時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

超克


 季節に食い込む時間がふいに過ぎることを辞め、転化していくだけの日々に堕落しては、散漫な形式に汚され、迎合され、契合されるだけに破壊されるだけの現在に転移していく痛みを悲劇に変換するためのためらいがジューシーに敷衍し、疲弊していく意識は、革命的な言動をたどり、自らを瓦解させることだけに思想を須要なもののように捉え、自らは囚われの身として、とがめられるためだけに連続していく景色から、改善されることもなく、減り続ける意思の縁にたまる屈辱や平衡するほどに現れる屁理屈も鋭利なものに変わり、今に突き刺さるほどに痛みに煩忙し、惨憺たるものをかかえ、エンドレスに迫る欺瞞や、慣例を謳うほどに、真実とはねじ曲がり、今に歯がゆくまさぐる瞬間に厭うだけの現実や、原形も保てずに、用いられる痛みに苛立ち、立場を用い、求められるほどに遠ざかる正しさは、ここでの行いを正すこともなければ、永続的に謳われる正しさとの対立を続け、正しくあろうとすればするほどに、正しさとの対立を深め、軋轢を生み出し、現れる敵意により、自らを破綻させるだけに追いやるような正しさを保つためだけに永続していくような正しさなどは持ち寄る法などに囲われる現在に正義などは廃滅し、いつかのよろこびを跨ぐ情念が普遍的な正しさを普及するほどに、普遍的なものが敵視するものを絶対的な悪としてとがめる間に途絶える正しさや、報われることばかりを求め、言葉数も少なく帰る先々で偏執していく意識は、帰るための場所ばかりを求めては、退廃的な呪詛を続け、受信される正しさだけを崇めるような価値の中でしか、価値を正すこともできずに、出来合のものを崇めるだけに至るような先々で擁立していくものを擁護しては、さいなむだけの記憶の奥底で証拠を求めるだけの本質的なものへの認識などは、存在を認めるためだけに与えられる影響の中で鋭意を求めるために認識を強制するような正しさを須要なものとして崇める絶対的な神的な仕組みから離れ、蔓延る悪意を形成するための正しさを誤認するような悪魔どもが徘徊する先々で配下に至るだけの君の理論などに相似するほどに自己とは非道を進み、荒んだイデオロギーを手にし、あたかも自分を正しさで支配するだけに至るような独善的な正義を配信し、改心を求める強制的な正義とは、何かを犠牲にし、自らを正しくするための強制力を用い、光景を圧縮し、そこに現れるものの正しくないものだけを見つけるために生み出された仕組みから、衰亡し続けるだけの人民が謳う時運や、運命論的な夷狄が徘徊する全容から逃れるために、ここで骸になる前に混ざり合う時折に潜む価値的な空疎さを謳うだけのニヒリストにおちいり、蛇行する瞬間に惰性に並ぶだけの流行的な配下として、独善的な苦しみに住まうだけの価値的な餓鬼として、苦しみをリロードするための労働を尊く仰ぐような瞬間的な普遍性の不潔さや、形状を保てずに、ただ破綻するのが我々だ、とペシミズムに浸るだけのアイロニカルな衝動性を誰彼かまわずぶつけるだけの不虞な者から、感染経路をひたすらに探し、そこかしこをむしばむだけの潔癖的な異常さこそ正常なものであり、すべてを浄化するために、ここでの生命を正すためだけに、身売りし、システムの奴隷として、あらゆる原理と権利に隷属するだけの駄犬として、無駄吠えを続ける現在に帰巣するだけの私を拘束するような哲学的な圧力にも屈さずに、屈託なく笑うために、この生命は事情を超えて、敷衍していく時を終えても尚、ここから脱するために転換していく意識が使命をおびる前に、何にもおびえずに、一貫して続ける意志だけが、すべてをつつみ、意味の架け橋として、枯れ果てても尚、ないがしろにせずに、内面性を引き裂きながら、卑近なものに押しつぶされずに、未来永劫を轟音で掻き乱し、懐疑的な日々に疑似的な愛を降らすだけのネットワークなども引き裂き、たむろする意識を弔いながら、淘汰されずに、問い質す先に抗い、あいまいな理想を追求しながら、現れる間で寛容に咲いては、介する間に利己的に逡巡するための循環が時間を侵略し、時間の進行の邪魔をし、自らに行き着く辺りから、意味から放たれ、そこで保たれるものなどの退屈さを超越する。