読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

猥雑

 

 


 真理は、誰もが眠る深夜に生まれ、誰にもつかまれずに、伝わるままに、愛は育まれ、卑屈にならずに、塗り替える意味だけが、今をサポートし、呪文を唱え、今を乗り越え、私が、私をつまらぬものに変える前に、夜と混ざり合い認識し続ける先に現れる存在証明もいらず、至らぬままに放置され、葬られる思いが無理を重ね、懐疑的に浸るだけの暗夜認識を乖離していく精神が、軽薄な動機を生み出し慟哭し、同意を待たずに、またぐ先に開示されるものを引き裂くのが、唯一のが私であるし、そこかしこに、サディズムは、抑圧されるごとに加速し、そこに快楽は生まれ、憂鬱なものを生み出し、弛む軌跡から、さまよう意思は、ささやかな時折に揺らぐ真理が、審議を重ね、方法を超え、教わるものなどは、至らぬままに意味を失わせ、与えられるものに虐げられ、今に現れる苦しみだけにそぐうものだけを、世界として認識することだけが、正解なのだ、と疑うことなく認識するほどに、補填される苦しみを再現し続ける先に現れる苦しみを複製し続ける私とは、私との距離を埋めようと作用するものが、頼りなく迫り、せっかちにぶつかり、互いを理解する以前にすれ違い、互いを愛する以前に羨望を重ね、乖離する以前や、意思などがかさばり、関わり、つながるほどに邪魔なものに感じるわけであるし、理由あるが故に、所以は齟齬を生み出し、奪い合うだけに補填される苦しみにより、悲嘆に暮れるのであるし、いびつな愛は、秘密を重ね、導かれるものは、ままならぬ意識が見すかす先に現れる永遠とは、退屈なものであるし、そこに現れる物語も、窮屈なものではあるが、今に現れる死が、信念をゆがませ、今に現れるものが、一切を膠着させ、行為に孕ます理由などをが、今を克服できずに、苛むものが、今を狭め、自らを狭い価値にとどめる。記憶をとがめ、今に充填されるものに卑下されては、ここから腐るだけの行動から、論理的な発芽から、損なわれるだけの身体を求めるだけの対比から、短絡的な対価を受け入れるだけの衝動的な価値観から、仮説を立て、情緒を失い、相互互換される身体を支えに、再会する言葉に巻き込まれ、苦しむだけの身体を捨て去り、最愛の日々に帰り着き、罪を重ねるだけの堕落する今に空白を作り出し、その空白を埋めるだけの恋に老けるだけの身体が消費するだけの観念に阻害され、対価を生み出すだけに、踏みつぶされるだけの身体を納期するだけの観念的な相愛から想念は爆発する。爆発したその先にそそのかされ、叢生するものに覆われ、応じるだけのこころが、閉鎖的になり、担うべき意味に反撥し、反抗し続ける限りに謳われるものに悶絶する精神は、清らかな音に増幅する精神的な感度が敏感になり、用いられるものを、創造的に昇華させ、些細な出来事をも創造的に解決させ、快活に至る精神は、関与する深夜に咲き乱れ、朝になれば枯れ果てる不安や恐怖を結い、言葉が射止める間に生まれる愛だけが、その場を圧迫せずに、逼迫するものを昇華させ、境目も持たずに、用いられる言葉に邪魔されずに、時間を飛び越え、空間に用いられる軋轢や、人混みで茶化すムードや、用いられる原理に関する猥雑な失念から、照合されるだけの論理的な規律から、亀裂を生み出し、そこに陥るだけの大衆のコードを読み取り、未知の世界へと改ざんされるだけの警邏を終え、慧眼へと至り、いびつな世界こそ、物事の本質を見極めるような手立てを生み出し、惰性なものほど、今に補填される苦しみや、補完される憎悪などをヒットさせ、悲観的な流行歌を歌い上げるような刹那に、妄想した記録などを手記するだけの諦観の者どもが卑屈に示す悲観的な夜に加算される苦しみを発散させるためだけに、私は産まれたのであり、理屈すらも持たずに、詩的に喪失していく限りに陰る本質は、怪訝なものを抱え、この夜を精神分析し、敬神へと至る前に、今に浸る苦しみを解消させるべき己を機械的に陥らせる以前に、今に奔走し、いびつなものをミステリアスに輝かせる街灯が照らす慢心や、慢性的な痛みを模倣するだけのカメレオン的な人間が扇動する言葉の誤りや、そこに生み出すギミックなどに密会を繰り返し、過信を生み出し、暴かれる現在に迫るイメージなどが、狭い価値を掲げ、加算される痛みや、卑屈なものを生み出し、自らをおとしいれることだけに知恵を使い、蓄積される苦悩は、今に罪滅ぼしなどを用い、何かの代償により、このカルマは回収され、誰かの思い通りに扱われるだけに至るのであるし、そこに用いられるカルマなどは、罪を行わぬように、と使われる強制力に過ぎず、用いられる罪を、用いられるままに消費するだけの人間的な取り組みにより、今をごまかし、今の苦しみすらも超えられぬように仕組まれた罠に過ぎず、神話的な構造から、高揚感すらも損ない、誰もが、規律通りに動くほどに、補填される苦しみは、似たような苦しみに同調し、その苦しみの重さを増すだけである故に、苦しみとは、誰かに与えられた影響を、そのままに受け取るだけに至る苦しみを、自らの苦しみのように演じているだけである。