時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

帰路


 人相もわからぬような世界に広がる余韻が、因果などをたずさえ、遮られる所以が、運命を背負い込み、混濁する意識が形跡を与え、絶えず苦しみをうながし、短絡的なものを創造し、想定されるものが悶絶し、困難を与えるだけにいたらせるような軌跡をたどるだけでは、ダメだとか謳うような世界に本質すらなく、ただ、与えられ、あてがわれたものが、真実のように騙られ、退廃するだけにいたる。からからに乾いた帰り道に理解を深めるよりも、乖離して物事を深めていくような実直な瞬間にふれるような関連性に連動していく意識は、存在をまたぎ、自らをひるがえしながら、とこしえになびく幽遠や、被害者意識をかかえた彼女たちの慟哭や、彼らが卑下する辺りに明晰なものを重ねながら、人格形成の中で区域を生み出すだけの絶え間ない自己からの等差や倒錯などを飛び越え、超越し続けるだけの段落や、関係性がたずさえる制度や、精悍な主観にひろがる思いがたずさえる場面などが思い出にうなだれ、今に影響する過去などは、そこで消耗させるだけにいたり、進むことを拒否し、そこで行き着く思いは、過去の奴隷と化すだけであるし、そこで用いられるものなどは、求めるものに戻るべきだ、とうながすだけにいたるような言葉などは、貪婪なものを用い、求められるままにしたがうことだけが、ここでの行いにひたり、決めつけられるだけにいたらされる精神は、自らを迫害し、懐疑的にみちびかれるほどに、不安があふれる。そこかしこに用いられるものが、求められるままに関心を謳いながら、そこで同調するほどに、自らとは苦しみをかかえ、理不尽に消費され続ける自己が、つたないものを敷衍させ、こしらえられるものに依存しながら、しなびた感情は、今を謳歌できずに、そこでトラウマを生み出し、そこでかかえるものに逡巡し、純化すべき現在も、懸隔を生み出され、そこで生まれる緊張や、情緒を保てずに、ただ、短絡的に消費するだけにひたり、生産的に統合されるだけの正常な意味に心情とは壊され、支えを求めるほどに、用いられる苦しみが利便性を求め、まとまらぬ思いは、とどまらずに、ここで躍動するふりをしながら、理不尽なものに支配され、芝居を続ける先で対立を深め、終わらぬ闘争は、自らの中での軋轢にとどまらずに、他者を介して、自らを破壊するために、自らをおとしいれるような言葉の刃を自らに向ける。そこで剥き出しの感情は、傷つくことを恐れ、他者に攻撃性を向け、自らのペシミズムを誰かに抱え込ませ、自らの苦しみを昇華させるような徒な消費を用いる関係性に関わるほどに、自らとは懸け離れ、そこで回帰すべき自己すら超越できずに、そこで越えるべきなのは、そこで問題提起されたものだけだ、とうながすような者に加工されるだけに禍根を生み出し、そこで欠如を用いるだけの理由に理想をうながされ、普通であることだけが、そこでの答えに引き合いに出されるものに打算され続けるものに連なり、自らの意思を損ない、誰かがうながすものだけが、自らに帰り着くべき答えを与えるなどとうながすような答えなどは、その場での孤立を恐れるばかりで、本質には近づけずに、今にひたり、悲観するだけに終える。そこで終えるべきなのは、自らの逃走であり、そこで統合されるものなどは、等差を用い、そこで決議されるものなどは、魯鈍なものに陥り、自らに与えられる苦しみから逃れるための言葉を成立させるためのドラマを用意され、自らの生き方に批判を続け、否定的にうながされるペシミスティックな主観から、習慣的なものに適任するための敵愾心を燃やしながら、煉獄へと陥り、自らの苦しみの中でもだえるだけにいたる今にひたるだけに終える。悲劇とは、どのような場面でも今に転化されずに、過去の中でしか成立しない苦しみを、今に再現し続ける。画期的な発明を宿すような帰り道に見つけるものが、詩的な昇華にいたり、そこで紹介されたものなどは、借り物に過ぎず、そこで与えられた影響などは、無力なものであるし、自然から借りたものすら、今に蓄積される苦悩へと変わり、徒に消費され続ける観念は、何かから借りたものに与えられ続ける痛みに耐えかねずに、自らを壊すだけにいたる。位置づけられた苦しみから逃れるための帰路は、苦しくとも美しい場面を転換させ続け、支えすらも必要なく、膜に閉じ込められた孤独の中でひろがる永遠と対立する。延々ととがめる先に生まれるものと逍遥し、そこで老い続けるだけに転化し続ける自然との対立から、信用を謳う者が屠るだけの社会性に徒に消費され続ける正否との別れを告げ、製品化される前に、自らの品性などを用いる以前をたどり、そこで超越し続ける意志が純粋なものをたずさえ、ただ、互いを恨むような構造すらも破壊し、用いられた幸福などは、そこでの価値が定める借り物の言葉で今を締め付けるだけに満たない。

広告を非表示にする