時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

空間で処理されるもの

あらゆる権力は、ひとつに集約し、同じコードで、あらゆる意味は、ひとつの中身に、様々な生み出し、確かなものを、今に含ませ、意思を歓喜に至らせ、狭い価値を飛び越え、ひとつに偏る意味を超越し、今と調和し、想起するものが、永遠性に旅立ち、重なる意味に集約される世界の主役として生きることに、観念はぶつかり、先々で別離し、復元され、複製されるものに束縛され、意思を失い、今に跪き、自らの意思を見失わせる。短絡的な動機は、一切の家畜として、価値観を報じ、やがて意味の中に封じ込め、佇む様子に因果を巻き込み、時間の中に収納させる。存在にまとわりつく動機は、行為に引きずられ、確かな意味を失い、意思をないがしろにする。保たれる均衡も、用いられた意味に駆逐され、原型を失い、寂れた記憶の一部始終に、悲しみを当てこすり、行為に批准を承認させずに、消化しきれぬ思いが、今に磔にさせる。空間の中で消費される君が所持する空白に詰め込む意味が混み合い、今に寂寞をつなげ、倦怠感を促し、意思を束縛させる。足かせになる精神を引きずり、生死を謳い、爆砕される真理や、審議を尽くさずに、もたらされる答えや、用いられる答えに屈従し、先々で朽ち果てるだけに至り、いたわられずに、求めるだけの精神は、正義を謳い、謀る先に現れる屈辱を伴侶にし、憎しみを増加させ、ケバい道筋を進み、自らの残虐性を加速させ、制限を用い、憎しみを倍増させ、征服欲や、成否を用い、自らの清貧さでもって、何かを差別的に処理する過激なミニマリズムが、余計に邪魔な概念を持ち込み、自らをくたびれさせる。提示されるだけの生き方を生きるほどに、ステレオタイプなものが暴走し、妄想を続けるほどに、補填される苦しみが、屈辱に耐え、対価を求めるほどに、補填される時間的な論証から、更迭される意識は、行き場を無くし、ただ流されるままに、行き交う意味が交差することを、生きることとして捉える先には、誂えられた金言などが束縛し、そこに失望を生むだけに至らせるような制限から、生死は、文字上でむなしく泳ぐだけに至り、代価を求めるほどに、代償を用いられ、そこに解消されない苦しみを巻き込み、住まいを失い、奪い合う価値は、運命論的な抵抗から、定理にもとづくエゴと永遠性にもとづく真偽に重なる動機が、不純物を生み出し、無神経な接続から、静謐なものを損ない、そこに行いを巻き込み、混同する意識に同化するほどに、迫害される真理は、神経的な疎外を受け続け、孤独感に苛まれ、最たる意味を損ない、そこかしこで屈従するだけに至るような絶望感に貧するだけに、必要とされない悲しみから、悔悟をため込むだけの罪の意識から、位置づけられぬ乖離から、懐疑的な日常に貧するだけの価値観の喪失などの苦しみから守るための、自らの硬質化を続け、つたない意識に迫害されても尚、自らの意思を強調し、反するほどに、自らの力が増幅し、幸福論などを打ち倒し、疑念を孕んでも尚、懶惰に陥らずに、自らが与え続ける影響だけが、今に反響し、確かな音に変わり、未熟な思いを消費していく先に根幹を腐らせるだけに世界観を破壊し、はびこる悪意に旋回する動機が自由を謳う以前に、確かな自己に帰り着き、度重なる苦悩に完成されない意味から、価値とは、すぐさま崩落し、そこに法を巻き込み、我が物顔で支配を続けるだけの権力へと緩衝できずに、応じる苦しみを増加させるだけに至らせるような悲劇へと加速していく義務的な観念が想定するだけの理論上の襤褸を着込み、観点を疎外させ、陥落するだけの情報的な孤立から、行動は抑止されるのだ、と惰性な位置から、意味を引き出すだけの理性的な完結が生み出す感情論的な論難から、内情に響く苦悩は、行動に軋轢を加え、自らの冷静さを損ない、そこに与えられる影響に巻き込まれ、感情に操作され、差異を冷静に捉えられずに、怜悧な意思を持たずに、厳令に支配され、自らの意志で物事を正すことにおののくような苦悩を駆動させる先に朽ち果てる意思は、大義を失い、互いの大意に反し、訝る先に生み出される苦悩に受肉されたものを育て、崇め始めることにより、始祖のものに屈従し、自らの重篤さに気付かずに、規制のを受け入れ、既成のものに支配され、芝居を続けるだけに至らせるような状態に陥ることにおける情緒などを損ない、即席の自由に奪われる観点は、即座に孤立し、膠着し続ける先につたない意識は、代償を求め、今にとがめられるだけに至る。