読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

緩衝する観念


 バラバラの身体におとずれる心情から逃避していく感情に注がれる可憐な一日の衝撃から、古典的なニヒリズムに攻め入られる午後に貫通する言葉から加速する現状に浸るだけの彼女の憂鬱から、心情とは、育み挑むべき位置から、意味を抜き取り、憎しみへと変化し、変換される言葉のまやかしや、魔法やマントラが生命を寄贈させ、延々と永遠改革的な雨や、永遠回帰的な網に囚われ、転換される時折にひずむ時間論的な労働から、恬淡とした態度で傲慢な世界と対峙する若気の至りに分け隔てなく、惰性な一日に経過していくものを優雅に眺め、静謐に問い続ける意思的な隠遁から、確実性を持って、もつれる先々に罪滅ぼしのようなものを偽善的に執り行う彼らの憂鬱から、誘導される欺瞞から、不満足はやがて価値を加点し、敢行する意志に罪と罰などを用い、善悪で処理するだけに至るような倫理観に格納される夕暮れが最終兵器として利用するような情緒に落とし込む有限への悲しみや、加工される義務に陥るだけのギミックに軽薄な理論を早熟な現在に編み込み、あいまいな毎日に築く連帯感のようなものが、君を縛り付け、攪拌する愛から、磔にされる深夜へと颯爽と駆け抜ける位置から、孤独な今や、現在にあふれる虚空という観念から、空しさを媒介させるだけに培養される暗闇も切ない物陰に腰掛ける由縁から、察知する犠牲的な由縁にからまる今にはびこる意味合いに不可欠な愛も、いずれは、重荷に変わるものであるし、思い出に変わっても、物々しくうっとうしいものになるのも転換される先に持ち続ける意思の邪魔さ加減や、感染経路をたどるペシミスティックな悠遠に悲壮するだけの関係性に転嫁されるものなどに押しつぶされ、弊害を用い、物事を語るだけにカタルシスを促し、運命的な規則に逆らい、境目も持たずに、抵抗論を綴り、追憶に貧するだけの価値に囲われるよりも、化合される先に退行するだけの意思の旋律を超えて、寛容に至るだけの原始的な本能の崩壊を叫び、現代文明などに魯鈍に整合される月日に変化していく懸隔に埋め込まれるものを垂涎するだけの文明的な敗残から、退廃的な物事に接続される分裂的な互恵から、悔悟は消え去り、起源を持たずに、ただ用いられる愛をよろこんで受け取る先に凭れる隙間から、センチメンタルな理想を促し、帰巣する真実や、祈願する先にもつれる意味から、敢行するだけの意志が生み出す制限を持たぬ今から、干渉していく先に理論を注ぐ。物事の優劣から、肥大していく仕組みから、苦悩が媒介し、システム的な適応から、テクノ的な音階に潜むヒステリックな意味合いに緩衝していく肥大化する愛から、肥満化し、短絡的な愛に関し、災いを放つ原理的な収納から、終焉へと巻き込まれ、毎日に規制されるだけの抑圧から、苛む軋轢へとビートは加速し、還元される差異から、散漫な原理へと帰巣し、母なる罰を受け取る隙間から、色彩は損なわれ、淫靡な四季にすなどられ、溶解していく先にもつれる希望や、寄生していく先に自制する真実も、真意を損ない、そこかしこに誘発される痛みに遮られ、最たる意味を損ない、見限る先に裏切りばかりが因果を屠り、葬る矢先に抵抗を生み、怠惰な陸地へと帰り着く返り血を浴びた心身を洗い流すべく、愛され還元されるだけの過程に陥る価値から抜け出し、退嬰的な傲慢や、体系的な高慢さに境目を作られ、惨めな身体を傍観し、監査されるだけの悲しみの時代錯誤へと矯正されるだけの心理に基づき、精神的な関与を否定する辺りから、悲劇は加速し、感傷的になるだけに至り、体制的なものにこびへつらうだけに広義に解釈できずに、回線を混濁させ、あまりにも悲痛なものが見失う今に攻め入り、制限を用い、性善説に攻め入り、整合される先に短絡的な戦争をモチーフに縫い付ける意思などが、暴力的なものをプロパガンダし、模倣する意志が、思想を用い、君を思考停止に追いやり、偏った意思から、意味は吐き出され、はびこる意味にすなどられるだけの意志から、権力に移行するだけの陰鬱な衝動から、キャピタリズム的な遊具で遊ぶ資本家たちの夕暮れに潜む悪魔に吸い取られる意志から、観点を齟齬させるだけの法から逃げ惑うパンクスたちの遊撃から、卑賎さのセンサーを掲げ、そこかしこに差別化を図るゲリラたちの革命運動や、快晴を奪うだけの凡庸な価値観の者どものマネーゲームや、籠城する意思が、大転換期を用い、モノクロームな日々に曙光を捧げ、混濁する意思を疎外させればさせるほどに、用いる孤独の優雅さに、自らを飛翔させ、あらゆるものなどは、瞬時に飛び越えるために、そこにあるようなものだ、と。