読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

真実


 がんじがらめになる時折にひずむ彼や彼女の憂鬱とぶつかり合う表現が、創造的なものと合致し、確かなほほえみや、時々に沈む夕暮れに愚行が連なり、ここで引き替えられるだけの思いが代償などを持ち出し、何かを価値に押し込むだけに抑圧される精神は、被害者意識を加速し、自らの精神に正否などを促し、観点を疎外し、ここにあらがうほどに愚鈍なものに陥り、今に縫い付けられる痛みが悲劇を増していき、簡易な絶望に酔いしれるだけのペシミズムなどをポエトリーなものに変えるべく、ベクトルとは天からいただくよりも、ここに現れる点を結ぶための線を引くように綴るべきであるし、つむがれる言葉は、ここに関係を引き伸ばすだけの安易な観点をつなぐだけの鎖に変わるし、ここに昏倒するだけの意識は、代償を求めるほどに、元手となるものを求めるばかりで、他者とのつながりよりも、ここで安易に支払われるだけの意味と価値をつなぐだけの悠揚な価値に卑劣な者が生み出す意味に衆愚は促されるままに意味を履き違え、与えられる答えだけを価値と促すから、退嬰的な者に陥り、応じるだけの答えに引き伸ばされるほどに逃げる者を否定し、ここに現れるものを卑下し、批判的に迫る苦しみを敷衍していくほどに、魯鈍な価値に引き伸ばされるだけの苦しみを演じるほどに、絶望感とは増していき、不安を牛耳るだけの君の言葉に支配されるだけの意味を倍増させるだけに意味の中での苦しみを散漫に解消すべく、簡易な快楽が押し寄せ、意味の傀儡として、従うほどに魯鈍な者に陥り、応じるだけの答えの中で意味を探す傀儡としての役目だけを果たし、そこに生まれる体系が用いる答えだけに統合される事だけが、君の不安を意味の中に幽閉し、同じような意味の中で相似するだけの君と似たような形を愛するだけにあいまいな毎日にマインドは置いて行かれ、今に亀裂を及ぼし、そこに嵌め込まれる苦しみだけに起動する意味や、そこに力学などを当てこすり、ここに調和されない宇宙を想定し、君があふれた時が、宇宙のはじまりであるし、ここに交わる限りに何かにこき使われるよりも、自然に備わるままに運動的に解消し、今に適任しなくても、ここで分裂しても尚、正しさに寄りかかり、何かを正しいと謳うことだけが、あたかも正しいことにように容易に指図することが正しいのであれば、ただここで指図されることをよろこぶだけに消費する価値にカスタムされるだけの意思が思想を用い、何かを破壊するだけに転化していく意識的な汚穢に課せる罪から、機械的な安寧秩序を求めるほどに、魯鈍な価値に仮想される物事に与えられる価値だけが理想として扱われ、ここで囚われるほどに自由などを用い、何かを求めることだけにしばられることが、正しいのだ、とされるほどに、ここで左右される権利に理念を用い、何かを周到に操作することだけに専念する利権から製造される屈辱を執行していく罪の意識から、散漫に解消される意味の間に起床する価値も意味を拘束するだけに君を秩序の中で精神を孤立させることが、文明のあり方に示されるままに生きることをままならぬあなたを排除するための方法論が抱合する先々で欠如を用い、抱かれていても、何か寂しさを抱え、この場に残るものなどは無く、すぐさま離別し、ままならぬままに消え去るのが、ここに現れるいまここであり、ここであらがういまここも、ここが用いるものにより、あり方が変化し、今にあらがうほどに整序される意味が抱える罪の意識を排除せぬ限りにセンチメンタルに酔いしれるだけの安定を唱える秩序に反してこそ、ここに現れる弊害を取り除くべき意志を用い、何かを開ける鍵を探すよりも、ここで飢渇せぬように、飢餓せぬように示す間に現れる生命的な判断にこそ反撥し、ここに撥ね除ける意思的な現れだけが、あらがうという意味を知り、そこで反抗することが何の思想に汚される前に、自らを擁護することもせぬように示す間に現れる愛だけが意味を捏造しないように出迎える自分を作り上げられる以前に解消される概念や観念を打ち破る自らの疎ましさをも超える辺りから、本質のようなものや、真実のようなものが、真理を謳わずに、ここに現れる言葉だけが、自由をも超越し、ここに現れる苦しみなどは、すぐさま超克されるべき苦痛であるし、ここにある苦しみなどは永続せぬように身体は、確かな意味だけを繁用し、多目的に現れる答えに一途に立ち向かうようにできているし、そこで生理的に現れるものは、何かに反し、受け入れることなどを繰り返し、ここに現れる苦しみなどは瞬時に消え去るようにできているのであるし、そこで苦しむことにより、苦しみを伸ばすだけに至るし、ここに現れる苦しみに反してこそ、人間を超えて、自らに行き着くことにより、与えられた神を超えるのであるし、意識に課せられた苦しみを途端に超えて、ここに迎えるエンディングなどを超えて永続する命の先々ですべては調和するし、そこでよろこびあふれ、普遍的なものに偏執せぬように、ここに求められるものを超える者であるべく、修繕し続け、ここにあらがうことだけが、永遠性を捉え、耐えるよりも、今に現れることにしあわせなどは求めぬように、ここに思うべきことこそが、永遠性を捉え、途端に引き替えられる命を保つためだけに、意志を引き裂かないで、ここにあらがうことだけが、正義を超え、静謐で凄艶な時のすさまじい合流地点に住まいなどは求めずに、瞬時に欠乏しても、求めることもなく、用いられることもないからこそ、この命とは、何かに妨げられずに、備わるままを堪能する。