時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

交配


 愛し合っていた二人も、いつかは離れ離れになり、担う意味が価値を語り出すころには、愛は疲れ果て、つかの間に憂いをうながし、短絡的に同化する意識は、愛とは煉獄に変わり、対比される互いとは、退廃するだけに至るのであり、愛していた対象を愛してる自己を蹴り出し、短観に潜む連絡にひずむ動機が同意を求め、対価を用い、何かを価値として受け取るほどに、同率にならない二人は、緩衝できずに、衝突を繰り返し、自らを破壊する。快感が開花し、今に反響する愛が虚実なものをうながし、まがい物の事実を証拠に真実を奪うために真実を、真実では無いものに転化していく意識が形式的なものを放ち、同化するまでに用いる距離から放たれるニヒリズムや、悠揚な史実にからまる連立し、連関していくが故に苦しむのです、と語る女神の慟哭を聞き、飢饉におちいる世界は、自らの力を信じられずに、何かに寄りかかることにより、自らの重みにより、すべてを破壊してしまう、という結末に織り込まれる日々が同情を折り重ね、森羅万象を否定し、悲観的な道化として、仮想現実の中での原質を破壊するための呪詛を続け、滞積する事実が、ここで偽物に変わるまでの偶像的な支配から、偶然に疎外される辺りから、あいまいに悟るものが、利便性などを求め、制度の中で付着するものがフラクタルである以上、ここでは真実になりかわるのだ、とナショナリズムカタルシスをうながすころには、同じものを、同じように買い続けることは解せない、と内外にコミュニズムを設立し、ここで永遠に支配されるだけの脳内で依存的にまつわる出来事を崇めることだけが、愛なのです、と勘違いを屠るための規律をたちまちに生み出し、互いを奪うための規律から、奇跡的にぶつかり合う愛は、互いの軌跡を破壊するまで互いの愛を互いの身体を借り、傍観する。崇高なものなどはすぐさま果てるのだ、と蔓延る悪意を示すための等差から、階差を生みための史実から事実とはねじ曲げられ、連動する意識的な透過を終えずに、弾ける四季や、時系列にまじわるための計算式が儀式的に吐き出す答えから、乖離していくことに回帰していくための映像を断続させ、浸透するシーンや、摩擦し続ける意識的な履歴を捕食するためのコードから、自らを奴隷に変えるための迎合から、現状を破砕するような言葉を用い、いびつに整列していく意識との対立を続けるハーモニーや、配備される愛がファシズムに変わり、弾ける空間や、かじかむ瞬間に循環していく意識的な嗚咽が反響し、そこでの悲しみに永遠性を蓄えるような悲恋のコード化を終えた君は、過去の中に閉じこもり、怖じ気付くだけに至る。うごめく事実とは借り物に過ぎず、空疎な身体に嵌め込む主観などは、おぼえもなく、ただ過ぎ去るために倒錯し、探索を繰り返す精神も、いずれかは退廃的な対価を求め、開花をめざし、根ざしたはずなのに根絶やしにされるためだけに備わった供え物として、あつらえられた悲劇として、物質化するための犠牲として、落ち度を認めぬ正義の保身のための道具として、偶像を扱うための処理班として、都市間に埋めるための運命論や、星の間に屠られた身体を焦熱させるための永久機関として、飽き足り悲観したり忙しい人類のモデルケースとして、死の商人として、或いは、死を承認するものとして、認識を殺めるための初めての赤子として、凍てつく大地に嫌気がさし、散漫な形式に至るだけの偶然を支配するために保たれた制度の中でふやけるだけの身体を不滅だ、と崇めるほどに、自らとは簡単に処理されるための道具として、老いたら最後、捨てられるための遺留品として、いぶかるだけの欠如を埋めるための正しさの野良犬として、淫靡な結末に浸る悲観的な教祖として、位置づけられるものなどは、神を用い、ただ、そこに居場所を求めるほどに神以外を邪魔なものに思えるものであり、自らを信用しない限り、すべてに負荷を与えられ、怠慢な意識にカタルシスをうながし、ヒストリーに充満するヒステリーや、リリカルに躍動すべき啓示が維持になり堅持するものなどは、真理のような表情で、表現を孤立させ、蓄えられる思いが、処理されるために今に運ばれ続け、過去を過去として扱われずに、何かをあこがれている限りに陰る真実などをなぞるための事実を語るための機構などが、今を今として認識させるための継続を行うために契約を続け、軽薄なものを崇め、あたかも自分だけが正しいもののように変化を求めることに反し、全体主義的に延滞していくだけの意識が用いる変化などは、そこに与えられたものから逸脱できずに、何かを変えようと思うほどに、何かに変えられるだけに至ることを、変化など、と傲慢に語る。