時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

美しい形式の奴隷

金は簡単に神をつくるだろう。ひれ伏す君は、神に簡単に近づき、すべてを簡単に奪う。自らを確かなものに変換し、簡単に生み出された神は金に簡単に従属し、自らが神であることを簡単に忘れるだろう。善悪を用いずに、ただ許せるものは、強者といえるが、許すという行為を認識した途端に、善悪は用いられ、自らに罪を課せるか、他者に罪をかぶせ、自らが、自らに許しを乞う。そこには、正しさは無く、ただ与えられた過ちや誤りを用い、何かを裁きを加え、自らに優越感を与え、自らに有益なものを正義として崇め、こびへつらう。揺籃する精神や、形式張った者がいばりちらすだけの知の彼方で簡単に処理されるだけの論理的な拘束から、高尚へといたらずに、蓄積される苦悩に受理され、空腹を埋めるためのセンチメンタリズムの戦地の中で修復されない思いや、祝福されない恋を連動させるような蓄積されるための苦悩とは、絶えず自らが仕掛け生み出すだけにいたるような由縁に横溢する瞬間的な遅効から、空疎なひらめきをゆるがせ、豊かさを簡単に謳うだけの奴隷化し、過信ばかりを生み出し、奪い合うだけの憧憬から、端的なものすら吐き捨てられるだけの利己的な主観が配する愛などは、所詮は誰かが語るものへと引き込まれ、引きずられる意識は、徒に消費される瞬間へと印象を統合させ、記憶に帰路を与え、記号化する夜空に終世を謳いながら、保たれる現実などにもたれかかる。陰気な結末を配するアイロニカルな野良犬が徘徊する破壊された後の街を食い尽くすために何かを駆逐するような機関銃の音が鳴り響き、無残な戦争を形成するために引き合いに出されるものが用いる善悪が厭うだけの行為にひれ伏すような余韻に因果律に屹立していく思いは狂気を重ね、自らの境域に与えられる強要されるだけの罪や教育などが補填され、荒れ果てる思いは、儚さを興じては、矜恃を保てずにもたらされる苦しみを復元し、そこで複製されるものが延々と折り重なり、ないがしろにされる瞬間は、主体性をそこない、行いによじれていく思いは、戦列にならび、倍増する苦しみに加工されるだけの品位の陰湿さに意識を奪われ、用いられる敷居により、意識は、何かを求めるほどに、求められるものの強大さに抑圧され、押しつけられる意味や、そこでつちかわれるものなどのどれもは、何かに似ても似つかぬようで、どれも似たようなものであるし、もたらされるもののどれもは、退屈なようで、端的な快楽へといたらせ、物事を加工するための方法をうながす模倣から、朦朧としていく意識は指定されるほどに、意思的なものをそこない、位置的なものが示すものにより、そこでの終わりを演繹していく主体的な背反を繰り返し、寄贈されるもののどれもは、似たようなよろこびを通わせ、悔悟を埋め込み、運命を高次へと昇華させずに、ただ与えられた運命などは、何かに買い取られるためにこびへつらい、何かを騙すためだけに機能するようなものへと互換され、こじれる後先に現れる修復されない痛みに省かれる思いは、配備される後に融合するものなどは、高揚へといたらせずに、ただ雇用するために運ばれるための意図から、いびつに形成される過ちをつなぎ合わせるための帰路から、記号化される安易な過ちを警鐘するための罪の意識から、位置的なものから逸脱できずに、出来合のものを信心する者どもの卑屈が迫り、悲観するほどに関する過ちから離床できずに、理性も保てずに、もたらされる苦しみに引きずられ卑近なままに愛するものだけが、何かを知り得るための大切な経路を生み出すのだ、とうちひしがれる彼や彼女らの苦しみを野良犬が食い荒らすような讒言の後から、葬られる意識は、いたわることを謳うほどに、位置づけられるものが用いる復讐という意識から、陰鬱な唱道から症状は悪化し、暗澹とした精神はほころびを生み出し、路地裏に狂気を植え込み、謳われるものが心情を硬化させ、孤立していく意識は凍てつき、隠逸していく結末は、誰にも正体を明かさずに、与えられるものに反し、興じる運命が、はどめも無く破壊を伝え、追憶に比するだけの価値は、起源を用い奇襲を加える間にこうむられる意識は、引接されるだけの説法へと自らを禍根に引き取らせるだけの信心へと奪われるものへ反し、ここで与えられるべきは、絶対的な意志であり、そこでいざなわれるままに昇華し、逍遥するものなどは、用いられる善悪に引き込まれ、卑近なものへと改造をほどこされ、自らを同じようなものへと変換させられ、それを変化だ、と認識させられるための同調などが反響し、ここでこじれるままに恒常的な苦しみに適応していくだけの堕落した者として歩むことだけが、正しい道を進むなど、とうながすような惰性なものから離れ、自らの確かさを形成する。