時を乗り越える獣

時間を超える意志的な現れ

迫る闇

多目的な春、ただ若いだけの思いをむしばむ陽光、記憶は着膨れして、誰かの面影が佇むかぎりは、何も変わらず、砂で出来た日々を計算しながら、ふところに隠した悲哀などにみちびかれるほどに、ほとんどは魯鈍なものに変わり、甲斐甲斐しくむさぼる動機は他者から借りたものばかりで、はびこる思いはやがて激しく意識を駆逐し、くたびれた影におおわれ、応じることだけに専念する思いは、何かに応じるためだけに堕落し、フラクタルなものを探すほどに、ほとんどは似ているというよりも、同じような物資で構成されているだけに満たないと、汚い枷を嵌めたデータ上の女の子や、枯渇するだけの空疎な彼らが生み出す悔悟や、互換されるだけの毎日に堕落し、惰性で未熟だからこそ、今を変革に追いやり、革命に生きることを知らずに、裂けていく自己を補完するために、何かを始めては、配備された悪意に罵られ、知らぬうちに迫る悪意に飲み込まれ、自らを悪に変化させる。