時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

幼稚な者どもの至福


 感性は、自虐的にねじ曲がり、短絡的な衝動をかかえながら、延々と償うことでしか、身近な者をゆるすこともできずに、認識の愚かさに攻め入られる真実は、自らの衝動を外に発散させながら、誰のこころとも通わずに、ただ、行き過ぎるものを、行き過ぎるだけのものとして認識し続ける限りに誤認し、自らを諭すこともできずに、そこで空回りし続ける。儀式的な強度を高めるだけの衝突から、互いをとがめるほどに制限を用いるだけの正義は、意思を侵略し続け、自らをとがめることでしか、方法論に行き着かずに、ただ、すがるだけの自傷的な影を生み続ける彼女たちの神々しい策略から、散漫な意識は、形式的な美へと変革をゆだね、形而上的な伴侶を求める動物的な男どもは、軽薄な理論を措置し、戦争へと移行し続けるだけの空疎な理想をかかげ、自らを孤立させることだけが、自らを孤高へといたらせるのだ、と惰性に導かれる理想から、生命を器具に変えるだけの短絡的な創造から、感性はほうむられ、詩的な観念が還元し続ける価値的なまやかしから、慢性的な痛みをひるがえすためのニヒリズムが加速し、そこで死へと舗装されるだけの道筋に迫る密度や、有する形に生死をゆだねるだけの経験的な波形や、開眼するほどに、みにくさが迫り、狭い価値へとすがるだけの人間的な過ちを加速させるだけの惰性な主観が思い描く空白から、空席を埋めるための理性をうながす関係性に成熟すべきものも喪失し、想起すべき今にも独占欲は迫り、狭い価値の中で寡占しようと目論む用途は、有する形に邪魔され、自らを攻撃的に変換させることでしか、自らの未熟さを直せずに、ただ、直立し、傍観し続けるシステム的な誤りから、あいまいなマインドに合理的にぬいつけられた普遍的な過激化から、伝染し、感染し続けることを継続させる白昼夢で麻痺していく意識は、意識する以前に、そこで指定されるものが迫る義務に襲われ、自らの間隔をそこなわせるための理由をうながし続ける倦怠感や、懸隔を用い、何かをごまかし、騙すための言葉が折り重なり、そこで重なり続ける苦しみを増幅させるための憎悪を捏造し、そこに軋轢を生み出すためのまやかしを生み続け、踏まれる意識は、何かの踏み台としての快楽を育て、達する快楽にゆだねられるほどにマゾヒズムを加速させ、懐疑的な日常に貧していく意識は、そこで価値観を効率良く消費するためだけに、何かを裏切り続け、消費的な現在に貧する形有るものが用いる哀れみから、あいまいな世界の形跡を傍観しているだけの惰性な意識がセンチメンタリズムを偽装し、そこで愚行を執り行う儀式的なものの過ちの虜の者どもがよりどころにする場所などに使命感などが現在をゆるがせ、渇する間に生まれる現実的な焦土から生まれるべき理想も、何かを統制するための正常を謳い、尊い犠牲を用いるための理想から、理性をそこなわせるための犠牲的な観念が蔓延し、配備される間に処される愛に消費される意識は、自らの焦燥感に耐えかねずに、何かを裏切ることで、自らの行いを正すための利口さだけをたくわえ、何かを枠内でほふり、その者を葬るための儀式を捏造し、犠牲をいざなうだけの形だけの儀式が苦しみを加工し、そこでの苦しみを巻き込みながら、何度も苦しむための帰巣を謳う。

 氾濫する意識は季節的なものに跳ね、そこで兼ね合い続けるものなどは、問題に答えを巻き込むだけの幼稚な理想を偽装しながら、犠牲的な者がよどんだ理想をかかげ、厭世観をかかえながら、自らの犠牲を高らかに歌い上げるような競争から、感触すらも忘れ、そこでいざなわれる苦しみから、緩衝すべき瞬間に現れる愛にあらがい、退廃的な呪詛を続け、つたない意識は、追憶に比する価値に悔悟を埋め込み、そこで苦しむための強度だけを増していき、逸脱すべき現在に懸隔を用い、物々しいもので今をしいたげ、したがい続けるほどに服従する快楽の傀儡として生きることだけが、瞬間的によどんだものを幸福に書き換えるのだ、という姿すらも誤るような人間的な商法から、緩慢に左右されるだけの思考が求めるスケープゴートから、行動は、交互するほどに、カルマを謳い、合間に強盗を繰り返し、寛容さを施すべき瞬間的な愛を循環できずに、そこで逍遥し続ける意識は、欄干をほどこし、誰も入れないように仕向ける連動するだけの憎悪から、そこで群生するものが紛争を続け、物を奪うために騙し続けることに応用される正義こそが、いちばんの泥棒であるし、やがて、制限を生み出すほどに、割れるだけの大地は、大概の理想を吸収しながら、森羅万象を破壊するためのコードを施す機械的な論調から、論理的な廃材を集めただけに満たない有史以来の悲劇的なゲノムから、現行とは、永久を屈折しながら、死へと入り浸るほどに、魯鈍な恐怖を回帰させるための偽装を施し、そこで犠牲になるためのスケープゴートを生み出す。