時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

終わりつつあるもの


 吹鳴なびく永遠性から、背反し続ける淵源から、不当なものを懶惰なもので染め上げ、晴天を目指し、退行する意識を超越し、折檻されるだけの雰囲気に砕身する現在に偏執するだけの邂逅から、観点に疎外され、短絡的な動機に生命的な現時点に乖離していくシステム的な疎外から、整然と加速する形あるものの周辺で終わりだけを目指すのだと謳うだけのニヒリズム的な価値観から遅効していくだけの倫理から理性は、開示されるだの物事に闖入していくものが、身を隠し、攪拌される半径に陥るだけの影から毎日は操作されるだけに至り、いたわるよりも、互いを痛めつけるだけに明けくれ、空虚さを加速させ、用いる倫理で託つ端々から、囚われるだけの意思は、物事に堅持される間に空虚さを謳い、寛容に世界を捉え、途絶えぬように続ける意思から、劇的に飛躍する現在に用いられる悪に倦怠感を抱え、ナショナリズムをすり込まれ、元は無いはずの価値を植え込まれ、運命的なものに疎外され、普遍的に生きるのが、いちばんの逃げ道であるとは知らずに、頓挫する意識的なものから疎外されることの恐れにより、よりよい価値などを謳い、偶像崇拝へと至る傀儡どもの至福から、マインドに攻め入る体系的な位置に独善的に支配する前衛的なものから、前掲が攻め入り、制限を用い、物事を支配的に占領するだけに憧憬するだけに至る逆進性から、真偽を用い、真理を謳うだけの思想的な思考停止から、心情は韜晦し、独占されるだけの愛に支配され、芝居を続け、綴る意識は、相似するだけの物語の中で保つべき均衡などを謳うだけに暴徒化する思念が、抑圧されるものへの反抗を謳い、背景に処される罪と罰に連綿たる私情を相互させるだけに依存的な関係にねじ込まれる辺りから、欺瞞を用い、憤懣を謳い、運命的な同一化を謳い、恬淡としたままに受け取るべき対比から、退嬰的なものに組み込まれるだけのノイズから、能動的に配される懐疑的な間に生まれるジレンマが、時代的な暗闇に攪拌され、配膳されるだけの意味をむさぼり、無感情なままで受け取る簡易なシステムから、安直な者が生み出す悲劇から、悲観するだけの連中が謳う演繹から、婉然に長ける思いは、美麗なものを育て、ただ創造的に至る知から、幾ばくかの苦しみは、幾重にも絡まる現在に天命を用い、持ちつ持たれつだと伝える欺瞞から、不満足は加速し、歯がゆい意識は、諧謔すら用いずに、逆心へと至り、伸縮する命は、縮み上がるほどに、自らの絡まりに耐えかねずに果てる現前にシンクロする行為が、窮乏を謳い、自らのジレンマへと加速されるだけの痛みを加工し続け、自らのルサンチマンを完璧なものへと育て上げ、抵抗性は、テロリズムへと変化し、変性し続ける意識は、退廃的な暴力の無記名へと変貌し、安易な支配から逸脱すべく、すべてを暴力で加工する本能に純然として従うだけの者に軋轢すら無く、ただ破壊的に至る現状に言動は、リビドーを超越し、超克された苦悩は、定めを持たず、ただ暴力的に執り行うロジカルな路上から放たれ、意識的な戦争へと飼い慣らされ、些細な物事を破壊し尽くす限りに汚いエゴは無くなり、ただ純然たる抵抗性だけが、自己の中で孤立していく。遮られる幼稚な俯瞰に迫る空虚さが環境的な快楽を用い、十全とした快楽こそが、暴力への一途な申し子を生み出すのだ、と妥当な位置から、知性は誓いを持たずに、ただ近いだけに距離感を持たずに、同一化を目指し、自己を奪うだけの簡易な支配から、専横される意識は、自らの意思を持たずに、短絡的な暴力へと加速していく。若いほどに結ばれる暴力性を謳うだけの表面上の大人が支配する過程に偽善的な正義が、体系的な契機を用い、普遍性へと倒錯させ、等位を用い、空間的なカーストから、陥る闇に気配は攪拌され、あいまいなままに備わる意識的な差別化から、侮蔑されるだけの意識に寛容なものなど備わらずに、体制的なものへと疎外され、聡明な意識を持たずに、浩然たる意識で受け取る過程などは、どれも遅延させるだけの概念を授けるだけの教育的なプログラムを蛇行し、行為に純然たるものを用いずに、十全とした意思を持たずに、ただ安易に受け取り、多角を知らずに、開示されるだけの意味に明け渡す心情などに投影される物事が、統制されるだけに受け入れる価値などの家畜として、聡明な意志を持たずに、ただひとつの力へと喚起されるだけの帰還に促され、ひとつの力へと帰り着く間に用いられる権力に加工されるだけの品位に支配され、芝居を続ける辺りに綴られるものなどが、魯鈍なものを謳い、用いられることに飽き足らずに、支配の速度を上げるだけに、この形だけの国家などは、終焉を迎える。