読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

外圧に屈さぬもの


 歩む寄るものが、静謐を伝え、貴く結ばれ、互換するものが、完全性を求め、制圧される夜に迫る余韻や、因果律を踏みしめ、改ざんされ、邂逅し続ける後から正道を迎え、戒律がせめぎ合い、傲慢なものがさなかでする深夜へと帰巣していく意識が、整容され続ける後から、得るものとは、複製され、復命を叫び、蔑むだけに至らせるような悲劇的な交錯から、等差を用い、対立し続ける先に粛清などを用い、魯鈍なものを、革命へと陥らせるだけに、憂鬱へと敷衍していく数々の痛みが瀰漫し、不満足を謳い、用いられるものへと排斥される淫蕩な季節や、隔世の感を用い、サイクルをすさまじい速度で送る間に住まう結末へと心情は帰依し、快活な動機を失い、道理を用い、謳われるものへと蔑む間から、あいまいなものを厭わしいものに変え、課せられる動機へと硬化し、かかずらうだけに、関係性に制圧されていき、圧壊していく意識は、悲鳴を上げ、現在に迫る荘厳な輝きにきらめき律動する音階を昇り、ガイダンスに従わずに、自由に踊る素晴らしさや、未熟な思いを昇華させる創造的な横溢から、修正され、和むだけに、薙ぎ払われる位置的な意味に疎外されるだけの自己に高尚なものなど無くすだけに注がれる苛烈なものが用いる現実的な証拠が、今を傷痕に変え、快活な動機を忘れ、漂う意識へと優劣を決め込み、陥れられるだけに、抵抗を用いずに、ただ、流される快楽を、受動的に執り行われるものだけを、快楽として捉える先に現れる形式的な苦悩から、苦痛は、ますます増える一方であるし、一方が偏り、示されるものへと、閉め出されるだけに、兌換されるものが、今をせき止め、生命を奪うだけに、形あるものへと独善的な滞留や、戒律を生み出すだけの痕跡に混在していく意識的な迷妄や、摩耗していく精神に印象がとろけ、統括されるだけに、回答を求める偽善的な夜が、停泊する余韻へと衰亡していくだけの位置的なまがい物や、屈折した動機へと屈託無く笑う無理強いな感情から、疎外感は加速し、足かせを現在にはめ込み、阻まれるだけの意識は、端的な理由を損ない、相似するものへと感情を咎めるだけの恒久的な魯鈍さを加速させ、今に操作されているという疑問すら用いずに、ただ、従う快楽から、従える意思へと聡明なものすら無くなり、内外に果てるジレンマや、惑わすだけに、間違ったものを愛し、貫く意識が、形式的なものへと陥るだけに、偽善的な余韻や、印象に統合されるだけに、統括される意識の正常さを謳うだけの政治的な正否から、疲憊していく意識は、貧寒なものを溜め込み、体系的なものへとおののき、応じるだけの答えへと折檻され、寂寞へと回答は、誤解を用い、改善されない痛みや、ギミックに加速し、斡旋されるだけの正義や、猜疑心を用い、最たる意味を損ない、苛むだけに至らせるような統合から、投影されるものは、日向で、嬰児のように扱われ、競合するものをとどめ、今に自己犠牲の精神を用い、罪と罰で物事を占領し、有する過程に用いられる偽善的なものへと編成されるだけに、偏執していく意識が、回遊し続ける先に現れる詩的な交換から、交流を深め、言葉が魔法に変わり方方に走り去り、具現化をほどこされるほどに、おぞましいものや、やかましいものが、今をおののかせ、こじれる意図や、誇示するだけに、硬化し、超えられるままに、固結するような要因にひしめく数々の代償や、幽境に至り、開花するまで静寂と交わり、交わる先に現れる微かな快楽が、対象へと反響し、リリカルなものを成熟させ、静謐へと敷衍し続ける思いが、籠もる先々で、永遠性を与え、制度を超え、汎用されるものへと統合されるだけの意識的な接続を取り外し、快活に生きるとは、誰にも何にも左右されずに、用いられる善悪に反抗し、行為にもとづくエレジーに引き離され、悲観するだけに至らせるような動機へと拗れるだけに、大抵の意味は、退廃的なものに変わり、利己的な支配に応じるだけの答えに固結し、欠乏していく意識へと氾濫していく苦悩が区域化を施し、区域ごとに境界を作り、物事を距て、その場限りの法を運び、罪を流動させるだけに、意識的に加えられる罰が、快楽を用い、傀儡と化するだけに至らせるような人間的な傀儡が、懐疑を用いずに、愚鈍な者ほど、動かされるほどに、言うことを聞き、危機を感じ取られずに、止めどなく流動していくだけの意識は、ただ、場所場所に与えられる戒律を、快楽的に捉え、麻痺した感覚が促す正しさを強調するほどに、贋物の倫理を掲げ、何かをリンチし、理想を供給するほどに、普遍的な悪魔を飼い慣らし、開眼すべき今に見るべきものも、ただ、何かに買い取られ、飼い慣らされている、という欠乏から、結合されるだけの意味へと代償を求め、領域に現れる不謹慎で、不潔な統合から、傲岸不遜なものを生み出し、未熟な観念は、仮想するものを信心し、思考停止に至るだけに、偏った思想を似たり寄ったりのものへと変化させ、変化しない毎日に移行させるほどに、接合されるものが送り込む遺伝的な情報へと占領されるだけの圧迫感に寂寞は、正常を謳い、ほどこされるものへと同化していくだけに、区域ごとに生まれる善悪が、今を阻み、誰をも受け付けずに、自らの孤独な占領下に置かれる意識的な孤独へと疎外感を溜め込んでいく。