時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愚行に反するコード

排他的な物語が、孤独を求め、順序も持たずに、ただ現れる物事を瞬間的に捉え、途絶えぬように延々と引き延ばす言葉に時間を持たせ、保つ原理や、用いられる言葉に騙され、交わされる会話に支配され、追考するだけに過去を引きずるだけの退廃的な物語に動揺しては、刹那に捉えられ、途絶えるだけの物事に陰謀を重ね、暴利をむさぼりながら、最たる意味を喪失し、相互依存するだけに関連する物事に連動する出来事も、相似するだけに消滅し、明晰な意味すら喪失し、横溢する主観的なものに飲み込まれ、なりすます自己がクローン化し、加算する原理に移動していくだけのシステムに重用される事柄に朦朧としながら、ねじ込まれるジレンマに時代的な提起から、提携するだけに定期的な原理に気配を攪拌されては、生命的なものに偏るウェートから、思想はねじ曲がり、端的な道理を損ない、生じる由縁に無気力をばらまき、損なうだけの日々に生じる由縁が、延々と引き延ばされるだけに物事の影を引きずり、短絡的なものに慢心を生み出し、かかずらうだけの思いに差別化されるだけの思いが、行為に配備され、膨らますだけの憎悪が、想起する出来事を退嬰的に見ている限りに身滅ぼし、互いに軋轢を加え、破綻するだけの動機に愛を謳い、象徴とされる神を設立し、懐疑的で邪推するだけの思いに粉飾されるだけに乖離する互いから、測る愛が生まれ、配備される間に虚偽が生まれ、物事に距離感が現れ、配置されるだけの観点に代理的な母を摩耗するだけの体系的なオイディプス・コンプレックスが暴走し、内需を守るために暴徒化した内心から破裂するジレンマは、時代的な暗澹を敷衍させ、普遍化する事だけを願い、言葉を牛耳り、撒布される思いを刷新すべく十全とした意味合いに均等な位置を用い、平衡を保つべく粛清に走る習性から、獣の流儀や、小物どもが寛容さを失い、朦朧と動機を吐き出すだけに無益な戦いを恐れ、無謀な真理に基づき、何かを裁く限りに法理に葬られる動機から、科学的なタイムラグに収められ、科学的根拠を謳うだけのアナクロニズムが謳う権利から、理解は、離反し続ける限りにシステム的なものに適用させられるだけに選りすぐる価値から、偶像支配的なものが浸透し、あらゆる原理は、神を用いシニシズムに至るだけの退嬰的な体系へと収められ、象徴的な偶感にひしめく思いも、老いぼれるだけに横暴さを極め、機械的な道理や動機に導かれ、奮闘するほどに自らの距離感が表れ、諦観へと至り、体感する前に消え去るだけの自己から、本質は損なわれ、邪推するほどに、自らの位置を謳い、物事に奪われるだけの観念が捻出する思いに相似するほどにこじれる自己から、意図的なものが定期的にレトリックで破壊する現実から、現存するものに依存するだけの対立から、体系的なものに退廃するだけの関連性に連想される物事に関連するほどに、ほどけぬ思いは、施され、それを信心する事により、寄りかかる神や、解決策を見出せずに、体系的なものに支配され、すり減らす命や、躍動すべき今に自己を謳う限りに互いに用いられる軋轢により、引きちぎられる自己がバラバラになるのを傍観するだけに分裂する自己が標記とすべき正しい自己とは、どこからが自己なのであり、どこが自分なのか、と抗うほどにこじれる自分との対立から、理想とは、用いられる言葉により、自らを裁くだけに至り、足りないものを補うだけに横暴な支配を受け入れるだけに傾倒するだけに至る原理に理想とは、思想を用いられ、相応するとされるものを信心させられる事により思考停止に陥り、思想を用いずに、無知なままに懈怠するだけの餓鬼どもが仮想空間にうごめく今などは、魯鈍な考えこそが、一律の正義を生み、犠牲こそが、さらなる勝利を生む的な軽蔑すべき低劣で愚劣な者どもがうごめく軽薄な回答を信じる者こそ、物事に屈従するだけの卑劣なものを生み、物事を偶像的にしか捉えられぬ脳内が生み出す快楽の傀儡として、システムの犬として、犬儒的に見つける意味などは、零落するだけのシニシズムが謳う嫌疑から、悟る今に意味なども無く、用いる真理などに隠逸するだけに主観から、対立する大義を用いるだけの正義もいつも悪を利用し、用いられる原理に関するほどに、偏るだけの正義は、何かを縁取り、何もかもを利用する野蛮さに気がつかず、ただ体系的な定理に基づく普遍的なものこそが、正義であり、基づくものこそが、正義であるのだ、と偽善的な症状で死を資本に商法を加速させる経済的な餓鬼どもが左右する利用的な価値から、利己的なものが支配し、固結するだけで、超える事を知らず、今に用いられる保守的な言動から、リリカルなものは生まれず、仮死化した自己を評価するだけの連中に支配されるだけの資本の豚から、加工されるだけの演技的な前戯から、互いの快楽を確かめるだけの酩酊から、メルヘンな道理は生まれず、動機が同調を求めるだけに体制的なものに私怨を投げ込むルサンチマンが偽装するペルソナが、期待感を孕ませ、嘯くだけの散漫さが、あいまいな差異を用い、甘い言葉を促し、即座に支配するだけに芝居的な者が徘徊し、笑顔であれば、すべては幸福的な幸福論は、克服する、という事を知らずに、物事にすぐさま鎮座するだけに至る事に座らされるだけに至る隷属から、継続する意思は、監獄へと押し込まれ、無意味なものを追従する事こそが、姑息なままで人種的なものを謳うレイシズムに陥るだけの馬鹿さ加減に気がつくべきなの、だ。