時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

なだめる先

 
 与えられた価値などは、ずっと未熟なままであるし、そこで与えられる価値などは、何かにあてがわれ、そこで補充されるための役目から関わりを深め動機に一律の狂気を孕んでは、ランダムな時折にひずむリズミカルな衝動や、そこで焦燥感を用い、一律の不安を生み出すためのデータに変換し、還元されるものだけが、そこでの価値を決め込む間に腐乱する主観は、死を孕んで、懶惰なものとして蓄積される恐怖に媒介し、恐怖を煽り、自らの不安を解消するために何かに同調し、結合する不安に複製される真実を崇め、自らを加工するためのデカダンスにひたり、貧相な価値におちいるほどに、自らを未熟なままに差延し続ける先に恒久的な苦しみを吐き出すだけの論理の犬として、流布されるものが使い古された誓いであり、そこに近付くものが権威を放ち、蔓延る悪意を捏造する間に描写は瞬く間に苦しみを廃し、愛することを誇示するために猛々しく騙られるものが法へと加工され、ここでの秩序を保つために存在に定立するものに健全さを求め、不健康に変わり、淫行を繰り返し、空疎な自分にひれ伏すためのコードから、行為は元々の正しさを引き取るほどに、今に痛みを引きずり、いぶかる先に悲観し、関するほどにわざわいをむすび、無数の真理は、進路を失い、自らの意志により倒錯し、投じられるものに意思を奪われ、今に虐げられるだけに痛む身体を引きずり、卑近なままに生み出される言葉により黙する精神は、正否を失い、受け止める善悪により、自らを熟することなく、ただ与えられる義務により屠られる身体を傍観し、自らの位置から引き出される苦しみを引き取り、今に制限を生み、限界を用い、持ち寄られる苦しみに貧寒になり、担う意味すら似合わぬままに着込んでは、混濁する意識は心情を濾過できずに、傍観者として、垂涎するだけに至る精神は、至らぬままに何かを食する快感にひたり、奪われる真実は、求められることにより効力を用い、行為に抑圧され、有する価値に痛みを重ね、懐疑的に至る精神は敬神に至り、今に形骸化し、外観を汚し、改善されずに、善意などを用い、何かに同情し、同じような痛みを分かち合うことにより増していく快楽に荷担するだけの傀儡として、与えられる義務の魑魅魍魎として、積み重なる義務により、犠牲を孕むだけの短絡的な人間としてタナトスにからまるだけの怠惰で露骨な快楽にひたる偶然を愛するためのオプティミズムを否定するよりも、そこで犠牲になるための規制を生むような否定的な観念こそが法や秩序を用い、何かを犠牲にすることで嬉嬉とするような鬼畜として、今をきつくしばることにより、増していくサディズムから、惨憺たる者を捏造し、自らの内部で燃えたぎる憎悪を育てるだけの餓鬼や、懐疑的な者を捕食し、自らのカニバリズムを収めるための怠慢な偽装を目論むルサンチマンや、蓄積される苦悩こそが、いちばんの餌である、と妄想する間に想定される苦しみをも超える何かを創製するために生産され続ける苦しみを快感に変えるための変換から編成されるものなどに断続する風景を引きちぎるような悲観的な緩和から、截然とした意識を配するだけの段階から、老けることを恐れるが余りに飛び込む君や、解除されるためにためになびくプラトニックな不備から、いびつな成因が用いる形式的な敬神が持ち寄る神などは、どれも同じような価値の中で生み出された打算されるだけの意味を汲み取るための緻密な屈服から、屈折するために生まれた意味などを崇めるほどに、そこでの魯鈍さを重ね、論難を生み出し、困難を与え、痕跡を追うほどに、応じる精神は、横溢する苦しみに飲まれ、自らの意志を損なう。
 フィナーレが近付く。粉塵に混じる絶え間ない人間的な臭気から、収益を求めるほどに液体化していく精神が提起するものなどは、定期的な慈しみを孕んだランダムな敬神から、権威的なものがかける橋や、体現するほどに、体感するものとの乖離を生み出すだけの現実性が生み出す制度などは、そこで制限を生み、何かを制することにより、そこでの権威を増していくだけに至るような権力的な統合をめざすための正常さこそが異常であるのに、そこで正解とされ、それこそが世界を保つための規律である、と宣言されることにより、間違いすらも正解だ、と崇められることにより、そこでの正解とは効力を増し、何かを抑圧し、そこで制限を生む事により増していく快楽を加速させ、誰もが何かを恨み羨むためだけに長けるものが精神性として捉えられ、囚われる今に補完され続ける苦しみを崇めるためだけに何かを崇め、うなだれるだけに至る精神は、今に関わる痛みに浸り、そこで引き伸ばされる意味に蓄積される苦悩に揺動され、腐敗していくだけに浸る痛みを倍増させ、改善されない痛みに関わるほどに非道な者として、血を求め、現在をさまようゾンビとして、亡霊として、あたかも生きてるように差し向ける間に生まれるものに枷を嵌められ、自らの不自由さを自らにより生み出すことだけが価値だ、と謳う。