時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

過去から放たれる儀式

 
 瞬間的に流動する余韻から、陰惨とした欲を放つだけのエゴイズムへと加速し、苦悩に悶え、恬淡な欲そのものの語源をまさぐる過激な誘引から、アナグラムをたずさえ、ぼくとつとした者を攻撃的に染めるだけのキャピタリズム的な街に適合するために、無関心であり、誰もが裏切る事を前提に考え、敢行する先に現れるムードに飲まれ、自分で考える事を忘れ、さらなる恐怖に誘引され、因果応報などを用い、何かを裏切る事は、自らにいずれかは、帰ってくるものだ、と惰性な意識は、達する間に深まる意味との結合を求め、悶える意識は、煩悩に苦しみに、脳幹を泳ぐ深海魚や、偶像を退け、自らの意思を神に育て上げ、惰性なものを疎外する先に生まれる意識的な汚穢を取り除き、ロジカルなものだけが、正解へと導く鍵を、密かに偽造し、偶感に迫る贋物の価値に指定される義務から、空疎な意味をくゆらせ、空間的な紫煙に包まれ、都合の悪いものから身を隠し、空疎な意味を引き出すだけの卑近な価値から離れ、自らに組み込まれる意識的な汚穢や、感応する先に求められる差異から、様々な思惑がぶつかり、衝突を繰り返す事により、リアリズムは低下し、低劣なものを、真実として崇める先に生まれる状態から、連想するものは、所詮は、誰かの言葉を借りたカタルシスへと交換されるだけの制限を生み、世界に軋轢を与え、今にいぶかるいびつな原理や、意味に妨げられ、落胆するだけに至る余韻から、印象にとろけ、捏造される真理を持ち上げ、もたげる意識を押し上げる清貧な精神を求め、何かを捨てる事でしか、自らに気づけないような街に倒錯するだけの自己が、錯雑とした観念の中をさまよい、印象に統合され、用いられる軋轢に消費され、扱われる意味に買い取られ、悔悟へと至り、浸る意味に誘引され、査定されるだけの過去から、あいまいな今に削除されるだけの自己が諦観するから、と諦めに至るような作用をほどこすだけの愛などは、依然として幼稚な策略をほどこすだけの欺瞞を率いた、普遍的な価値こそが、理想であり、理屈を並べるほどに、魯鈍なものを率いて、悲観するだけの価値にカタルシスも施せずに、作用する意味は、陰惨な現在を昇華しきれずに、史観に汚され、今に擁護される動機に左右され、様々な思惑に対処される苦しみに慟哭し、シチュエーションに苦しみに空疎な意味に恨み辛みを述べ、濃厚な主観に現れる妨げと悲劇の交換を終え、横溢する苦しみが悲嘆に暮れ、空疎な面影に浸るだけの悲観の制度から、征服されるだけの精神は、正解を求めるほどに、他者から借りた苦しみを引き連れ、貧相な価値を持ち上げ、自らの価値こそが、姑息なものを飛び越え、自らに帰還するのだ、と妥当な位置から、引き取る意味は、悲観するだけの意味へとコード化され、圧力を加えられ、抑止する精神は、静謐なものを知らずに、途絶えさせられるだけに至る精神が促す嗄声や、性差を用い、高揚感を用いずに、一途に支払われる意味と、求められる代償が用いる借金を、絶えず支払うだけの義務感に苛まれ、境目を用いられ、行いを正せずに、ただ、わずらわしいものを信心し、損なうだけの意味を正すほどに、分断される意識は、自分から分裂し、無骨なものを用いずに、規律から逃げ惑い、交わる先に本質すらも濁され、認識するほどに、非道なものに至るだけの卑屈な者に変化し、変性する意識も、唐突な変異に耐えかねずに、自らを破壊するだけに至らせるような創造的な変化から、偏執するだけに至るような精神的な貧相さや、最たる意味を損ない、行いにジレンマを抱え、有徳なものに疎外され、うそぶく精神は、敬神へと至り、軽薄なものに迫害され、博愛的に至らずに、ただ、対する意味に対処しきれずに、苦悩を溜め込み、運命に引き裂かれ、自らの苦しみにリロードされ続ける労働的な屈折を鬱積させ、何故?と叫ぶ間に忠誠するだけの憂鬱から、引き伸ばされる苦しみに厭うだけに、血合いされる空疎な身体を傍観する分裂した自己から、教育により、カスタムされた思念は、利便性だけを求められ、屈従するためだけに、協調性などを用い、根幹が腐りきった道徳を用い、高徳なものを用いるほどに、高次に至らずに、悲観し、卑近なものへと陥り、信じている現在も、低劣なものをモニュメントに変え、何かの代償を拝むべき対象に変え、対象とするものすべてを破壊すべく、すべては、述べられるほどに、悲観するだけに至らせるような恐怖を培養し、まき散らすウイルスは、恐怖に雇用され、自らを捨て去るべき対象として、自己を補完するものは、その恐怖から解放される安心である、と強調するほどに、共感覚は、ねじ曲がり、まかりとおるものは、理解を得よう、と尊いものを捏造し、今に悲観するだけの原理を生み出し、利己的な者がはみ出し、見出した権利から、自己は、ふがいなさを培養し、理解を得ようと応用する意味は、高揚感を失い、ただ、束縛されるだけの雇用から、狎昵なものに変化し、拗れる意識は、誇示しようともくろむだけに、用途を失い、ただ、白白しくまとわりつき、悲観するだけに至る精神は、掲揚されるものだけを取り上げ、自らを統治し、斡旋するものだけを、真実として受け取り、今を保つためだけに受け入れる真実などを保つ事だけが、正解であり、逆らう事も知らずに、背反するから、攻撃的になるだけで、考える事もできずに、ただ、促されるままに流される事だけが正解を生成し、世界を保つのだ、と惰性な意識は、今に体感するものが、嘘を用い、モチーフとされる善意を信用する事だけが、答えを引き出し、今に引き取る意味は、直に正しさを思い出し、自らを育てるのだ、と惰性な意思は、今まで引き連れた意味を引き出すためだけに、ためらわずに何かを騙す事だけに専念し、それを保つ事だけが、あいまいな現在や、愛など無いのだ、と知ったような口をきくだけの惰性な者が示す顛末から引き取るペシミズムなどを鵜呑みにするだけの惰性な者が媒介するような世界からの疎外や孤立を嬉嬉として受け入れ、形骸化し、ゾンビ化するよりも、今に獰猛に、慟哭とながら、対立を続け、対比されるだけの感情から去りゆき、理解を得る以前に、一生につきまとう意味に孕む原理などは、所詮、今の回答に同調し、同化する事だけが、物事の真実に行き着くのだ、と妥当な位置から引き出した意味を解消するためだけに生まれた本質などは、何かに対して、何かを保ち、守るための口実に過ぎず、何かを保つほどに、答えとは、ねじ曲がり、偏り、何かを保つよりも、誰かを破壊し、誰をも受け入れぬように示す答えでしか無い事に気付くべきであるの、だ。その仕組みに気付いてこそ、今まで定義づけられたものから放たれ、離れる意識は、今になあなあにならずに、ならず者のままに余り有る現在を踏みしめ、自らの足音が、キュッキュッと鳴る音だけが、今に響いて瀰漫し、満足や、不満だけで、物事を彩るよりも、今に現れる平穏さを保つよりも、ただ、静謐である事に専念し、現れるものに対処し続ける清貧なものが、価値から離れ、今に連動する目的が、今を乗り越える事だけをよろこんでいる。