読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

慟哭


 貪婪なドレスを着て、彼女は、綺麗な容姿だが、汚い意思を食すのが普通で、不釣り合いなものを抱えるのが苦痛で、今に用いられるものを翻えせずに、与えられた価値を、そのままに反映するのが正しいのだ、と妥当なものがひしめき、今の使命感を謳い、たどたどしい意識は、今に帰任せずに、認可されずに、果たす義務だけで、今を追いやり、生きることを否定し、意味に虐げられ、理解からは乖離し、懐疑的な自らを廃棄処分し、分裂する先々で対立する自己が固定観念を孕み、はびこる悪意に充填されるものが衰亡を繰り返し、理性を損ない、過信を用い、乖離する状態から、犀利に至らずに、訪問するものを次々に破壊することだけを願うような破壊の女神として、或いは、同調するものを捕食するサイコパスとして、あらゆる原理を白昼夢に追いやるゴーゴンとして、孕む意味を独裁的に従えるだけの均一な禁忌から、完全性を用い、惰性なものをちぐはぐにさせずに、済世を謳い、論理的な硬直へと追いやり、アップデートさせないために、情報操作を行い、何かに虜になり、担う意味も、輪唱される真偽に騙され、惰性に受け取る意味から、権利を謳い、対比されるだけの条理に理性は置いて行かれ、老いていくほどに、誰かを捕食することだけに専念する拝金主義の奴隷として、或いは、ハイエナとして生きることだけに専念しても尚、綺麗な容姿だけを誇張し、行為に引きずる卑近なものを掲げ、用いる影に引きずられる肉として、表現を続け、時代に合うように身体を変形させ、変化する善悪に対象は険悪なままで、緩衝できずに、ただ、対立を続け、対比されるほどに、補填される快楽から、乖離する快楽と肉体との距離が、精神を離脱状態に追いやり、惰性なままに受け取る情報こそが、真実のようにうそぶく間のアイドルとして、踊らされることを目的に廃棄される恐怖に追われる日常から、体制にこびへつらうムードから、無知な者ほど救われるような教養も死んだ夜に、夜通し探す真実などは、うやむやにされ、誰かの都合の良いように左右するものであるし、そこに用いられる思想などは、死んだ者が用いた過去の異物でしか無く、異物であり続ける限りに、今に配される意味に屈従し、今に朽ち果て、自らの意思を喪失し、今に隷従するよろこびだけを敷衍させる。

 誰もいないというのは、しあわせであるし、やがて滑落することだけが、人生のように示される間に、愛憎ひしめき、使命感を謳いながら、論理的な活用を終えるほどに、補填される意味は、今に査定され、刺激を与えられるほどに、意味を見失い、ないがしろにする瞬間におとずれる主観的な落ち度や、横溢する瞬間に誂えられる影響などが、今に関心を奪い、管理されるだけに至るような生活に制圧され、抑圧され続ける先に待つのは、意思的な破綻であるし、精神などは、処理されるだけであり、そこに残るものは、現実的な肉だけであり、原理的な症状を攪拌させ、懐疑的な日常に空疎な刺激を催し、叛意を用いずに、ただ、管理されるよろこびだけに籠城する心理状態は、錯乱へと至り、浸る意味にぬいつけられる今が肥満し、いぶかる先に現れる限度や、拝金主義的な症状をで攪拌される半径にもよおす悲劇に撹乱される神経的な阻害物や、苛む記憶にレジスタンスが現れ、誰もいなくなってからが、勝負であるし、ここに陥る孤独すらも無く、ひとりであるということは、広大な意識に住まう自己を育てる瞬間であるのだし、惰性に導かれるだけの大衆的な心理などにもとづくエゴが行為を導くほどに、傀儡政治を生み出し、意味を踏み台にし、今を奪うことすらできないのであるし、やがて、価値も敗退が濃厚で、行為に引きちぎられ、悲観するだけに至る間に関する出来事も、死を元手に、今に緩衝できずに、衝突を繰り返し、陥る闇に悲劇を攪拌させ、求めるほどに補填される闇に鬱積する思いが、他者に介し、今に翻ることすら無く、今におとずれる恐怖がさえずり、犀利な者であらず、ただ、あらがうことすら知らずに、荒らされるだけの観念が、感触を失い、今にまさぐる合理的な考えが、今に還元されるものだけを愛し、愛されるほどに、補完される苦しみから逃げるためだけに絶えず進行を妨げ、何かに依存することだけが、世界を認識させ、正解を仰ぐような結末に至り、自らを捨て、何かと同調し、同化することだけを、正しいことだ、と認識するしあわせなどは、死から逃げるための信仰的な欠如を生むだけに至り、浸る同情に促され、悲しんだふりをして、利己的な自分を加速させる。