時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

加速する脳内


 悲しんでいる場合でもなく、延々と続くかのように示されるだけの合間に簡素な理由が引き伸ばされ、現実とは、崩壊し、解放されながらも何かに隷属するための継続を行うかのようで、可能性に満ちては、関係性におとずれる還元されるだけの理由に自由はひた隠しにされ、誰かをおとしいれるための行為にもとづく者が毒づきながら、契約されるだけの間に貧寒なものがおとずれ、ずれた感覚から、還元されるだけの日々に判明していくものが犯すべき罪へと引き込むためにあいまいに支配し、示唆されるものにうながされる間に悲観するだけに至らせるようなものが、世界として名付けられ、世界としての役目を果たすために人類などを謳いながら、形成される国家などを偽装しながら、思想が操作するだけに至るような怒りから、壊れ行く景色から、形式的なものが差別を繰り返しながら、侮蔑されるシーンに断続する間に血祭りにされる者の断末魔から、断罪をうながしながら、観点を疎外させるための形而上的な楽園を生み出すべく、めざすものに正しさを植え付けた辺りから、コード化された精神は、規範となるものを崇めながら、自らを貶めるために短絡的な同化を施し、自らなどは存在すらしないかのように可能世界の中で裏切りを続ける断続的な隷属から、レイシズムは生まれ、信仰心をあてがわれ、あらがうほどに緩衝し、簡単に処理されるための現実にシニシズムが迫り、あなぐらに隠れる君が拡散する思想などは、何かを混乱させ、魂胆を奪うための攻撃や、惰性にうながされる者を気付かせるための攻撃であるほどに否定されるだけの運命にうねりながら、奪い合う真理が、自らを正当化するために自分こそが正しいのだ、とうながすほどに魯鈍な者を次々に製造し、生産的に生み出された敵意を惰性に吐き出す暴かれるための真実を捏造していく国家的な体たらくから、退廃していくだけの義務化から、動揺するだけに至らせるような同化から、道化師どもを次々に生み出し、悶悶としていく未来は、抵抗性を失い、低劣なものを次々と製造し、つぎはぎの未来に去りゆく魯鈍な者どもの理屈が生み出す規律などが断続するほどに、意識とは抹殺される。後続する者ほど法則的なものに反し、拘束されるほどにしばられる感覚に快楽をおぼえ、未熟なものを相続し、過去から語られるものが転換していくものに補足されるだけに保たれる今などが、現実性などを失い、システムの犬として、胃腔に住まう絶え間ない痛みから、緩衝していくほどに互いを恨むためのためらいを与えるシステム的な汚穢から、公序良俗を謳うほどに、用いられる正しさとはもっともな汚さを孕んで、自らを綺麗に書き換えるためのシステムを生み出しながら、均等さや平等さを謳うほどに、用いられるものとはほど遠くなり、担う意味などが機関的な恋を生み出し、愛とは配下に下るための機械的な迎合から、愛とは、ただ互いを滅亡に追いやるための戦争を生み出すだけのシステムとして、互いのファシズムを抑え切れられずに、互いを破滅に追いやるだけの価値を価値として崇める限りに互いを滅亡させるためのシステムを次々と生み出し、愛するが故に破壊するのではなく、ただ嫌い合うが故に破壊することに重きを置き、愛するということは、ただ義務的なものに変わり、誰かが唱える正義へと偏りながら、方針を変え、規律からはみだし、蔓延る悪意を充填しながら、代償を求め、互いを破壊し尽くしても尚、その憎悪の火は燃え続けているし、やがて、勝つことだけに補填される意味が棄民としてさまよい、革命のために辞さぬ暴力から、恒常的な苦しみのロンドから生み出されるペシミズムを利用し、抵抗勢力どもがうごめく末端になびく深夜の破壊的なチアノーゼから、圧縮されるための過去などは、ここには存在せず、ここには、困難だけが備わり、互いを破壊するための兵器である心身を利用し、格納されるだけの過去を利用し、末端まで瞬く間に破壊するための兵器を生み出しながら、互いに長引く戦争の中で答えも見出せずに、未来を毛嫌いしながら、形骸と化しても尚、開始される戦争の合図に相づちを打ち、自らの落ち度をみとめずに、相手が悪いのだ、と惰性にみちびかれるほどに寛容さは損なわれ、そこかしこに戦争のメロディーが駆逐された過去とのたれ死に、認可されるだけの罪を用い、何かを棚に上げ、タナトスへと移行していく原理的な死へと追いやられ、今に虐げられるための愛を用い、構築される罪との死闘から、演じるための現実の領土を奪い合うための婚姻から、破滅へと至らせるための愛が嚮導し合う間に背反し、恒久的な孤独に拘禁され、支払われるだけの金銭などは、卑賤なものが示すコードである、と宣言するような偏りから、革命の原理へと移行していくだけの短絡的な暴力性を生み出す労働に淘汰されるための時間に費やされる日々こそが、生きている、と教育されただけに満たないような汚い未来に栄光あれ!!と張り裂けそうな聖夜に一致するようなものすらないからこそ大声でよろこび叫ぶ。