時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

そそのかす


 通り過ぎていく風景は断続的で、印象に残るものすら、すぐさま影に変わり、徒らに現実を消費し、求められるものや、そこでとどまらずにうながされるままに、流れていく景色は、形式的なものを屠り、伝達されたものをまやかしに変え、あいまいに示唆するものが、システム的なものが生み出す強靱さや、仁徳などを謳うだけの論理的な構造に反し、やかましく移動する私は、制限を持たずに、短絡的な動機が植え付ける悦楽や、延々とひきのばされる快楽を推奨するような教育的な抑圧から、反証する意識に聡明なものを求め、用いられる原理に反し、かかずらうだけの意識は、いびつな物語を形成し、計画的に伴侶を求め、形骸化かするまで求められるだけの身体が空虚さをかかえ、イデオロギーを捨て、圧力に屈し、革命運動の終わりを告げられた人々の行き場のない怒りがフラクタルになり、暗い夜を形成するのだ、とまやかしの革命は、革命たることを継続するために時代に収納され、臆するだけの価値の中で、価値的な快適さを見つけられずに、制度の中で映じるものの中で演じ、緩慢に作用するものが、やがて正解という足枷を世界に嵌めて、蔓延る悪意を充填するためのアレルギーや、軋轢を生み出し、さえずる記憶にむすばれる時系列や、軽薄な論理をたずさえ、あいまいに始動していく愛との距離に迫る虚偽や、監査されるままに交差していく意識は、位置的な苦しみに保護され、ほつれるだけの意図は、いびつな精神構造を形成し、自らを分裂させていくよりも、ただ破壊するためのよろこびを摂理として出迎え、自らを壊す意思と、こじれる後先につまっていく傍観するだけの自己が何度もつまるような衝動に耐えられずに、自らを破壊するリズムを快適なものとして受け取るようなエンディングへと倒錯し、昇華していくことを異常なものとして受け取るだけの正常さなどは、そこで制される者と、捕囚として、バビロンの中で浪費されるだけの従属から、充実感を安易なもので加工し、ここでの哲学的なロジックの遊びから、負債をかかえた空疎な身体に補完される精神的な過ちを課せるだけの社会的な規律こそ、奇異なものであるし、あいまいに作動していくものが、今を機械的なものに変えるほどに、生きることとは快適という麻薬に依存していくのであるし、あらゆる原理は、アレルギーをかかえ、自らをかきむしり、何も食べられなくなり、何も着られなくなり、何にもふれられなくなっていくほどに増していく快楽が膨張し、無からエクソダスし、宇宙のはじまりを個人で生み出し、空疎な自分を補完するものを創造的なもので昇華させるほどに、些細な動機とは、浅いところで幼稚に泳ぐようなギミックから、遅疑するだけに至る現在に点在し、偏在していくだけの意識に位置をもたらす限りにそこでの擦れに耐えかねずに、体感するものすべてとの擦れを感じ、現実との擦れに放棄されていく存在が、瞬間に引き離され、引きはがされる次々に継続されるための存在は、そこなうための存在を次々に生み出し、模倣し、分裂させ続ける限りにつたない自分とは、存在の確かさの足枷を外し、世界を裏切り、うばわれるための存在を捨て去り、そこにとどまらずに、党派や、体制や、快晴なども捨て、同じおざなりなものや、もたらされる恐怖が立証する不安などは、そこでもたつくための精神にダメージを与えるために際限無く再現される苦悩を波及させ、閉じた精神は、いっさいの飢餓を生み出し、気配を奪うだけであるし、惰性にみちびかれる景色は、軽薄なものを幼稚に偽装しながら、しなびた意識は、見つからないものを探し続け、そそのかされた精神は、形式的なものをまやかしのように思うのだ、と現実とは、そばだてるだけの魔法みたいだ、といじらしく乖離していく戒律や、開眼するほどに、見ているものなどは、見積もられたものに過ぎず、そうであろう、と認識するほどに、実物とは乖離していき、見ているものなどは、見させられるほどに限界を持ち、求めるほどに、出来合のものを措置し、蔓延る悪意を継承しながら、粛清を続け、同じような要理の中で理性も持たずに、いっさいに修復される者が謳う幸福などは、構成されたしあわせの中でしか機能しないようなしあわせを持ち合わせては、確かなもののように体感するほどに互換される空疎な幸福の中で寄り添う確かな愛を形成できずに、そこでのしあわせとは、しあわせであるための規律が生まれ、しあわせであるために保たれ守られるものの中でしか、しあわせを体感できずに、それ以外を排除し、迫害することにより、もたらされた苦しみを何度も複製しながら、整備された現実などは、現実味もなく、ただ果たすための今を形成し、あたかも確かなもののように現れるだけにすぎない。