時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

晦渋


 自由自在な思いは、どこにも束縛されずに即座に変換され、そこにとどまらずに、永遠に転換し、正義は死なずに、のうのうと悪を捏造し、保身と正当化のためにためらわずに消費される人々のエゴを迎合するための言葉が今にひずみを与え、修正され続ける意志は、端的なものを忘れ、有する価値に揺さぶられ、自らを不自由にしては、最たる意味を捕食するための疑念から捻出される恨み辛みなどを武器にするようなルサンチマンが肥大し、悲観的な自分との対立を終えずに、何かを否定することだけが、存在理由を確かにするのだ、と惰性にみちびかれる者どもは、獣としての一体感を求めるための普遍性を清潔に保つために何かを疎外し、排除するために体系化される今に欺瞞を続け、不満足を謳い、俯瞰に攻め入るものを処理するための規律と記号を操り、多目的に従属する有閑が位階序列を操りながら、何かに釣り合うべきだ、と退廃的で理不尽な雰囲気に制御されない意思を操作し、合法的に縫合される月日に諦観を売りさばき、日々の快適さを得るための敵愾心を増幅させ、複製されるだけの真実は、敵意を生み、踏み台にされる自己は、今に堅持する意味に兼用されるだけの道具として、複製されるだけの日々は、意味をつかめずに、何かに捕獲され、自らが処理されるのを傍観するだけの今に犠牲的なよろこびを見出し、儀式のためなら、ためらわずに消費される者を措置し、皆の不満を解消するための快楽を呼び覚まし、いつも変わらずに、何かを恨むだけの者どもの理屈が理想を供給し、窮境に浸る貧寒な者どもの悪夢から、敏感な者ほど、悲しむべきである、と頷くペシミストたちが立場を利用し、悪意を根源に焦げ付くだけの毎日に卑劣な悪意をむすぶための誘引から、因果律などを利用し、流用されるための存在として、価値の中で引き裂かれる自己は、先々で対立を深め、酩酊し続ける先でバビロンの胃腔の彼方でジレンマを肥大し、自らの胃の中での炎症をかかえ、拡散されるだけの原理にためらわずに消費されるための存在として、時間に陰り、今に悲観するだけの時間に加速していく論理的な焦燥感に追われ、安易なものを信心し、簡易なものを信じこみ、自らを神事に引き込み、悲観的な人間として、加速するだけの自由に追従し、有する価値に無駄な消費を続けることにためらいをおぼえずに、横暴な価値に引き裂かれるための道具としての偶像崇拝を勧める。あらゆる意味は、今に欺瞞をたずさえ、何かを悲観させるために誰かをなびかせるための言葉を利用し、互いの中で食い違うものが多ければ多いほどに偽善的なものを持ち寄り、互いを同情しながら、互いを殺めるための倦怠感を生み出し、デカダンな者として乱用されるだけの厭世的な言葉を用い、モチーフとされる悲しみを互いの中で消費し続けるほどに、増幅するルサンチマンは、自らを屠るだけに至らずに、他者を利用し、何かを壊すための道理を生み出し、駆逐される精神は、朽ち果てても尚、何かに利用されるために絶えず信仰心をうながし、有する価値の中でカタストロフを生み、絶えず快楽的に破壊されることを望むような死への欲動から、浸水する意識は、自らの慟哭の中で動向を見失い、行為にひざまずき、自らを欺くための言葉を利用し、他者を欺くためのもっともなウソを発明する。原理は、原因にみちびかれずに、動因の中でからまり、かたよりを示す真実は、甚大な被害を自らに及ぼし、応用されるための原理をかかえ、課せられた罪の意識から、義務感を用い、安易な信心から、自らを消耗するための境地に至り、自らをニヒリズムに陥られ、深い諦観の洪水の中で、高次に浸り、あらゆる原因とは、諦めることからはじまるのだ、と惰性な意識は、自らに罰を課せ、介する間に利己的な答えを用い、持ち出される意味の中で罪は加速し、内外に果てる飼い慣らされた自己を娶る暴君や、群像にとろける徒労するためにたむろするための同調から、心因に加工された罪を飼い慣らし、端的な理由を欲するための理想を強要し、競合するために絶えず進行を辞めない病んだ世代だ、と懶惰な者がカタルシスを求め背く間に即座に無へと転換されるだけの価値は、犠牲を孕んでも尚、自らの快楽のためだけに加工され、自らこそが絶対であることに腰掛けるほどに、何かを見下ろし、見落とすだけに至り、自らの高尚に浸るほどに、ひらめきは失われ、そこで錯綜するだけの時間に自己を王へと変化させるための正当性を用い、持ち出される罪の間で詮索を続け、怠慢な領域で暗鬱な衝動を重ね、懐疑的な自己を堅持するための厭世観に引きずられ、自らの幼稚なたくらみから、世界を終焉へと巻き込むための生命などに美しさなど無く、そこで創造的に拓かれるものだけが、ここで用いられる善意的なものに反し、物として扱われる前に厚かましく何かを求めるだけの堕落した人間として自らを認識し、それを演じるだけの惰性な者どもの理屈などにこねくり回されずに接続されるものすべてを切り離し、自らが自らである、と叫ぶ以前の原始的な自己に帰還する。