時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

同化


 地殻を動かすようなひらめきをたどり、網膜に退く運命を測るような出来事が散漫に消費していく過程や、今を邪推し、蜃気楼をたどるような朦朧とした意識に貧していく要因を取り除くような展開を生み、ほそぼそと補足し続ける先に転じて行く思いが限界を生み出し、短絡的な衝動や、有する過程に生み出される過ちや、あいまいで未熟なままなのが、この生命の起源を躍動させ、ここで行いを正すような動詞や、達観するほどに、物事とは懸け離れ、答えを追い求めるほどに、数学的な狂騒にみちびかれ、前衛的な改定を続け、不羈のままで異端的に消失していく現在に体制が生み出す苦悩や、改ざんされるだけの数多の理由に疎外され、壮大な理論にいたらずに、胸裏にひしめく矛盾に支配され、ここで浸透していくものが、意識を刈り取り、何かに勝ち誇るような日々から逃れるための軋轢を生み出すような容易な感性から、感触すらもなく、衰亡し続ける先に宿るあいまいなマインドが体たらくなものを生み、補足されるほどに道理とは、動機を失い、ただ、何かの奴隷としてはたらき続ける意志は、いびつな観念を操作し、陥落していくだけに指定された義務や、物質的に強請られ、誘導され続ける先に生み出される欲望が打算するものに勘案されるものだけが、自らが考えたことのように示す矛盾と、順序を虐待し、艱難辛苦を生み出し、苦しみを出し抜くことだけが、勝利の鍵のように扱われ、ここで渇望し続けるほどに、苦しみに隷属するほどに補填される哀れみも、どこか、悲しげなものを演じ、堅実を謳いながら、現実では、何かを騙すことだけが、自らの矛盾を削ぎ、同意するものへと移行し、依然として、主体とは孕んだ、懶惰なものに支配され、物事の暗礁に乗り上げ、能動的であればあるほどに増していく敵意や、そこで敵愾心を膨らませ、自らのルサンチマンの奴隷として反し続けるほどに、自らの意思とはそこなわれ、何かに左右され、何かを保とうともたらされるものに左右されるほどに、自らの意思とは、自らにより破壊され、そこで徘徊し続ける先にシステマティックなものとの一体化を求め、そこで同一化を施すほどに、本当のものなどは、能動的でもなければ、デリカシーもなくこころの奥にそっと入り込み、背徳を謳う自我に占領された儀式的な意識は、枢要なものをそこない、そこで補正され続けるほどに、矯正を謳うような教育がもたらす一体感が用いる快楽の傀儡として、システムに算用されるだけの数学的な乖離を施され、機械化していく意識は、儀式的な供犠として、与えられた義務のために、規律の怠慢さをかかえこみながら、自らの苦しみを信仰し、行為にもとづ整合や、そこで迎合されるものだけに通わされたものだけが、自らを正道へといたらせるのだ、という信じ込みから、思想とは、間違ったものをそのままに受け取ることだけが、あたかも自らを正当なものに変え、掛け替えの無いものを守るために摩耗する意識は、儀式の中で一大な快楽を受け取るために奔走し、自らが与えられる苦しみの分、快楽も増すという幻想を生み出す脳内でのはたらきのために、歯がゆい理想を企て、惰性に生み出されるものの中で嗄声をこぼし、昏倒していく意識の中で苦しみとは、聡明なものを捨て、ただ、そこで苦しむことだけに専念し、意識を捻転させ、そこで膠着するものを崇めたてまつる間に互いをとがめ、恨みを晴らすための道徳が今に迫り、欺瞞を用い、漫然としない意識は、親愛なるものを高らかに謳い上げ、そこで崇められるものだけが、真実を語るのだ、とうながすほどに、法則性にからまる矛盾していくだけの原理にもとづくものだけが、物事を確かなものに変え、そこで暗示され続ける意識は、犠牲的なものをかかげ、加算される苦しみの奴隷として、意識にむしばまれるだけの誰かの消耗品として、商法の中で司る権利を守るためだけに闘争を続け、保たれる理想は、もたらされる苦しみが生み出すちぐはぐな理想を保つためだけの戦争を続け、つたない意識は、汚いものを排除しようとすればするほどに、自らの醜さには気付かずに、誰かを排除する事で、自らの汚さを昇華させるような仕組みこそを変えるべきであるのにも関わらず、既得権のためにためらわずに理想を改ざんするような悪魔どもが巣くうような要因から逃れられずに、何かを理想とするほどに、思考停止に陥り、応じるほどに、答えとは、尊さを失い、ただ、答えとしてそなわるほどに、そこで遅延を生み、横行する時代的な策略から、情報が不法侵入を繰り返し、深層心理すらも破壊し、果敢に挑むこととは、何かから懸け離れ、掛け替えの無いものを倒錯させ、そこで生み出される快楽に従順ではなくなり、自らを喪失するのだ、というような哀れみを吐き出すような答えこそ迫害すべきである、とうながすような事務的な理想から逃れるべく、帰巣すべき場所も求めず、この空間に放たれた瞬間に愛することに怯えるようなジレンマを越えて、答えに従属しないで、十全としたものを重ね、掛け替えの無い自らに帰り着く。

広告を非表示にする