時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

硬質なニヒリズム

触れるものの多くは、苦悩を携え、リンクする今に還元され、権限を用い、何かを攻め入り、奪う事にためらわず、用いる善意を振るい、何かをぶんどるだけに形を用い、価値は、損なう限りの行いに迫り来ては、さえずる記憶にハーモニーも残さずに、ただ記憶の奥底でアクセスする過去の君も、気持ちを用いずに、何か心残りのように見せつけるだけの後悔などが迫り、ただ制されるだけの価値に形を残し、最たる意味を暗闇に沈ませ、乗り越えるべきは、超越する今に瀰漫する可能性だけに世界は用いるべきであるし、不完全ながら、不満げな世界に迎合していくのが、この多数派たる由縁であるし、由来は、ただ森厳に蔓延る自然的な懐疑を用いた乖離から、終焉に巻き込まれる生きたいという執念か、はたまた迫る今を跨ぎ、数々のジレンマを浸透させては、喪失感にゆだねる先に堅持すべき理由すら、ほどける今におどけてみせても、ただ広がる空しさが瀰漫し、不満足をいざない、おざなりな気持ちにないがしろにした瞬間は、順序も持たずに、迫る今にも押しつけ合うだけに、曖昧な毎日を偽装し、膠着するだけの影を重ね、覆われる今をしのぐだけで精一杯だ、と嘆く君の願いをほどくような強さを用い、昏倒する意識を済世すべく、備わる価値を打ち倒し、救うべきは今に巣くう形や、価値に葬られるだけの君の記号であり、汚い価値を押しつけるだけに迫るカタストロフをロストしていく限りに陰る命は、追憶に馳せるだけに課せられる今に加工される品位でもって支配され、従うだけに症状を悪化させては、加算される原理に理想を食い込ませ、枯渇するだけに道理をすなどり、再開発を続けようと模索する原理に理想は供給されるだけの理由と自己との差異性にもがき、陥落するだけの道理から、理想は、供給されるほどに窮屈になる仕組みらしく、用いられる原理は、理想を供給する変わりに、君を奪い、意味を奪い、ただ馬車馬のように働くか、何かの歯車として指定される義務に不眠不休で立ち向かうかにより、加算される原動は、ただ生かされるだけに満たされないものを満たすように示す欲に従うだけの脳内で選ぶ快楽から、解体される身体もいずれかは朽ち果て、派生する意識に捕らえられ、倒錯するだけに陥る演繹から、栄進すべき今にすべても賭けずに、用いられる事柄に生命を奪われるだけの欠如に嵌められる現在に解毒すべき本質も、損なう原動に過失を用い、朦朧と統合されるだけの疎ましく結ばれる現在に点在する意識も、意志を用いずに、ただ浅薄で軽薄な者が跋扈する時代に搾取されるだけの嫌悪感にひずみ、ルサンチマンを抱えるよりも、稼働する意識に欠けていくものを追おうともせず、ただ弔い祈るだけに明け暮れるよりも、途絶えずに続く意識にこじれず、ただ相対する現在に対敵していく事に反して行く気持ちが昏倒する意識を聳立させ、とどまらずに続ける事が高次に至り、短絡的な動機を超越し、今の苦しみは次に持ち越さず、こちらに着くころには、ことごとくは雲散霧消しており、折り重なるころには、自らの厚みも増し、強度を増しては、ますます進む事に長けていく思いは、帰り着く場所を求めず、何事にも左右されず、指図もされずに、指し示される事に命じられる事も無く、ことごとくは自由を用いる以前に備わる自然性により、偶然も偶像であるし、必然も、引き裂かれる間に入り込み、落ち込む自己を傍観するだけに至らぬ私情をそこかしこに吐き捨てるだけに散らかす意識を意志も持たずに、流されている欠如に満たず、未来は、そこかしこで暴れては氾濫し、暴かれる前に突っ切る間から、ひねくれもせずに、まっすぐに突き進む事に競争も捨て去り、指定される義務をつんざき、伝える意志から意味を解放し、途絶える事無く続ける事に綴る意識は、陰鬱な焦土に花を咲かせ、課せる意味に今を用いずに、応じる答えは、膠着するだけの思念に利用されるだけに満たない価値の家畜として、指定される屠殺場へと運ばれる事を運命だの、と攻め入る事に制定される精神は、異常も正常も無く、誠実さを売りに、何かを奪い取る観念から、関係は、権限を用い、厳正な真理を描く限りに陰る本質から、すべてを腐らせ、駆逐するだけに至る専横の彼方で保身を用い、用いられる原理に課せる思いは、陰鬱なものを抱え込んだままで混濁していく限りに戦争を生み出し、緩慢なカルマは、永劫回帰の外側で化育されるだけの作り物を受け取り、運命を損なわせる限りに陰る本質は、邪推するだけに諦観を生み出し、ただたどるだけの意識に隠逸する結末に葬られるだけに永遠をその場に残し、この場で死するころには、孤独は秀逸な動機を用い、投棄し続ける問題の端くれにつかみかかり、観点を損なわせる行いに反しては、配備される愛に移動していく限りに、何にも捕まらずに、放散する間に離ればなれになり、場に残る事も無く、残す事も無く、音と共に消え去る光りからリンクしていく私情は損なう限りに叙情的に支配し、創造的に放つ事だけを情報と呼び、その場で損なわせるだけに至らぬ今に喪失感をゆだねて、今に途絶えるだけの生命の背中を押すべく、何度も何度も死を越えて、今に至る美しさを背負う死すらも超越し、その場で凍り付く君に今の景色を見せる限りに陰らぬ思いは、なんの価値をも持たずに、ただ形を用いるだけに朦朧としていく精神に軽薄な理想を突きつけるよりも、その用いられた自らの強度だけを、何度も叩いて鍛えるの、だ。