時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

戻る

あらゆる差とは幼稚なものを引き出し、卑近なままに悲観し、関するほどに監視し、緩慢にむすばれ、厭うだけにいたらせるようなギミックから、期待感を孕ませ、憎しみを充填させるような戦争の音や、ちくせきされる苦悩のぬかるみに嵌り、あまりある時折に規制されるだけの真実や、深層心理を破壊し、肥大化する苦痛を通過し、加算される苦しみに去り行く日々に、保たれる形状や、経過していくほどに、枢要なものなどなく、論難などを生み出し、すべてを踏み台にし、複製される罪や、追憶に馳せる思いが、横暴に意識をすなどり、すべてを往復し、復唱されるだけの真実は、誰かが加算したものを横領し、応用されるだけの真実を打算的な発散し、はびこる悪意に従属するバビロンの犬が吠え散らかすネットワークの中で、強要されるものが、彼らの価値や、彼女たちの普通を強制するあたりから、全体主義的なものを生み出し、超監視社会を自らが形成し、自らをも苦しめるだけにいたるような、退屈な交換から、課せられる罪とは、依然として他者から借り出され、返却を求められ、つまらぬ域から、行き来するものが帰任するものが、あたかも正しいことを話し出すころには、真実などというものは、どこにも見当たらずに、ただ見過ごすあたりから、苦しみとは絶えず今を飲み込む。彼や彼女たちのあいだでは、道具のような愛が、偶像を生み出し、たしかに愛しているかのような、形だけを、一生懸命にたもとうとすればするほどに、すれ違い、その愛とは配下になり、いまにも崩れ去る。その儚くもろい愛につかさどるようなものが、横柄に今を支配し、いびつな観念を形成し、もたらされる苦しみを反復させ、現代社会を謳いながら、普通であることを、自らに強制するかぎり、自らを見捨て、あらゆる意味にがんじがらめになり、代償に、自らを意思をさずけるような、儀式的な苦痛から逃れるために、誰かに罪を被せ、そのものを生贄に差し出し、自らの痛みを昇華させ、あたかも浄化したようにごまかしながら、自らの正義を謳い、自らのルサンチマンを肥大化させ、自らが育てた怪物により、自らとは食い尽くされる。