時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

軽視される善悪


 正解を持たぬ身体を抱え、幸福論に攻め入られる以前に、全容に捌ける思いが、収監され、支えを失い、ぼくとつで、寡黙な預言者が示すカタルシスが、世界を救うころには、ほとんどの意味は、意味の中で朽ち果て、屈従し続ける人民は、貧寒なものへと重なり、気分的な暴虐へと捕まり、たどたどしい意味を吐き出すだけの世界に境目を用い、最たる意味を損ない、ないがしろにする由縁に基礎を生み出すだけに、儚さを生み出し、刹那に破壊的な衝動を用いる厳寒な時に凌ぐ孤独ほど、強いものは無く、そのもどかしい孤独の中に忍ばせる愛だけが、瞬間的なものを捉え、リリカルな思いを、創造的に変換し、変化する意識が見出す善悪も、懸隔を用い、感覚を用い、奸悪へと至り、悲観するだけの人間へと沈み込み、混濁する意識は、悔悟をため込み、改悛を求めるだけの正義が、犠牲心を謳い、真理を奪うだけに転換する位置から、意味を引き出し、悲観する以前に、奪い合うだけの価値に用いられるカタルシスや、知性も無く、ただ謳われるものに真偽を持ち出し、あらゆる意味を束縛するほどに、魯鈍なものへと陥り、横溢する主観からみだらなものが閉鎖的な予言を繰り返し、贋物の価値が荷担する善悪へと偏るだけの正義に貧寒に至るまでの軌跡に現れる悲観的なものが生み出す絶望こそが、贋物のものであり、物々しい思惟を持ち上げるだけに、もたげる意識は、偏るだけに至り、至らぬものを形成する事により、形を持ち出し、あらゆる原理を束縛するだけの規律へと起算されるものを改ざんし続けるだけの権力へと統合される傀儡として働き続け、つたない意識は、散漫なものを保つだけの恒常性を用い、物事を混濁へと誘い、転換するものが、些細な意味を蹴散らし、破壊的な情理へと導き、テロリズムへと浸るだけの慢心や、破壊的な情理に理屈を用い、閉鎖的なものが示す巣の中でのニヒリズムが打ち出すペシミズムが、悪夢を悪魔を形成し、正義により、存在価値を与えられた悪が暴走し、それを押さえ込むためだけにめでたい権力を使い、破壊し合う善悪は、互いが用いる平衡を保つためだけに、正義も悪もわきだし、運命的なものへと倒錯し、問う悪から、あいまいな正義へと諦観を促すだけの世界が持ち出す規律から、社会は、変える宿を失い、形成される場所から、意味を抜き取るだけに、さまよう人民を作り出し、警世されるべき世も、計算ずくで応用や、横領を繰り返すだけの反復から、愛は、統合されるだけに、権限を謳い、持ち出される意味の中で堕落し、落胆し続ける主義的な者が打ち出す無神経なものや、悪路を越え、十全なものへと交錯する意識的なツールとして、整合され、真新しいもののように扱われ、古びたものは、今すぐ捨てられるだけに至る。

 凍結したこころを溶かすような情念が降り注ぎ、恋歌を歌う卑下するだけの鳥たちは、カタトニーを抱え、安易な支配に迎合されるだけの言葉を転がし、雨粒に消え入る本質や、統合されるだけにうやむやにされる価値が抱える精神的な依存性に制圧されるだけの保守的な理想や、保身ばかりの記号に帰巣するだけの流浪するノマドたちが抱える意味をカタルシスへと移行させるような独善的な史観が打ち出す、歴史的な偽造から、星の悩みにまで達する断続へと酷薄していく意味合いに不潔なものが混ざるのだ、と儀式的な僧侶が籠城する真理にもとづくエゴを切り裂き、迎撃される本心や、苦悩を呼び覚ます呪詛などが飛び交い、悔悟を呼び覚まし、混ざり合う過去に超然としたものを用いずに、俗世間に陥るだけの人間的なものへとからまる髪の毛のような鬱陶しさや、神々をもつれさせるだけに意図から、混濁する解離性の幽遠へと運ばされる大罪などがひしめき、加工される義務へと運ばれるだけの人間が用いた神や罪や罰などが、兵器利用される現在にひしめく社会性などは、死んだも同然であり、屈折するだけの心情に嬲られ、内向的な水準や、純度を用い、悲観するだけの賭け事を終え、横溢する主観に用いる愛だけが、偽善を超え、フォーマットされる未来や、路上に転がる由縁に嬲られた夢の形骸を蝕む餓鬼どもがうごめく無記名の夜や、不自然な互換を繰り返す生産的な傀儡から、懐疑的な日常にひしめく偶像崇拝や、幼稚なスケッチで作られたような独裁的な世界に迫る寂寞へと変える惜別のシーンに迫る因子や、陰線をたどる多目的な夜にたむろする不羈な者であるべく、何かに拘泥するよりも、アナーキーを謳い、自らの幼稚な独行に浸るよりも、孤立しても尚、淵源に与えられる無限性の影響だけが、反響し合い、こころを奮わせ、正しさを用い悪をくすぐる以前に、示される戒律に閉め出され、治外法権を持ち出すよりも、その自治区に元々から荷担する気も一切無く、ただかかずらうだけの世界を、世界として認識するよりも、自ら見出し見つける世界だけを、世界として認識し続ける限りに、法に入らず、法に囲われず、ただ逃げ惑う意識は、価値の違いや、価値の家畜として生きるよりも、獰猛な化身として、形式を打ち破るような美しさを保つ。