時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

彼女の寂寞

私が見たものだけが正解だ、と彼は告げた。途端にほぐれる空気感がこの身を包み込む。永い冬を越え、自覚する間も無く、未熟な春を越え、熟知する以前に無知である私を取り入れ、癒えない身体が空虚な五月雨に犯され、迎合されるだけの真理を描く無垢な夏空に永劫も拓け、感応する間にひずみが生まれ、ドメスティックな秋が寂寞をくすぐり、猶予も残さずに後続するものが、君の永遠性をしのぎ、あらゆる論理に緞帳が下ろされるころには、孤独な四季も失跡し、刹那に嘆じる理由も、願えば願うほどに健気さも無くなり、この分裂する対応から、集積する四季の夕暮れから、解析すべき心理状態に受胎する記憶から、固執するだけの鬱々とした観念にねじ伏せられる以前に老いるだけの思春期の経路から乖離して描くべき意味も、今に瀰漫し、頓挫する面影に定理を残し、私を引き裂くの、と彼女は統合される以前に理解から、遠ざかる破壊的な自分と、差別化するだけに体系的なものに裂かれていく自らの境目に瀰漫する記憶に沈み込むだけに、暗鬱としたものに兌換されるものを価値として、投影される形に収まるだけの機械的な意思から、陰鬱な答えに裁かれるだけに、束ねる思いは、ただ暗鬱なものを吸収し、疎外感を蓄えるだけに、孤独とは、マイルドなものをため込まず、ただ体系的な権威に演技的な自己を疎外させるだけの孤独感を媒介させ、制圧されるだけの利己的な自己から、利潤を求めるだけに純粋さは疎外され、想念が描く創造的な補完から、間隔は、次元的なものや、空間的なものや、時間的なものを難敵として捉え、焦燥感に至らせるだけの悲劇や、ノスタルジアや、能動的なニヒリズムやヒステリーが支配し、邪推するだけの思いが、この面影にこじれ、行く末に不潔なものを展示させ、定期的に自分自身を責め立てるまにまにセメタリーへと追いやるだけに自らの意思とは、生じる以前に言葉を勝手に信心し、信仰心を蓄える事により、自らに頓挫し、咎めるだけに統合される事柄だけを心境に屠らせ、正義を偽り、演技的にせめぎ合い言葉が瀰漫し、美醜を携え、修正される事柄だけに定期的にせめぎ合う理論的な恒常性から、昏倒していく意識は、私と彼との互換を終え、互いを補完させる事だけにジェラシーも消え去り、十代の終わりを徐行し、大人など、と魯鈍な者が騙る傀儡的なカタルシスから、乖離していく意味合いに淫蕩な歴史が頓馬なものを運び出し、出し抜ける事を恐れるな、と資本主義的衆愚のアイテム化を推薦し、衰亡する先にリアリズムは斡旋されるだけの関係に唾棄される事柄だけを受け取る報うだけの身体に補完されるべき理由も理想論を促すだけに明け暮れ、空洞化していく意志から、陰鬱な衝動を携え、持つものだけが、対象を与えられ、意味に席巻される前に尖鋭的に求め合う儀式的に傷つけ合う事から、依存的なものが増していき、互いを苦しめるほどに愛は増えていくかのように思うだけの依存心から解放すべく、愛するとは、互いを思うよりも、咎める事に脳内は快楽を加速し、ドーパミンを放ち続けるだけに秩序も無く、互いが互いに閉ざされていくだけに代償を求めるだけの互いは、ちぐはぐなものを重ね、漠然とした意識は、アイロニーを重ね、補完し合うかのように思えるだけの愛に対価を求めるだけの犠牲的で偽善的な抵抗から、提要とされるものなどは、問題視すらされずに、些細なものに戦き、応じる事に欠如を孕み、結実していく先に続くだけの意志が備わらなければ、私の思いは、諦観に至るだけに浸る憂鬱に支配され、記号化し、酔いしれるだけの憂患から、誘導されるだけの互いの思いに摩耗され、思う事すら不自由に感じるだけの管理的な支配を受け入れるだけの愛に愛は病んだ対象に退行し、対等さを謳い出すほどに、対象を差別化し、侮蔑し、分別し続ける先に定理は生まれず、ただ阻まれるだけの関係にアレルギーを重ね、相対するだけの自己に帰巣すべきなのに、私は、私を乖離させ、懐疑的な身体に入れ込むべき愛を損ない、「ただねじ込まれるだけの」退嬰的な問題にモノクロームなものを重ね、捉える以前に懐疑的な私の細胞のアノミーは、ただ暴走し、傍観するだけのこころに利己的なものを用い、物事を支配的に妨げる間に独裁的な主観を用い、感覚を奪い、観点を疎外し、最たる意味を加算させるためにためらう思いが牛耳る先に訂正されるだけの空間的なちぐはぐさに破壊されるだけの自己を傍観し続けるためだけに、妨げられる心身に因子を持たせるだけの彼の利己的な利用から、止揚されるだけに便宜的なものが私を支配し、関係性に根ざすべき弁証法的な互いの関連から、疎外されるだけの傍観者としての自己の中の自己から、連動していく懐疑的な乖離を「終えた」自己から、孤立していくだけの私という他者に媒介していくシステム的な憂鬱がゲーム化し、仮想世界へと進行し、背反し続ける先に痛点も無く、ただ妨げられる身体が、多目的に羽化し、目的も無く飛び交う間に怠惰な他者から放たれ、私は私の中で分裂し続ける。