れるだけの出来事に懊悩していく。人間的な枢要さを失い、たどたどしい意識は、魯鈍なままにさまよい、今にむしばまれるだけに浸る痛みを抱え、理解を得られぬ、と乖離していく現在に浸るだけの意味に浸透していくものに抑圧され、屈従していくだけに陰る本質や、奔走する先々で起源を失い、破壊し続けることだけを目的に思春期とはうごめく精神をとどめる事無く、発散し続け、自らを破壊しようともくろむ精神が、明晰なものすら生み出せずに、暗雲立ちこめる現在に、リリカルなものを発散し、生み出されるものを愛することもできずに、子供のままである自分と、大人になろうとする自分との対立が生み出すドラマチックなものに阻まれながら、破壊的な同性が生み出す散漫な意識からの邂逅や、今に復古されるものが、同じものを見せつけるだけに、悲観していく感情はがんじがらめになり、少しずつ生まれる軋轢や、現れる亀裂に反し、季節的な廃残や、背景に与えられる罪の意識や、言い分けを重ね、自分優位に事が運ぶように示される私怨から、聖戦を迎え、痙攣する身体を司法で加工し、論理的な汚穢を吐き出すだけの現存する理由に誘致されるだけの可能世界に肥大する被害者意識から、陰鬱な衝動が示す暴力性だけが、世界を、正解に変えるのだ、と妥当な者が吐き出すだけの言葉などが、今を阻め、破壊し尽くすだけに至るような行動を繰り返し、今を阻めることだけに集中し、象徴的なものを崇めることだけに、定理とは生まれる、などと言い放つ間にもつれる意味は、互いを阻めることだけに専念し、意味の無いものを追いかけ、自らを退廃させるだけに至る演奏を終え、自らの悲劇を攪拌させ、拡散されるものを信心するほどに、露呈されるものが、今の悲しみを作り出し、偽装し続けるだけに至るような現在に生まれる間隔が、今を乖離させ、邪推させるだけに至らせ、何が正解かすらも見失わせ、今に生み出される苦しみに算段されるものだけを崇める。