時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

削除されぬ意志

計られた価値の家畜として、意味に従い、倫理観をうながすだけの意味を受理し、理解もせずに、ただ反さぬように、従うことに置かれる人間性などに制約や制度がからまり、理屈を謳う現在にもアイロニーが近づき、横溢する瞬間の言い分けが言い寄り、陰鬱な衝動を今に突きつける。あらゆる構図がセンチメンタルな感情と散じる間に滅ぼす環境との緩衝を執り行い、強制的に継続する意思が、散漫な理由を捕食するだけに空洞を用い、相互依存していくだけの生活から、簡素な理由を持ち出し、意思をすなどるだけに迎合されるだけの退嬰的な観念に継続していく意味が暗鬱さを携え、頭上で黒雲に変わり、止まない雨と止まらない雷を落とし続ける辺りから人間とは偏る生き物として、問わぬ間に滅ぼされるだけの心身に与えられた規律だけを支えに、些細な熱情を吐瀉し、恒常的な憎悪を肉厚に仕上げ、厳正な時に閉じられる行方に固執する由縁が世紀的な何かを受け取り、契約的な情念に躍動しない諦念を受け付けるだけの欺瞞から、不満足が生まれ、透過されずに、通過する外からの意思や圧力に屈し、屈折するままに曖昧な意味に飢え、運命に鬱血し、運動的な対立から、雲間に住まう転移する乖離した主体から、感応する粛清から、寛大な理論を用いずに、一律の恒常性に不穏な雰囲気をうながし、刷新されずに、十全としたものをほしがるだけの欲望の顛末から、かかずらう精神は聖域を利用し、ヒロイズムや、神話を利用し、領土に俯瞰を与えず、空間を指定し、そこに入れ込み傲岸不遜に統治し、独裁の一途をたどるころには、ことごとくは統合されるためだけに利用され、ためらわずにひとつの力に集約される表面上の綺麗な国は、冷酷な支配を元手に、国民を折檻するためにためらわずに奪う税から、毒素で囲い、道徳を謳い、尊さを利用し、領土を奪い、君の愚鈍さを誘い、加工される意思から品位は生み出されるかのように仕向けられ、指導者を謳うだけに運命的な何かは、淫蕩を繰り返し、草臥れた意思は、反することも忘れ、ただ従う意志だけに順序を与え、整序されるだけに静謐な思いは、横暴な支配を受け入れ、運命に魯鈍なものとして、指定される意味に陰鬱さをため込む。

互いを恨むためだけに装置的に悲しむ是非から、簡単な利用は繰り返される。加算される義務がギミックになり、集約される痛みを媒体させ、さらなる統治を反復させる。反響する反する意志は、疎外されずに、ただ自ら隠遁し、超脱し、超克すべく、苦しみや恐怖などは、今に認識するほどに増すだけに至り、辺りを攻め入る理由は領土を奪うためだけに対立を含ませ、複製される真理に誠実さを謳う限りに陰る命は、輝きを取り戻そうとせずに、設置される義務に鬱積する真実から、浸透する意味が白昼夢をさまよい、最たる意味の夢遊病者として、陰鬱な証拠を引き取り、一過性の真実から、心象は損なわれるだけの影にさまよい、温度差や、寒暖差に砕身していく間に緩慢な状態は条約を用い、公約を謳い、緩慢な犠牲心を複製し、複製される義務から幼稚なリミットを生み出し、擁立される真実は、形容される義務に囲われ、権威に牽引されるだけの馬鹿者や獣を生み出し、汚らわしい支配を受け入れる汚い者を生み出し、あらゆることに諦観を与えるだけに設立される衆愚が大衆を操作する。

緩衝する愛から、行為は純然たる様相を携え、怠慢な理由を超越し、延々と演繹していく間に生み出す愛だけが、恒常性を織り成し、応じる答えに反し、関する間に収斂される合間から愛だけが解き放たれ、ていたらくな理由にふさぎ込むだけに浮遊する思念は、最たる意味を超越へと誘い、途絶えぬ意思は、言葉すらも捨て去り、伝わるままを受け取り、運命的な回路を修理するよりも、今に擦り寄りこびへつらうよりも、自らの力で超越を目指し、人間からも超越するために与えられる是非にも反し、関する間に取り残されようがお構いなしに進むことに置かれる身体などは、ただ間隔に置いて老いるだけに満たず、満ちるほどに退屈や、不満をうながすだけに至る身体などは、時間と空間を用い、次元に閉じこもるだけに至り、感ずる意味すら葬るだけに至るような答えに結合されるだけの接続を求めるだけの統合性から正常を謳うだけに満たない汚い意志であるし、あるいは機械的な意志であるし、汚いままで飢渇するだけに満たないし、汚いからこそ洗い流し、次へと進む意志を用いられるわけであるし、それに気づくものだけが、頭の良い者だ、と言える。

印象にとろける激情の住処から、端端に伝わる結末がストーリーに結露などを与え、物事を見えにくくしている。視線の先に広がるのは、依然として小さな意味であるし、数えられぬほどの犠牲云々と言い放つ者こそを怪しみ、見つける意味に犠牲すら要らぬことを知れと怒号を捧げる。