時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

快楽


 砕けていく形式と、不届きな思いが交差し、理論的な廃物をため込むだけに、ためらう思いは、透過せずに、陥落するだけにニヒリズムに陥り、問いかける思いも、応じる答えに占領され、憎しみをため込む以前に、ただ諦めるだけに至らせるような教育を施され、攪拌される半径に用いられる平等と権利や、迎合されるだけに真理に基づき、真偽を打ち出し、善悪を投下するだけに、短絡的な脅威を生み出し、物事を低劣なものや、俗悪なもので染め上げるだけに兌換される価値の家畜として、指定される義務へと羨望を続け、繰り返し執り行う義務や、空疎な意見に締め上げられ、思想により陥没させられる精神や、ゆがみが生み出され、ファシズムへと陥り、物事にノイズを送り、この悲劇に縛され、爆砕される心身が、信じるべき動機を見失い、同情を促すだけにカスタムされ、勘違いを生み出し、ほころぶ現実に滅び行く思いが、教条を生み出し、主義主張を相似させるだけに至らせるプロパガンダが専横し、宣布された身体が反応し、感応する先々で洗脳するコマーシャリズムが横行し、何が力を用い、この定めを生み出し、さらなる邪魔を生み出しているのかに気づくべきであるのに、ただ流され、促されるものとは、諦観という快楽を生み、ただ補足されるだけに捕縛されるこころは、フラクタルなものを求め、憎しみを生み出し、物事に弊害を生み出し、出し抜こうとする意識は、やがて敬う価値へとベクトルを授け、淡々として意識は、退廃的なモジュールへと変わり、自己の内部を間違ったもので回転させ、展開する意識が転嫁するものを受け入れ、偏りを示すだけに、使命感は宿すべき意味をニヒリズムで染め、聡明なものにカタストロフを与え、与えられる価値観に迫る終末論や、論争に猛るものが報復を謳い、せめぎ合う観念が、正義を偽装し、犠牲心により、制止された思いが超克を目指し、群像の合間に捕食するだけの苦悩をまき散らし、間違いを改めるべきなのだ、と促す真理も、ただ端的な支配へともくろみ、社会主義的なシステムにより、死すらも記号化され、アンニュイなものを生み出すだけの機械として、乖離していくシステムの中で死すらも応用するだけの機関の中で兌換される価値として飢餓すべきなのが、人間と名付けられたものの定めであるのだ、と促す権威的な研究機関から這い出る意識的なアカデミズムが、社会を促し、障害を生み出し、境目に与える脅威として潰えるものを育て、惰性な者や、一貫した井蛙さを引き出す差額から、唱和される動機が、被る先に完治しない苦悩を生み出し、空虚さを謳い、現実から放たれ、退廃的な物事へと加速し、関係性の末端に打ち込まれる麻酔により、麻痺した感覚が、カタトニーへと変わり、回線を混濁させ、懇意に至るだけに浸る意識から放たれ、自らの判断を失い、ないがしろにするだけに大抵の異物感を抱え込んだ問いは混濁し、、自らの根元を腐らせ、吸い上げるべき水に依存性があるものを加え、後ろめたいものは、誰かが促した抑止に過ぎないのであり、そこに抑止するものなどは、習俗が生み出した弊害に満たず、そこに罪と罰が迫り、善悪など無く、ただ空間的な懸隔が生み出した差異が、よりよいものなどを操作するだけに生み出される弊害に苦しむだけに終える。横溢する主観から、はみ出す事がセオリーを打ち砕き、因果が迫るだけに狭い価値にあやまちをすり込むだけの怠惰さを破壊し、創造性へと昇華していく。行く先々に迫る存在の愁嘆から放たれる終焉のリズムや、義務的な愛に折檻される世界から逸脱し、自らへと逃避していく孤独に孤独などは無く、その場限りに終わる意味の永遠性に忍ばせる意味こそが、何事をも飛び越え、応じる答えに巻き込まれずに、自らを昇華させ、高次へと高尚へと進む限りに綴る意識が、永遠性を蓄え、対外するものが送り込む概念や、蓋然性などに反し、汎用されるものを覆し、自らに迫るものに反発し、孤独に応じる限りに、自らを影から離れ、無欲恬淡としていく先々に与えられた価値などは、似たようなものに似たようなものが価値を与え、その影響などを受ける単純さに支配されるだけに至るような価値の中にとどまるような人間へと人間がなすりつけるだけに至るタグ付けを行い、互いを価値付けるものなどは、ブランド名やブランド力に支配されているだけに互いを名前により、支配し、分け距てるだけの惰性さに支配されるだけに至るものに屈従せずに、自らを昇華させるためだけにためらわずに孤独である事を伝え、つくづくに支配される酩酊へと誘う事に隷属する事により、支配の構図へと巻き込まれ、自らなどを見失うなどと謳い、始動する意識は、誰かを思想により、操作し、あるいは、思考停止させるべく加える軋轢から、あいまいなマインドは、毎日の忙しさなどに支配され、自らを見失う以前に、自らなどは存在もしないのだという事すら考えずに、還元されるものをむさぼるだけに終える。