読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

妬む前に折りたたむもの

戦場に居座る虚空から、空虚さを吐き出す子供たちが、孤独感を簡易に生み出し、配備されるだけの間から、簡易に作用されるだけの、懇意なものが、動機を奪い、選択させることすら許さずに、答えを用いる以前に、軽薄に作用するものが、意思を左右させ、最たるものを損なわせ、犀利に至らずに、ただ、現れるものを、そのままに愛するほどに、引き出されるものに誘惑され、劇的に迫る愛や、見るも無残なものが迫り、関わりを深めるほどに、互いの不潔さが目に入り、納得させまいと迫る先々で対立を深め、勘違いを生み、互いを咎めるだけに逼迫するものが、緊張感だけを加速させ、今に苦しむだけに至る。何を原因にして、今の緻密さに入り混じる対話や、退化するだけの身体が腐敗し、背景に動機が入り混じり、救いを求めるほどに、革命的なものが背徳を重ね、乖離し続ける余韻や、獰猛に迫る問答が、世界観を退廃させ、完結する理由もつまらぬ道理に囲われ、自らの意思を錯綜させ、短絡的なものを掲げ、道程を狂わせ、猥雑な意思がセンチメンタリズムを誘い、焦燥感に至らせ、加速する風景に追いつけずに、意識とは、今に保持するものや、意思に屈従し、誰かが騙るものに従属し、退廃的なモジュールとして、行き交う真理を干渉させ、あらゆる余韻にはびこる思いが枷に変わり、懐疑的な日常に混ざり合う行為が記号化し、安易なものを虜にすべく、起動されるだけの日々を取り巻くものが、人間性などを謳い、制度の中に流動する思いが錯綜し、操作されるだけの観念が、想像を操作し、歓喜に至らずに、コピーされるだけの感情が、常軌を逸し、交換され続けるものが今をはばめ、生き方などを謳い、自らを魯鈍な者に変え、かけがえのないものを互換させるだけの利用から、希望とは、偏った使命を孕み、意味から逸脱していく先に現れる普遍的なものへの従属から、十全としたものを孕まずに、吐き出されるだけの健気な意思は、快活なものを孕み、阻まれず、蝕まれずに、配される間に愛が芽生え、目覚める愛に奔走し、今に現れる確かさなどは、足枷に変わり、達する前に儚さを生み、ちぐはぐな思いは、動機を弛ませ、自らの難解さを加速させる。愛は、快活なものを生み出し、創造的な進化へと至らせる。現れる愛は、形に拘泥せずに、現れるものを、現れるままに愛することだけが、答えを乗り越え、現れる愛を、そのままに受け入れ、昇華する。愛惜に浸り、悲観するだけに現れる空虚さが、快活な動機を損なわせ、其処彼処に従属させられ、大義を損なわせ、最たる意味を喪失する。匿われる周囲は、存在すらも暗黒に変え、自己に現れる宇宙を飲み込み、はばめられる精神は、背反できずに、しあわせを克服でぎすに、軽薄なものが示す愛が不釣り合いなどを生み出し、得る、得られぬばかりを持ち出し、国を用い、何かを、そこにとどめるほどに、とめどなく補填される屈辱や、屈するほどに、埋められぬ愛などを求めるほどに補完されるものに飲まれ、自ら生み出すべき確かさを加工しては、従順な者だけが重要とされ、意味とは、自分で生み出すべきであるのに、他者が持ち出すものだけを信心し、答えを持ち出され、些細な動機に同化するだけの嫉妬だけが、いくつもの願いを踏みにじり、今を翻し、悲観する前に、未熟な現在を飛び越え、手懐けられる前に、懐かしむだけで、その場を超越できずに、重用されるほどに卑屈になり、塗り替えるべき今も、いびつなままであるし、やがて現れる苦しみに飲まれ、未熟な所以に課せられるものに悲観していく。弁解を続け、至らぬままに、訝り続け、つたない意思は、機械的な尋問を続け、今に模倣を繰り返し、過信するだけに至り、苦しみに折り返すものや、損なう先に証拠も残さずに、配備されるものにむやみやたらに作用するだけの並べられるものが加工された、堕落した感性や、関係が果たすものが乖離し、回帰するものが、反復を続け、合致しないからこそ、反発し、あらゆる理由にとどまらぬからこそ、生きている、と言えるのであるし、どんな生き方であろう、と反抗し続ける者は美しい。