時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

宇宙的な閃き

初々しいものがあふれ、虐げられていた思いを昇華させ、ひずむ感情をリズミカルに変え、意味に変容されるだけの幼稚な企みや、猥雑な思念を昇華させ、逸する先に生まれる愛と華々しく結ばれ、無数の幼稚な企みに感情を操作されずに、ドレスアップされる現在に懸隔を用い、間隔を生み出し、麻痺させるだけに至るようなたゆたう衝動性や、律する間に募る思いが抑圧を撥ね除け、自らの意思に無頓着に帰還し、関する間に生み出される背反や、排斥される間に徒労をかさね、眠りからほどける瞬間に生まれるものが真実を語り、カタルシスを促し、隠語を放つ動機や、同調性を捨て、ノスタルジアをたどり、リンクする瞬間に生まれ、塗り替えるものだけが、この物語の間で確かなものを実らせ、邪推せずに、円滑に進む物事から、出来事とは、その場で消費され、深夜にさまよう孤独な感情を昇華に至らせ、解消する痛みは、旋回するほどに麻痺し、魯鈍なものに変わり、ロジカルなものに衰退させられるだけに至り、堅持される余韻が、誇示するものや、怖じ気付くだけに至らせるような喜劇や悲劇の間で浪費していく感情は、カタルシスに至らずに、自らの苦しみだけを繰り返し反復させ、そこに翻すべきよろこびを生み出さずに、見出すものすべてを浪費していくだけに至らせるような屈辱を進み、荒む精神は、些細なことで高圧的な法や罪にさえぎられ、模倣する事でしか、善悪も生死も乗り越えられずに、与えられたままに現れる儀式を司る幼稚なギミックに飲み込まれ、混同する意識は、散漫になり、担う事柄の重荷に耐えかねずに、観点に疎外され続ける間に消費されない藝術は、庶民の下に降り立つほどに落ち度ばかりが目につき、目に余るものに変わり、命じられるものに変化し、藝術とは、そこで退化していくだけに至り、自らの退嬰的なものや傲慢な意識に司る欺瞞などを抱え、延命することだけに専念し、自らを喪失し、失意の下、妨げられるほどに傷ついた意思は、陰鬱な衝動を重ね、自らの焦土に眠らせているぬくもりを忘れ、照合される先々に位置づけられるほどに、居心地の悪いものを抱え、固執するだけに至り、枢要なものを損ない、そこにあふれていく痛みばかりを解消させることだけに専念する。悲恋に打ち砕かれた者がおののく隙間からあふれる悲観的な緩衝を終え、借りているものを返すことだけに終える業務から、凝固していく意識は、接続されるものに苦悩を引き渡し、悲観的に至る先々でいたわることすら忘れ、自らの苦しみに制限を生み出され、今に定める屈辱や、そこかしこに意味を与えるほどに、転換されるものは、今に浸るだけの苦しみを媒介し、意識的な哀れみばかりを膨脹させる。力の間を揺らぐものが、権利を用いふさぎ込ませる。憂鬱を敷衍させる散漫な意識は、形式的なものに覆われ、意識を奪われ、意味を背反できずに、今に蓄積される苦悩を膨脹させる。あらゆる不満は、不安を誘い、今に蓄積する動機に不正なものを持ちこみ、追い込まれる意識は、欺瞞を生み出し、今に立場を用い、位置的なもので恫喝し、自らの意思を破壊するだけに至る。体系的なものに携帯するものや、体系的なものに逍遥し、媒介する先々で権利を謳い、用いられる悲劇に酔いしれ、自らを悲劇のヒロインとして扱い続ける先に現れる苦痛はやがて快楽を用い、自らをマゾヒズムに変化させる。与えられる罰は、快楽に変化し、不安を用いるほどに、快感は増していく。あらゆる拘束は、抑圧されていくことに生み出される悲劇を延々と敷衍させ、動機を損ない、長じる由縁に弾き出される感情は、はびこる悪意に鎮座し、暗澹としていく。指定される義務が用いる抑圧から、さえぎられる意思は、快楽に改ざんされ、段々と迫る意識的な汚穢や、終わりを導くだけの悲劇へと逃避していき、貧寒な意識は、今に変換される儀式的な戸惑いからミニマリズムに至り、再現される悲劇を重ねる愚行がガイダンスを促し、段々迫る意識的な敵対から、対話を終え、退廃的なロマンに浸るだけの偶像的な気配から、現実にはびこる悪意にとがめられては散漫になる意識は、排除され続け、自らの片隅に現れる偏執が苦痛を収斂させ、自らを搾取するだけの資本主義的なシステムを生み出し、自らが作り出すものすら、すぐさま見つかり、課税をかけられる。閃きをたずさえたメタファーを掲げ、アンチテーゼを重ね、換算されるだけの原理に反し、理解を求めるほどに、止めどなくあふれる感情は、動機を乗り越え、今に慟哭を与え、たゆむだけの意思を敷衍させるだけに専念する。