時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

吸収


 誠実であるべきことも忘れ、わずらわしさを示唆させるだけのあいまいな言葉に寂れる雰囲気から逸脱し、完全性を求めるほどに、とがめられるだけの値にあてがわれた真実は、誠実を謳うばかりで、ろくでもない代物を愛するべきだ、と異物感をかかえながら、戦列や行列にならび、何かを対象にしては、何かを蔑み、同じように恨むべきだ、と出来合の真実をうながすほどに魯鈍なものに変化し、そこでしいたげられ、従えるだけの日常の変遷をたどり、退屈を極めるほどに、何かを求めることとは、ここでの過ちを加速させ、何かを包括するほどに、渇するのであり、あらゆる論理が疎外感を含ませ、対価を求めるほどに、値しない日常は、偏執狂を生み出し、惰性にみちびかれるほどに、ここで枯れ果てる優美さにふれず、ただ、完治しない苦悩をたぎらせ、そこでよぎるものが横溢し、自らが固執するものだけが、愛に至るのだ、という依存的な者が示す尺度により、ここで補完されるものなどは、論証に至らずに、そこで追求するものなどは、考えに至らずに、考えさせられる限りに還元されるものを求め、ひたすらに定立されるものが相反し、そこでの空白を埋めるためのあいまいな言葉を放ち、今に頓挫し、実証されるものすらも恨み続けるだけに至らせるような恒久的なルサンチマンがうながす私怨などが、今に反響し、そこで用いられる恨みに同調し、共通する怒りを皆で膨らまし、いっさいを破壊するのだ、と言い放つ全体主義的な構図から、行動を阻害させられるだけに至るような機械的な示唆により、さいなむ記憶は、何かを背負うための義務を用い、何かに揺動され、行動を奪われるだけに至るような機械的な人間として生きるべきだ、と示すような操作を続けられ、つたない意識は、何かを買いそびれることを恐れ、自らを低劣なものに変換するための還元を続け、簡単に処理されるだけの日常に兌換される真理たる紙幣を愛し、価値とは、そこでもたらされ、持たされるものだけが、ここでの価値として存在するのだ、という軽薄な真理を促進するほどに、増幅する憎悪は、思想的な偏りを生み出し、そこでのカタルシスを求めるほどに短絡的な破壊へと至らせ、快活な動機は、ただ、快楽に発信されるものを発注し続け、自らの倦怠感を隠すための対価を求め、元手を取り戻すべく、ベクトルを破壊的なものに授け、預かるものは、徹底した破壊へと至らせ、至らぬ自分との距離を埋めるべく、ベクトルは、ただ、破壊するための力を吸収し、自らを破壊し尽くすこともできずに、何かを破壊することで、自らをとがめるだけのマゾヒズム的な観念は、周囲が還元するものを破壊し尽くしてもなお、破壊し足りない、と自らより弱い立場の者を自らの手により作り出し、そこで向けられる敵意に同調すべきだ、と同情をうながすような宗教的な汚染から、応じるだけの答えを傍観するだけの無関心な者すら引き込み、関心を持つことは、真理に至り、高尚なものだ、というような欺瞞を綴り、得たものを遡及し続け、あたかも自分の考えのように奏でるのだ、と言い放つような自己啓発的なペシミズムの嗚咽をうながすだけの体たらくな者どもの不潔な観念が還元するものが、妥当なものを生み出し、今を破壊するためのリズムに協調し、利息を支払うために、このリズムに乗れば、自らの思い描く通りの事実へと搬送され、緩衝し続ける、とうながす官僚的な偶像を崇めるだけの組織的な構造に飲まれるほどに、不埒なものを許さぬ限りに、自らを不埒なものに変え、自らを原理的なものに変え、課せられる義務により、事務的に生み出される法が権利を謳い、嫌疑を用いずに、ただ、権威的なものが示すものだけが、真実を語るかのように仕向けるような正義などは、大小の犠牲を生み出し、そこで代償を求め、解消しきれぬ思いをかかえながら、それが正しいのだから、仕方が無い、とうながされるだけの正しさは、ただ、犠牲とするものを生み出すだけに至り、本質的な正しさには至らせずに、そこで、正しいとされるものだけが、今を取り仕切り、取り決め、何かを虜にするような快楽を生産的に生み、満たされぬならば、生み続けるべきだ、とうながすような超巨大な機械的構造から、広義に解釈できずに、狭い範囲に生み出される安易な受注や、清掃され続けるために汚いものとして生み出されるだけの悪や、そこで求められる真偽を加工するためのギミックに気付かずに、憎むことだけが、世界を正解にみちびき、ここでのわずらわしさもいつかは、そこで放たれるのだ、と自由を謳う者や、そこで敷衍するものが、永遠性をたくわえ、時間から逃れられずに、時間に囚われるだけに至るのだ、と惰性に牽引される者が生み出すあきらめのムードから、代価を求めるための闘争へとみちびくための怒りを操作し、そこで魯鈍な者に変化すべきだ、と論証を操作し、そこで統合されることだけが、何かからはみ出さずに、その孤独を満たすものに変わるなどとうながすような保身や、そこでかかえた痛みすらも麻痺させるような痛みを再発させるだけに至らせるような等価から、そこで凍り付き、ただ、終わるまでの絶え間ない間にそぐう者として、傍観し続けるだけに至るような無為の傀儡として生きるための教育や、教養を施され、そこでおどけるほどに、露骨な支配は、そこでの支配を加速させる。