時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

流浪


 なぞる君のさりげかい再現から、原生にふれ、敷衍する時折に帰巣する面影にかげるための過去にだまされ、惰性でうなずくかけがえのない生活に参列する平衡する不公平こそが、自然の状態であり、そこに現れるエントロピーから離反し、漫然と浮かぶ思いが羽化し、奪い合うだけの日々は、何かにもたれかかり、誰彼構わずに、何かを奪う彼女たちの幸福などを、克服するために、幸せとは、測ることで現れるのではなく、何かを儚く思い、着せられたものや、履かされたものを脱ぐために労うのでもなく、デリカシーもなく、幸せとは、幸せの間に割って入り、幸せであることを保つために、追われる日々は、幸せであるほどに失う恐怖が増すのだ、とマストアイテムどもが、カタルシスをうながし、たたずむ意味にクエッションを投げかけ、かけがえのないものが掛け違えを生み、履き違える意味が、かさばるものを生み出し、原理的な苦しみや、制される意思は、精白なものを汚すためのダミーを爆砕するために保たれる均衡などは、季節的な節目に静謐を生み出せずに、奪い合うための理想は、理性を奪い、配される間に理論を競争させ、そこで強制される意思は抑圧され、うごめく真理は真偽を求め、弔われる日々に飛び交う思いに充溢するものがふさぎ込んでは、意識に混濁し、倦怠感が対価を求め、負担やフラクタルな犠牲や、偽装を加え、空白を埋める未練が、未来を束縛し、今を嫌いになるために塗り替え、現れる時折にあらわになるものが洗われ、確かな思いに足枷を嵌め、世界を閉じるための競合などを進めては、さえずる時々にちぐはぐになる思いがつぎはぎになり、担うための意味は、他愛ないものを愛でるよりも、利己的に変わり、理想は奪うための手立てを生み、空疎な動機に食い込み、混交する意識は、儀式的な生贄として、自らの幸福のために、何かに燃やし尽くされる。不器用に武装する心理は、信頼感を得るよりも、森羅万象を恨むだけの慟哭や、憧憬を重ね、果たされるための理由などを理想に、制される意識は、自らに制限を生み、意思を奪われ、猥雑な時折に比すための感情が、環境を持ち出し、何かを奪うために恨み、笑うために飛び越えることを知らない。濃厚に関わり合う所以にからまり、たちまちに現れる思いが蠢き、通り雨に濡れ、振られた思いは、お目当のものを見つけ、見つめる思いが空間を取り込み、共有するものを引きずりながら、悲観するために関し、保たれるものなどの虜にならずに、成し遂げるよりも、勝ち誇るよりも、自らが築くものだけを大事に撫でる。偶然をよそおい、自然を調律し、リズムを嗜む鳥たちの歌声が響き、緩慢に生まれたものが、確かなもののように崇められ、偶像崇拝を続ける。万物は蠢くようで、その場にとどまり、自らの永遠性に制限を加え、自らの苦しみを翻し、貧寒なものや、今に重みを加え、思い出とは、今を阻み、徒に現在を消費しては、たちまちに現れる苦しみを引き延ばす。禍禍しいものを従え、自らを論理的な住まいへと引き込むための力を加え、空疎な自分を利己的に消費し、短絡的な快楽のマントラの中でタナトスを育て、空虚感に鬱積していく心理的な狂騒へと舞い続ける意思は、ただ高まるほどに関わる苦しみに気配を牛耳られ、旧態依然とした街で犠牲的な観念を消費するための生産性から、整合される月日などは、意識の牢屋の中で生贄とされることをよろこびとして支配的に築くものにとがめられ、途端に横柄な苦しみを証拠に、生じる由縁に姑息なものを捉える途端に介する間に理解を求めるほどにエンディングに近付き、電子的な苦しみを加速させる加速器からカオスへとひたる先々で対立を加え、空疎な自分を足止めするためのためらいから、闘争へと投下される思いは、奔走を続け、ひた走るほどに汚され、軽薄なものを持たされ、もたらされる苦しみが動機を引きずりながら、悲観するほどに関する思いが受理するものなどは、今を裏切り続け、そこで継続される現在などは、存在を巻き込まずに、存在をおいてけぼりにし、応じる答えに引きずられるだけの過去にとがめられるために乖離していく自己を分割払いしていくだけの借金生活を重ねる存在は、今に行方をくらまし、空疎な自分に被害者意識を加速させ、今に枷を嵌め、配される愛の亜種として、普通を空間に嵌め込むための犠牲的な生産性から獣性を持たし、もたらされる苦しみを施術するための医師どもが徘徊する詰まるだけの空間などを破壊するためのよろこびで超脱する。