時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

応用


 ここで果たすべき義務が、健気なものを奪い、気配に従事し、意思を占領され、限界を持ち出し、何かに戸惑いを生み出しては、手懐けられた意思は、何かを批判することで、自らを乗り越えられずに、何かを否定することにより、現れる満足感に簡易な自由を感じ、今に軋轢を生み出し、自らこそが、正しいと決めつける間に酷薄なものを与え、意味をさえぎることもできずに、自らを押さえつける。脳内で循環するものが、安易な欠落を生み出し、出し抜ける君は、意味を裏切り続けることにより昇華することで、簡易なものを乗り越えたフリをしながら、負担を軽減するなどとうながすような独善的な言葉が生み出す系列に入り込み、利得などを謳うだけの幻想を信心する間に現れる流行的なファシズムに奪われた身体を傍観するだけの権利主張者として、緩慢な作用を施すような言葉の中でしか、生活を際立たせずに、機械的な労働から、弄する間に既読されるような感情を用い、何かをモチーフにしながら、しなびた感情をないがしろにしては、主体性を用い、何かを戻すことで、自らの過去が生み出す欺瞞をさえぎり、何とか生きていく、という手法で、出来合のものを崇め、あいまいな作用を施すだけの今に構築されるものが根絶やしにするだけの意味をくみ取り、自らの矛盾に作用するような解毒を執り行うためのギミックが生み出され、自分の範囲の中で覆すように思わせられるような間に健気なものもそこなわれ、そこで問題にされるものが打ち出す定理も、誰かの言葉を借り、かりそめの自分にあてがわれた自由を守るような戦争にもルールが存在し、そこで孕まされるものが、損得を謳い、退廃的な事実にからまる先々で空回りしながら、なあなあになるだけの意思は、位置的なものにからまりながら、自らの寂寞を知らずに、ただ騒ぐか、そこで何かに依存することでしか、自らを見出せぬようなジレンマを生み出し、時代性のものが持ち出す観念が意味に蓋をして、今にふさぎ込むことで生まれる鬱々としたものが、聡明にいたらずに、いたらぬままの感情が持ち上げる意味を信仰し続けるようなシステムの中で枯渇するだけの生き方を提示され、そこで展示されるだけの自分に移行し続ける苦しみをさえぎるようなよろこびも見出せずに、今に現れる苦しみに阻害され、些細なことで痛みを倍加する。継続されるものが、信用を謳いながら、因果にはみ出せずに、ここで見出すべき是非も、誰かに借りた意味で、位置的な苦しみを忘れるための言葉を吐き出す間にくみ取るべき意味も、履き違えたものをかかげ、今に安易な消費を繰り返すことでしか、昇華できぬような快楽主義的なものに適任し、それに敵意を向けるような厭世主義的な者が終焉を謳いながら、たまゆらに燃え尽きる本能を凡庸なものに変え、そこで懸隔を生み出し、何かを踏み台にしながら、しなびた記憶に水をやるように、過去にすがるほどに、この世界とは狭いものに変わり、何かを見出せずに、何かすらもわからずに終える先にはじまりもおわりもなく、そこで儚く入り交じるものが、あらゆる色を越え、相似するほどに、純血な者などおらず、すべては、ひとつからはじまり、そこで混淆を続け、混沌の中で攪拌された血は、誰もがひとりの親からはじまったように、すべては、ひとつの意味からはじまり、そこでまじわるものが、今の文明を築いたのであり、そこで解明されるべき是非も、いろんな意味を孕ませ、今を阻めることもなければ、そこで履き違えるだけの意味を昇華させ、そこで逍遥するほどに、幼少期から引きずった卑近なものを捨て去り、些細な動機に迫る価値を転換させるためだけに、この命とは、煌煌と慟哭を続け、生きていることが悲しいのではなく、悲しいと思うことで、悲しさを助長するのであり、、そこで悲しみに手助けするほどに、この命とは些細なことで空しさを強調するのであり、そこで理性を持たずに、理屈に支配され、ケチな精神を生み出し、何かを踏み台にしながら、斡旋されるほどに、あいまいにつながるだけの意図は、意味を履き違え、掻き乱されるだけの精神は、誰かに操作されるだけにいたり、そこで傀儡として生きることを余儀なくされる前に、自らを見つけるべきであるし、やがて、そこで渇望するだけにいたるなら、いっさいを燃やし尽くすような業火として生き、処置されたものなどは、しょせんは、そこに距離を生むだけであるし、そこで生み出されたものにしたがうべきだ、とうながすような者こそ悪であり、そこで正義をかかげ、何かを抑圧するものこそ、悪の根源であるし、そこできな臭くまじわるものを着込んで、同じ理由に同調すべきであると同調圧力をうながすほどに、魯鈍な者に変わるし、やがてそこで価値を決め込むほどに、機械的なものにおちいるのであるし、応じるほどに、横暴な者が示すものにより、そこで理想を押しつけられ、ここで気配もなく、何かに従属し、牛耳られる先々で対立を深め、何かを批判できずに、「そこで罵るほどに、情報の餌として、自らを生贄として授けるような奉納から、儀式的な犠牲は、意識的な苦しみを昇華させるためのツールである」と謳うようなルールに乗っ取られる心身は、犠牲者意識を加速させ、自らこそが、正しいとうながすだけのモンスターに変わる。

広告を非表示にする