時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

孤高


 交わる言葉の隙間に満ちる恋の予感から、切ない思いの接続から、流動するふんいきに行き交う思いがハミングし、一体感や、立体化する先々に敷衍するものが、エモーションに入り交じり、舞台に入り込む懶惰な思いがはびこる意味へと誘導し、短絡的な動機に配備される間に反比例し、介する間に愛を抽出しながら、中庸を保つほどに、魯鈍な価値は、カタストロフを昇華させ、あらゆる日々に狭められるだけの普遍性へと徒に消費されるだけの影を引き出しながら、従事する先に端的な意味を引き出し、引き取る間に勇敢に挑むだけの形から、カタトニ-を生み出し、愚鈍なものに成り代わるだけに終末にファイナライズされ、穢れるだけの価値から、有形なものに悲観的なものを促し、関係に制度を結びながら、幽遠に浸る原理から、理想を供給するだけに疲憊する精神は、カタルシスを促し、負担を回避するほどに、気後れし、記憶に浪費されるだけの観点から、開示される苦悩を共通項として、同じ痛みを堪能するほどに、矜恃を保ち、用いる悲劇から、風を巻き込み、混濁する意識は、終焉に巻き込まれ、混同する意識は、色彩を損ない、そこかしこに強襲しながら、長らくに備わる思いが、収容される論理から、倫理観を構築するだけの現代的なものが覆い被さり、今に復讐をもたらし、用いる善意により、苦しみをもたらし、今に復元される苦しみを複製し続ける事にしつけられる精神は、制限も持たずに、何かを裏切り、恨む事だけに拘泥する。詐欺的に分裂する無情な街並みからほとばしる冤罪の空気感や、欲望の貪婪さにちぐはぐな正義が、傲慢なものを生み出し、満足をひけらかすだけの快楽を受注するだけの社会が製造する不安定な立像を信じるほどに、真実とはごまかされるだけに至り、用いられる普遍性などは、不潔である事にも気付かずに、自らのずさんさに傷口が深まるばかりで、止まらぬ血を傍観するだけの日常のエゴイズムから、征服欲を引き出し、荒んでいく精神は、初心なものを崩壊させ、言葉ののりしろにこぼす接着させるだけの苦悩から、コギトを破壊し、自我を追い込む先にあふれる無意識下からあふれるエナジーや、思惟に居座る影が促す論調に引き伸ばされる精神は、あいまいな今に邁進しながら、体感すべき愛などを求め、追われるほどに、逃げたい一心で、引火する日常が燃えさかるのを傍観するような離人症的な日々からの離別を求めるだけの絶望に高潮していくだけの精神は、憂鬱に支配されるほどに、不安を捏造し、今をごまかし、際限無い苦しみを運び出す機械として、日々を生産していくだけに至るようなプロセスからの解放を目指すべく、自由からの脱兎を告げる。用いられる理由などに引き取られるだけの価値が生み出す余暇などに自由などは存在せず、そこに、自由を思うほどに、鬱屈していくのが、精神的な不安定さを保つだけの均衡にもたらされる不安を生み出すだけのコマーシャリズムが、理想を貫かずに、ただ、促されるままに、同じようなものを、同じように愛し、同じようなものを買い、不必要になれば、捨てるか、売りさばくかすれば良い、と言うオプティミズムに適応しない者は、資本主義社会の脱落者として、汚名を授けられ、預かる名前を引き出すほどに、引き立つ意味は、君を卑近なものに変え、卑屈な者に牛耳られ、悲観するほどに、魯鈍なものに成り代わり、落ち込むだけに至るような精神に、正否を促し、問題に軋轢を加え、今に諦観すべきなどと促すような理想から生まれるプロセスからはみ出さぬように、生きる事だけが、正解であり、この世界の行いを正す者などだ、と促すような正解などは、世界を、自分の内部にとどめ、自我の深みを知らずに、切り取る今を利己的に殺める事が、愛する事であるのだ、と答えを誤るやましさや、病んだ魂は、虐げられ、従えられるほどに、内ゲバの恐怖に震え、誰もが猜疑心に苛まれ、記憶を愚かなものに変え、老化するだけに至るような軽薄な精神から、正否を踏み台にし、意味に軋轢を加えるだけの亀裂から、改造されるだけの精神は、記憶を継ぎ接ぎにされ、償いのために、自らの精神の中で自己を磔にし、罰を与えるだけの快楽が用いる報酬のためだけに動くのが、脳内での働きであっても、ここで、ちぐはぐな意味を治外法権的に吐き出す破壊的な条理から、陸地を奪うだけの国家たる偽装から、犠牲心を植え付けられるだけの消去法的な宗教的な抹殺から、制圧されるだけの自己は、利己的な自己にデコレーションされ、フラストレーションを溜め込み、緊密な自己との強力な鬱屈から、圧壊する精神は、バラバラになり、元には戻らずに、アナーキーな状態で、呪詛を促す精神は、誰の言葉も借りずに、自分の言葉すら持たずに、何かに成り代わる事でも無く、何かであろうとする事すら無かった事のように示される間に閉め出される自己を崩壊させる自分を傍観するだけに至らせるような展開から、転換する恐怖にもたらされる絶望の擁護され続ける間に生まれる差異から、搬送されるだけの意味への反撥を続け、今に拗れる自己は、権限を謳うだけの動機を失った道化としてしか生きる事を肯定できずに、今にいびつに処理されるだけの無法地帯と化した自己を傍観する事だけに精一杯になり、今に諦める事だけを続け、答えに屈折し、自己を消費し続けるだけのマネキンと化す。