時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

虚像


 現時点を用いることにより、重くひずむ過程に罵るだけの恒常的な朝が、不安定そうに挿入する一切の過程に盛り込まれる真理などをうそぶき、内面的に結末に滑落するほどに、落胆は迫り、端的な意味は損なわれ、自らの内外に課せられた意味へと高尚さを謳い、怠惰な記憶に混同する意識的な排外主義を諭すような寛容さを用い、管理下に置かれ、オカルティズムに擁護されたような陥穽に嵌まるだけの惰性な記憶に枢要なものなど無く、用いられた価値を官僚的に支配するだけの情事に迫る物事などは、文言を殺め、退屈な事象へと見知を狂わせるだけに、苦しみで身滅ぼすような奔走をくり返し、過信を生み出し、今に悔悟を偽装し、罪も無いのに、その行為は、あたかも罪であるように背反し続ける先に連帯感は補足されるだけの因果を背負い、荘厳な時折に沈み、折り返す物事に混淆され、倦怠感を加速させるだけに、緩衝できずに、自らの痛みを用い、自らを屈折させるだけに至るような常道へと蔓延る悪意は、狭い価値へと偽装される本質を、見透かすだけの幼稚な策略の銀河へと発色の悪い、ネガティブな時折にロジカルなものが持ち出す一貫した主体性に蔓延る悪意のようなものが木霊し、寂寞に降り注ぐ不和な物事や、俯瞰に攻め入る生命的な語源を探り、まさぐられる身体に常識と言う槍を刺し、あらゆる正義を偽装するだけに裂ける物事が、邂逅を求め、悔恨を翻し、幼稚な企みの暗闇へと陥るだけに関係性は、低劣なものを発信し、自らの情報に淘汰されるだけに至り、いたずらに過ぎ去り、経過するだけの意味に、快活さも無くなり、そこに現れる価値は、改善策を練るよりも、願うだけに、時間は経過し、快活な動機も損なわれ、そこに一定の義務を生み出すほどに、補填される苦しみは、今に散漫な痛みを倍増させ、緩慢な出来事の捕囚として、補正されるだけの価値や、懐疑的な日常に錯乱し、散漫な価値に偽装されるだけの苦しみを開花させるだけに、背徳行為を批難するほどに、自らの論難へと至り、訝る先に生み出される意味との対立から、本質に抗い、空疎な抵抗をほどこすほどに、自らの狭い価値へと落とし込む批判的な日常におとずれる空疎な迎撃を受け入れ、経過する物事に批判的に襲いかかる価値との対立から、退廃的なものへと偏り続ける意思的な凡庸さに屈従し、一貫した不安へと疎外され続ける心身は、自らの軽さに耐えかねずに、分裂し続ける先に戒律を用い、自らを拘束する快楽へと浸るだけに、うそぶく倫理観は、邪推した者が生み出した正義の踏み台として、悪を演じるだけに明けくれ、合間な献体として、提示する軽薄な精神をモチーフにした分析へと自らを売り、裏切られる身体を捨て、軽薄な精神に乗っ取られるだけの法則的な因果に結末は、緻密な意味を排除し、短絡的な動機へと巻き込まれる苦しみが、対照的な対価を求めるだけに、対立を続ける位置的な戦争に専横される結末へと競合し続ける間柄に迫るセンチメンタリズムに偽装される真実は、損なわれる意味へと排斥され、陥る先に迫る選別を受け入れ、整合されるだけに、その場での屈従を余儀なくされ、どこにでも居るアイドルと化し、キャピタリズムの空疎な人形として、あるいは、強迫的な意味へと自らを陥れる傀儡として、情報の犬として、同じ芸を、同じ時間に決まった場所で執り行う義務感に苛まれ、境目も無く、あらゆる原理に疎外されるだけの快楽を受け取り、命令へと従うだけの空疎な身体を、利己的な権利に巻き込み、今にせめぎ合う苦しみへと運ばれる意思的な汚穢を抱え、重なる物事に案出される差異から、せめぎ合う幼稚な企みは、大きな戦争へと変わり、利己的なものを備え、差別化を進め、自らの利己的な成熟を求める幼稚な精神は、正義を謳い、自由を使い、誰かを支配するための不安を煽り、強調される意味に支えられない軽薄な精神を掲げ、散漫な意識は、何かの言いなりになり、何かの異物感を加速させ、宇宙規模に亡命していく先々で苦悩の花は開花し、開眼できずに、誰かと同じようなものを、同じように見るのが、スタイルであるのだ、と妥当な意味は、緻密な意味を知り得ず、今に至る原理へと漁られ、線引きをほどこし、カタトニーに陥った価値の監房に入れられ、同じような罪を背負わされた者と仲良くする限りに、くよくよした位置や、意味の清さを知り得ずに、簡潔的にせめぎ合う精神は、自らの正常さを謳い、誰かを批難するだけに至るような精神論的な戦争へ、と専横されるだけの位置的なまやかしに批難を続け、伝う位置的な苦しみへと欺瞞を溜め込み、そこに誇示するものに拗れるだけにアンニュイなものや、安易な生活感を生み出すだけに、火照る意味的な動乱から、課せた意味に排出される傲慢を摘み取り、怠慢な今に再会し、加算される原理が打ち出すギミックに騙されずに、君が思う永劫へと至り、浸るだけの原理から抜けだし、自らの理想を選び、取り急がずに、優雅に泳ぐべきだ、と。