時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

煉獄


 統合される先に味わいは失われ、些細な時をひるがえし、悲観するだけの精神を解き放ち、用いられる時間から迫害されても、自らを正す事は無く、ただ、現れる時を、現れるままに愛し、浪費するだけの過程や、低劣なものを騙る愚考から、空腹を癒すだけの、貪婪な魔法から、まやかしを生み出し、やかましい精神を祝福すべく、集約される限りに、陰る。道徳と法に加工された価値が、義務へと誘い、誤った意味に関わり、からまる意思に充填される、あさましい意味が、おぞましい価値を形成する。自らが生み出すことに、不可能も可能も無く、善悪すら無く、引き合いに出すことすら無意味であるし、かかげられたもので、駆け引きする必要すら無いの、だ。自らの内側に入り込み、自らを汚すものが進行し、あらゆる論理の外に放られ、屠られ、葬られる。影形を引き取るだけの、卑近な例を持ち上げただけに満たない価値が引き継ぐものが、今に償いを求め、意思を奪う優劣から、衆愚は発展し、あらゆる権化を生み出し、論理を奪い、論調に敷衍する意識的な傲慢さが、今に差異を用い、差額を支払うだけの義務感から、空疎な倒錯を生み、今に阻まれるだけに至り、ごまかす先に修繕される意識は、終焉を巻き込み、自らをごまかす先に現れる苦悩から逃れるためだけに、ためらわずに何かを裏切る事だけが、今にもとづく定理を飛び越え、互換されるものをへし折り、平衡する意識に保たれる静謐な予感から、郵送される刺激や、心情を弄するだけの悲劇に有する形や、限りある現在に降り注ぐ思いに迎合せずに、些細な動機に苦悩する以前に、今に費やす思いが、平静を保ち、フラットな思いに併走する意識は、製造されるだけの論理の外に出られずに、データ化されるだけの今に厭うだけの観念を引き連れ、悲観するだけに至らせるような悲劇を加速させる絶望だけに酔いしれ、今に起算される原理に利得を謳い、たゆむだけの精神は、今に追いすがるほどに、魯鈍な価値を用い、謳われるものだけを軽信し、軽薄な論理に捕まり、伝うものに依存する事だけが正論を騙らせ、まがい物の真実を消費する事だけが、言葉に隔てられ、惰性な意識に加勢するだけの偏った思想が価値観を屠り、勝ち誇るほどに、論理的に疎外され、背反する意識は、抵抗力を深め、伝わる意味に対比されずに、退廃し続ける先に伝う意識的な傲岸さに加工されるだけの品位が、今に尊さを伝え、淘汰されるだけの意識に清貧さを求め、正否を伝える間に、緩慢な愛は、作用を誤り、自らを損なうだけの義務だけが、確かな思いを製造し、生成される先々で試練を与え、巻き込む意思は、意識的な抵抗を深め、俯瞰に攻め入る正義が、犠牲心などを用い、徒に消費される先に現れる死や、思考停止に至るだけの今に瀰漫する意識を迎撃する真意から、やましい意味を持ち上げ、もたげる意思に起算される先に採算されるだけの意味が、今に肥満化し、悲観するためだけにためらわずに攻め入る現在に懸隔を生み、阻まれる意識に配備される合間から肥大する苦悩は、今を思うほどに増幅し、複製されるだけの苦悩が次々と覆い被さり、今に悲観するだけに至らせるような悽愴なものを引き出し、貧相な意思に充填される枯れた意識が、彼らの慟哭を誘う。さらなる作用を求めるだけの欲望は、快楽を追い続け、退廃的な互換から、苛む記憶に受理されるだけの意識的な汚穢や、煽られる精神は、軽信を続け、意思の奴隷として、或いは、恬淡な破壊者として、介する間を破壊する事だけが、定義を打ち破り、あらゆる意味を奪い、自らの権力だけで、惰性なものを敷衍させ、相対する意思は、怠惰なものを引き出し、埋められぬのが欲望であるのに、今に与えられる義務感だけが加速し、与えられる影響は、死を敷衍させ、俯瞰に攻め入る恐怖から逃げ惑い、与えられる影響に起因する怠惰なものを空間に培養させ、増え続ける自らの悪意のウイルスや、分散する刺激から、紙幣的な観念に厭うだけの傲慢さが、差額を求め、苛む記憶にキャピタリズムの傀儡として、指定されるだけのヤッピーとしてやましい記憶を買い取るだけの酷薄な時折ににじむ精神的な痛みの肥大から、被害妄想に陥るほどに、魯鈍な意思が、尊くからまる先々で対立を続け、浪費していく意識は、品性を持たずに、用いられる道徳を騙るほどに、合理的なものを用い、何かを持ち上げ、それで自分を保つ事だけに専念するような宣言から、原生のものを突き破り、否認し続ける先に支払うだけの義務ほど、空疎なものは無く、今に関連する状態から離れ、自らの事業に至るべく、すべてに背反し、自らだけが、確かなものを配膳し、たゆまずに、ただ、続ける意識が、続く事だけが構築され、蕭然たる様相を飛び越え、敷衍する意識から、緩慢に作用する奴隷化した意思や、従うだけに、死は今を翻し、今に至る以前に、死は今を応用し、往往と過ぎ去るだけの過程から、締結していく意識は疲憊し、日々は、死を横溢させるだけに、死を越えられずに、生成される先に精神を置いて行き、自らの落ち度を枷に変え、今に過激な層を生み出し、そこに嵌め込まれるだけの軽薄な敬神から、傾動していく先に現れる擦れから、摩擦を繰り返す死の底で、起源を攪拌させ、悲劇をモチーフに膨らむ痛みや、複製されるだけに徒に消費されるだけの悠揚に上り詰める意識は、昇華し続け、つたない意識を創造的に複製し、敷衍しながら、膨らむ意識は、情緒を保つ以前に、孕み続ける自らの虚空や、構造的に配膳される意識や、陰鬱なものを消費するだけのモノクロな時に、アナログな精神は、ただ、聞き見る事からはじめ、果たす意味が、今に画策する裏切りから放たれ、自らの意思に帰還し、介する間に閑散とした精神が、何も求める事も無く、現れるままに静かに過ごす事だけが、唯一のしあわせである、とそこで克服される精神が、自由などを用いずに、今に放たれ、消費されるままに、放たれる事だけが、今に拗れずに、時間に権利を持たせずに、ただ、果たす義務すら無く、偏る事も無ければ、今に決まりも無く、虚像を掲げずに、ただ、愛する事を知らずとも、そのままに愛する事ができることができれば、愛を語る必要も無く、愛そうとする必要すら無いのであり、そこに現れるものを、愛するという理由すら不必要である。その場で現れる愛に洗われる儀式的な修復から、祝福へと加速し、信仰的な適任から、適正していく意識は、軽薄な理想を掲げ、自らの信仰心を保つためだけに、誰かを裏切り、偶像に支配され、神を形成する先に現れる自らに操作されるだけの欲望に抑圧を捧げ、悲哀へと導き、同情に至る自分に浸るチープな愛を騙るだけに至る事にバリケードをはり、抵抗運動を加速させていくだけの革命の空しさに敷衍していく意識的なまがい物が消費するようなコマーシャリズムに専横された私議が横行する。自分の意思を保つ事は、エゴイズムに至らず、徒に持ち上げられるだけの言葉に騙され、ごまかす事だけに専念するような者をエゴイストと呼び、傲慢な者が疎外感を与え、損得を謳い、卑劣なごまかしから、空疎なまやかしを生み出す者こそが、エゴイズムを加速させ、合成された日々にあえぐだけのプロパガンダの犬と化す。パブロフの犬としてしか生きる事のできぬ資本主義が加速し、ナショナリズムが肥大し、ヒステリックな者を生み出すだけに至るような資本主義の終焉から、からまる意識は、カルマなどを謳い、分断される意識に孤立するほどに、被害者意識を加速させ、肥大化する妄想だけが、今を批難し、批判する事だけに専念するような宣伝こそが、いちばんの偏りを生み出す。