時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

心地よい目覚め


 もっとも暗い場所からあふれ出る詩情が夜を神秘的に包む。新品にされた感情ががらくたになるまで、何かにこき使われるよろこびを教えられてから、この苦悩というものは、能動することを忘れ、受動的に受け入れることだけが、正解のようにうながすような世界などは、世界と名付けられ、したり顔で、必要では無いものは、即刻排除すべきだ、と言い放つ隙間には、色彩などはなく、暗澹とした靄のようなものが、悲劇的に囲い、悲観し続ける先にシステム的な現れに対する敵愾心を相克できずに、自らの苦しみに律動する不快な音に吸い込まれ、自らに罪を課せるような出来合の事柄に至福をおぼえ、そこで同じような衣服を着せられ、同じようにおざなりな者として生きるのだよ、と優しく語りかける悪魔どもの私腹を肥やすために私は生きるのをやめ、制限を持たずに、知を愛し続けるほどに、ほつれ千切れ消えゆく存在の果てしなさや、そこに生まれるはしたないものなどを覆われながら、長らくの孤独に迫るセンチメンタルなどは、その場での悲しみに酔い痴れるだけであり、そこで生み出される詩的なものなどは、ノイローゼが生み出す幻想であり、自らの幻影を追いかけ、理想を生み出し、組み込まれるままに打算するものなどは、何も豊かにせずに、そこで虚偽的に支払われ続けるまやかしの財宝や、リンクする苦悩に統合されるよろこびなどにひたるようなオプティミストどもが画面で暴れ、暴くべき真実も、暴力的な支配から、真理を損ない、そこかしこにあふれる韻律や、林立する者どもがリンチし続けるほどに加速する快楽の傀儡として生きるような輩が、自らの孤独感や疎外感に耐えかねずに、体系に支配され続けることだけが、自らのよろこびを満たすのだ、とうながすような即効性のある解除法などを示唆する暇もなければ、ここで失われるものなどは、失うために存在するのである、とニヒリストどもは語り、解体すべき昨日も、本質的なものをそこない、そこかしこに苦悩を生み出すためだけにためらわずに何かを蹴落とし、おちいるものを高笑いするようなあくどい至福から、輪唱されるものなどは、有史以来、何かから優位であるための法で加工し、自らを屈折させるものへと変化させるような理由や理屈を卑屈にかかえ込み、混濁する意識は、魂胆を忘れ、答えに左右し続ける先々で対立を深め、終わらぬ軋轢が生み出す汚穢を崇めるような者どもが、神をでっち上げ、自らを巣くう苦悩を取り払えずに、むなしい祈りは、今にいびつな警醒をかかげ、むしばむ者へと変化するのであり、理想とは、思想に巣くう癌であり、邂逅すべき自らから離床できずに、焦熱し続ける先に焦慮すべき事実も、示威的にまさぐられ、自堕落なものに変化し、懸隔を生み出し、蹴落とすことだけが、ここでの真偽を見つけるのである、と何かを屠り、葬るだけの理由を述べるような退廃的な者どもが真理を捏造し、愛と平和と自由という幻想を追いかける間に健気に切り取られる間に咲く花の理由も知らずに、気持ちに遅れをきたし続ける間に膨らむ期待感は、汚いものほど、綺麗なものだということを知らずに、答えに合わせるものだけが、物事を正しくし、そこでの均衡を保つのだ、ともたらされるだけの意味に不一致していく意識は、今にしいたげられ、そこでしたがうものだけが順応し、横溢し続ける簡素な出来事に勝敗を生み出すだけの対価から、退嬰的な考えが還元するものだけが、価値を決め込む。あらゆる価値は、不当なものをかかげ、自らを正当化するための戦争にいたらせる。そこで持ち出される権利などは、誰かの理屈が捏ねたまぼろしであるし、そこで反応するほどに、敗退していくように仕向けることが上手な情報から、操作され続ける無知な者どもが平衡を求め、ここで生まれるデカダンスに支配され、芝居を続ける先につたない意識は、誰かの言葉を借りて、快楽を埋めるためだけの欲動から、吝嗇な者どもが謳うミニマリズムや、奴隷と化すことなく闘争するのだ、と自己に帰り着くことを知らずに、闘争に身を置くほどに、自らとの懸隔はひろがり、自らが得た権利を用い、独裁者へと変化し、大きな理想とは、自らの地層を汚し、誰も住めなくしてしまうのであり、そこで葬られるだけにいたるような自己などは、その場ですぐさま捨て去るべきであるし、自らに行き着くことすらできずに、何かを支配し続けるほどに、自らが用いる空しさに打ち勝てずに、何かに屈することだけが、自由にいたるのだ、といような幻想から逃れるべく、自己に帰り着くために、自らとの闘争を深める現在につかまつるもののいっさいは空しいものであり、そこでむしばまれた精神は、徒に何かを消費し、そこで生み出される欲望に支配されることだけが、ここでの答えに欠乏せずに生きるのだ、とうながすようなペシミストから逃れるために続ける「意志」だけが、唯一汚されずに、自らを高次にいたらせる。