時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

兆候


 言葉に混じる濃淡が現実感を作り上げ、誰もいない交差点の信号の色と混ざり合う、ふざけた関係や、そこで立ちすくむだけの君の情念が揺らぎ、不信感を与える止まない雨の音がノイズのようで、刺激的に遊離していく官能的な瞬間から、言葉とは自立し、そこでの意味を終え、ここでのサイクルへと結合していき、ここで愚鈍なものへと変わるだけだろうし、やがて、ここで欠乏を抱え、画期的な意味を失い、今に見失う感情などがさまよい、幼稚な意味へとむしばまれていく。抵抗すればするほどに、未熟な精神は、軽薄なものを抱え、何かを否定することでしか自らを正しいものとして認識できず、何かに与えられる影響により簡単に左右され、言葉が用いる影響により、自らを成熟させずに、与えられる影響だけが決め込むものだけが正しいもののように扱われることに奔走し、ここでの意味の確かさを失い、与えられた意味の中でしか、自らを尊い、と思えるような聡明さすらも損なうのが、深夜に迫る貪婪な考えが永遠にめぐるような不安との対立に打ち克つべく、ここで滑落せぬように、センチメンタルな時に奪われ、今に相似する意識に統合される以前に、ここで交換され続ける愛だけが、真実を語るように示すような間柄には、言葉すらもいらなくて、そこで言葉すらも超越し、達観する意識は、今に見出すものすら軽々と飛び越え、そこで両立されるものなどは、ほとんどの意味を魯鈍なものに変え、ここで超越できずに、見知するにも至らずに、ここで完治をもくろむだけの病の元凶である不安との対立から、ここでよろこびを出迎えるだけの超越へと急ぐ疑似的で、宗教的な調教を飛び越え、ここで横暴に示す愛から、あいまいなマインドに領地を与え、ここで接続されるだけの苦しみに厭うだけの観念が迎合されることだけを真実として捉える先に与えられる苦しみが連動し、ここで肉迫するものが、意識的な窮乏を謳い、絶え間ない苦しみを演じる矢先に現れる苦しみを何度も演じ続ける限りに永遠性はその場で生まれ、同じ苦しみを同じように愛さぬ限りは、その場での苦しみとは続く限りの苦しみで今を虐げ、視界を狭め、ここで与えられる苦しみへと連動していく刹那に兼用されるものへと弔われずに、延々と苦しむことだけを繰り上げていく。ことごとくは、表現から自立し、表面を濁したり、あるいは簡単に壊したりするような幼児性から、多角化していく意識が広げすぎた意識自体との対立を続け、ここで苦しむことだけを延々と繰り返すことでしか、自らの幼児性を超えられずに、ここで固執することだけが、あたかも生きているように捉えるほどに、自らを魯鈍なものに変えるであろうし、気付かれる嘘を平気でつくことで、自らをギリギリで保つような軋む音が精神の内部でなびき、ここで軽快な理想を持たずに、継続される意味へと隷属し、冷静さも損ない、そこかしこに苦しみを生み出すほどに幼稚なものへと変貌していくだけの意識的な諦観から、情報過多なほどに考えることも増すはずであるのに、与えられる情報の穢れに対処できない精神は、アナクロニズムに陥り、何かを受け入れることもできずに、答えを撥ね除けることだけが解決に至るのだ、と思い込むことで、自らの幼児性を強固なものに変え、そこで進化するに至らずに、退化し続ける先に現れる苦しみを延々と表現することでしか、自らの自立性を保てずに、その場でひとりであっても、ひとりで考えることができなければ、永遠に苦しむだけに至り、そこで批評を続けても、自らの魯鈍さに気付かずに、誰かの誤りを正そうともくろむほどに、自らの黒々としたものに気付かずに、ここで言葉数も少なく、寡黙そうに遭難し、操作されるだけの陥落した心身を超過していくだけの時間的な結末から、ここで仰ぐほどに、宗教的な固執から、理論的な怠惰さを抱え、安易な結末を屠ることだけが、世界としての役目を果たし、ここでの「義務」を果たすのだ、と謳うだけの世界とは距離を置くべきだし、ここで打算されるものなどは、採算を合わせるためだけに働くものであり、ここで完結していく世界とは、世界として認識される以前に、世界を世界として愛されるためだけに、自らをみすぼらしく動作させ、ここで操作されるだけに至るような性質から、ここで静謐さも失い、裁かれるだけの身体を捧げ、自らの罪へと移行していく感情が退く間に結末も、強要されるだけに至り、ここで達成されるものなどは、惰性なものが堅持するものだけを正しいことのように宣言する間から、ここでの欠如を生み出し、ここで些細な意味へと倒錯するだけの本質から、ここで出来合のものを企てる惰性な支配から、一貫性も損ない、井蛙な者として、何かを欺き続けることでしか、自らの正当性を保てずに、何かを斉唱することでしか、自らの正しさには至らずに、何かを正しいこととして崇めることだけが、自らを正しくするのだ、という勘違いから、関連性は、制度に付着し、自らの不安を招くだけに至るような欠落から、いぶかる先に現れる苦しみを超越し、ここでの役目を果たすべく、量的な判断を超え、ここで経済的なニヒリズムを生み出すだけのキャピタリズムの限界を超えるべく、新たな精神性を流行らすよりも、ここで寄り合うより、ここで厭う限りにたぎる精神が飛躍し、ここで肥大する被害者意識を超え、さらなる進化に至る創造性だけが、現実を飛び越え、今に至る痛みを疑似的に超越していく。