時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

淘汰

感応する死へと描写は極まり、交わる点と線から、はじまる恋へと肉薄する迫害された都市が抗うキャピタリズム的なオーガズムが起因を奪い、さげすむ未来に用済みだなんだの、と棚に上げ、タナトスを謳い、退廃的なモジュールにこぼす毒薬から、童謡を伝える心理的な妄想が俗悪なものを生み出し現実感を麻痺させ、日増しに大きくなる憎悪が腐敗を笑い、陰惨なものがカタストロフへと地滑りし、宣言を告げる革命的な空に浮遊する翅をもたつかせる意味を受胎するコードが機関的な家畜として、勝ち誇る意味すら不潔な神話へと至り、肥満化していく慢心から、世界観は屠られ、普及されるものに波及するものが反し、加工された義務が欺瞞を運び出し、停泊する今に迫る宇宙の始まりに交わる言葉が廃棄され、破壊的な状態に充溢していく不快感が俯瞰を覆い陰鬱なものを抱え、乖離していくものが枢要なものを失い、反復していく意志がなんども折り返し反響する先に迫る音階に包まれ、続く限りを謳い上げる先に形容されるものなどに織り込まれる意志が露骨な気配を感じ、攪拌される先に定立していくものが問題を膠着させ、後悔を誘い、内心に迫る汚い感覚が排斥する理由が流用され、老朽化していく真理が起算するものが猥雑な価値観を刷り込み、座標に恒久的に絡まる過程に季語などが終焉を謳い、自らのペシミズムがペインを叫び、インタラクティブに高揚していく感覚が事態と結ばれ口づけし、機械的な流用から幼児的な排斥から結界をはり、歯止めもなく迫る理由に悠遠が迫り、慟哭に瀰漫する永遠性に満足感を肥大させ、擬似的な恋愛や、ゲーム化する闘争に踊らされ倒錯する意味に削除される意思に亀裂が走り、陰惨な価値に迫る流暢な嘘から定義に結ばれる果たされない愛に世界は介する間に停止する理由が飢渇しては、騒ぎ立てる今になじられ短絡的な道理に奪われる価値観の治外法権を求め、クラッキングする先々に迫るコードを破棄し、自らが渇望し労う先に生まれる欺瞞すら、用いる半径に一縷の希望を授け、預かる希望に確かなものを押し流し、齟齬するものが荘厳な意志へと対立し、対比される観念や、枯渇する意志に重責する批判的な妄想から、吸血される真理に求めあう二人の愛から世界は欠陥品として扱われ、対立する全容に形跡すら無く、ただ積み上げられるものが軽薄さを携え、度々に迫る意味が気配を消し、君を操作するために背後にせまるのだよ、と嘯く君こそが、君自体を騙し、弛んだこころに肉薄するものが投じる答えに健全さを求め、騒ぎ立てる意思がざわめき活動期に至り感覚を損ない、喪失感にゆだねる麻痺した苦しみが離人的に消費していく自らに対立する自己がケロイド化し、現れる感情に無関心を装い、提要するものに嵌め込む意味から自由は奪われ、戦列や行列に並び満足するような果てに用いられる原理に参与する支配的なテクスチャーや、因果を謳い宗教的な臭気を放つ現在に厳格なものなど無く、くたびれた意志が空間的に瓦解し、用いられるものに抑圧され、要する間に抵抗する分裂的なアニマがアニマル化し、ただ擁立する欲望に疎外されぬように、何もかもを奪うような権限を謳い、ファンタジーをかき消すから、この世は希望などが謳うだけに世界性に収まるだけの自由を利用し、謳われる希望に偏り今に頓挫し、貸与するものに虐げられ、知り合う先でナンバリングを施され、ほとんど同じもののように扱われ、平気に嘘をつく異次元から、紀元前にさかのぼり、悲惨な現用に携える無気力な観念ががんじがらめになる色彩に利用される価値からかけ離れ、君に至るまでに宿る爽やかな風に乗り、黄金に輝く麦畑で眠り、息吹く静謐によがる結末が独善的な模様を放ち、もよおす意味が他人行儀なものを重ね、機械的な道理がなすりつけ合う悲劇に陰鬱な毎日に不安感ばかりが感覚を膠着させ、構築する今に蓄積するものが言い訳がましくかさばり観点に疎外され、世界観を奪い合う戦争から、現用に生み出された政治などが統治する国家などが必要なのか? と疑問に耽るアナーキストたちが対比していく価値の家畜たちは、生み出すことすら知らずに、生まれたから、と押し付けられ、刷り込まれた普遍性が攻め立てる規律や、倫理観などを守るべきだ、と均衡を狂わせていることにすら気が付かぬ正義が抱える悪意から胃を壊し、自ら吐き続けるもので溺れる現在に道理など無く、システム的な憧憬に用いられる確かな愛に交わる嫉妬感などが生み出すルサンチマンが参画するものが、ここかしこで悪意に変わり、疑問点が欺瞞に変わり、謳われる不満足が俯瞰を汚穢で埋め尽くし、運命を奪い去り、去りゆく経路にアンニュイなものが迫り、狭まる価値が掲揚するものを信仰するだけに従う意味などが恒久的な苦しみを与えるだけの現状が、ゲームのように処理され、誰が正義で悪か? 誰が正しく、誰もが抱える独善的なものがドグマを書き換え、誰がすべてをまがいものにするのか? 。