読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

継続する意味


宇宙的な神話をひもとく静謐な正義や、我が身を滅ぼす意識が迫り、醜い争いを意識の中で展開し、回転する座標や、ミリタリズムが降り注ぎ、立体的な戦争が損得を謳い、導く意識が儀式的なものを生み出し、俯瞰に偶像を生み、何かを踏み台にし、意識を破壊するだけに至らせる。憎しみ迫る意識を改ざんし、革命的な偶感から、不満足を謳い、リベラリズムへと変化し、偏向し続ける意識は、罪を組み上げ、意識的な苦悩を宇宙的に膨張させ、初期宇宙から改ざんされ続けた意識の傲慢さや、最たる意味を失い、そこかしこに即席の苦悩を生み出し、際限ない苦しみへと至らせる儀式が、数千年に渡って続いてきた。変換される罪は、儀式的なものへの生贄として捧げられる。あらゆる苦しみを複製しては、復元され続ける苦しみに厭い続けるような永遠性を乗り越え、今に至る奇跡を謳歌する。何かに寄り添う形が具現化され、確かな形容に変わり、裁く以前に、今に現れるものだけが、確かな意味を継続し、あらゆる意味を継承していく。確かな意味は、今に足枷を嵌め、世界を牛耳り、君の意味を奪うだけであるし、育むべき今も、欺瞞に遮られ、不満足を謳い、際限ない苦しみに浪費される観念が、軽薄なものを生み出し、他愛ないものを汲み取る以前に、確かなものは迫害され、自らの罪の意識に苦しみ、意識に危害を加えられ、自らの苦しみに苦しむことに専念し、自らに軋む所以や、躍動する展開に追いつけずに、形骸化していくだけに終える意味や、緻密なものを生み出し、意思を踏み台にしながら、しなびた意識は、今を敗残に追いやり、止揚するこどもできずに、でたらめな方法論を生み出し、自らに食い込む苦しみを反復させ、今に反発し合うものや、形成される真実に横領され、応用されるものに食い違うものや、問題に早熟に生まれる答えとの食い違いや、互いに相違し、相似するものに落ち込む間から、時間は偏執していき、行き違うほどに、ほつれては緩慢な作用を施し、利己的なものを生み出し、物事に軋轢を与え、たゆむだけに至るモラルや、悶絶する先々に契約を交わし、必然性をもたらしながら、滾る意識は、対話を続けながら、対等さをもたらし、今に飛躍するものが、貧寒なものをもたらし、苦しみを補填し続けては、自らの未熟さに屈従し、密接に結びつく思いが包括され、確かな愛で密着し、離れぬように仕向ける余韻は、かかずらうことなく、愛を送り続け、そこに強制的に強請るような愛は無く、儚く続く意思的なまやかしを取り除き、利己的な愛に疎外されるだけの孤立感や、横柄に迫り、一途なものに派生する真実や、まがい物を授け、行方不明になる意識が担う苦しみや、違いを生み出すほどにずれは生まれ、奪い合うだけに阻まれる精神は、知り得るものも無ければ、そこに退き、虚空を漂い、席巻される意識は圧壊し、今にがんじがらめになり、理不尽なものを携え、今に悶絶し、シーンに屈従し、従事する先に生み出される屈辱に快楽は生み出され、そこに増していく意思的な核家族化から、界隈に生み出される曖昧な摂理や、倫理観を謳い、簡易な支配へと急ぐ意識は、カタストロフに導かれ、自らを破壊することに専念し、生まれる苦しみに操作されながら、内外に派生する意識的な等差が生み出す階級闘争に交錯し、換算されるだけの精神的な軋轢から、悶える精神は、陰鬱な言い訳を続け、毎日に交換される苦しみを補完し続ける先に止揚することもできずに、用いられた疲れを生み出し、限られた苦しみを、限られた中でなぶるような拘引から、手立てを奪われ、今に苦しみを繰り上げ、汎用される理由に今を奪われ、意外性を用いずに、インタラクティブなものを生み出し、今を踏み台にし、意思に軋轢を生み、何かに屈するほどにくたびれる先に対立し、互いをとがめるだけに、いたずらに消費される苦しみが位置的な痛みを生み出し続ける。阻まれる先に生まれる未来が、あさましいものを従え、何かを横柄さで包み、互いを包括するほどに、自らを傍観者に変え、自らを身代わりにしながら、代償的な痛みを補完し続け、悲観するだけに至らせる。世界は、共感を用いながら、長い苦しみを凡庸に継続しながら、膨張する苦しみは、被害者意識を増幅させ、自らを破裂させ、破滅するだけに至る。