時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ


 言葉が影を背負う汚れた街だ、と彼女がカタルシスを求める文明的な快楽の果てで子宮的な環境から派生する母性的なエロスから、観点を疎外されるだけの論理的な洪水にのまれ、自らに供給されるエゴが関係性を無数に引き延ばし、快楽的な階段をのぼり、能動的な迫害から、惰性なままで欠如を見出す彼女の呪いから、収斂される先に叙情的な渇望を生み出す空の色の純粋さも知らずに、このロマンに浸り続けるだけの退廃的な模様からあふれる銀河との統合から、甘美な瞬間に主体性は破裂し、もたらされる制度に発芽する、瞬間的な需要や、ここで収容されることにより、自らの束縛や、いびつに速度を増していく彼らの暴虐な内面性に秩序などは崩壊し、アドレスひとつで、快楽へといざなうだけのエスカレーターに乗り、強要されるほどによろこびは増していくのです、とマゾヒストどもが、ドメスティックな夜に一貫性を求め、用いられる制度の中でしか、寛容さを用いずに、そこで知性を持たずに、何が生命か、とうながす哲学者も、同じような作用の中で物質的な快楽を求め、とめどない怒りが循環する先々での対立から、不潔に交換される意味に高揚することでしか、自らの苦しみを解除できずに、ここで心象はとがめられ、引き裂かれ、数々の自堕落な風景の中で転じて行く詩情から、生命の起源を潤わすために、何かを殺めるような隙間から、衰亡するだけの過程に締結していくだけの生命的な充填をほどこすためにおどけ続けるほどに、奴隷になるような主観から生み出されたものが秩序であるし、やがて、はつらつと生きることもできずに、生きることがつらいのだ、と仮象から生まれるものにのまれ、自らのちぐはぐさ加減に嫌気がさし、散漫な儀式の中でしか、自らを認識できずに、出来合のものを崇めたてまつる間に肥満化していく意識が参画するものに支配され、緩慢なものへと変化し、感性をほろぼし、放浪し続ける先にシステム的な段階へとのぼり、性善説などを謳い、同情を謳うようなプロセスに嘔吐し、そこで統合され続ける意識は、宇宙的な飛躍にいたらずに、無は、一律の悲劇を加工し、そこで終わることだけに生命は費やされるべきだ、とニヒリズム的な簡素さにはまり、贋物の価値が支給する理論に理性は閉じ、透徹できずに、汚れたものとして、システマティックな街での一貫性を求めるほどに、自らの苦しみとは増していくように思えるのだ、と彼女たちは、論理的な考えにいたらずに現実的なものへと飲み込まれ、混同し、同化するほどに道化どもがうながす獰猛な理想に供給されるものだけが、今日を生き残る糧だ、などとうながすほどになじられるだけにいたり、ここで浸るものだけが、物陰に隠れ、ここで攪拌され続けるほどに些細な意味に強襲され、凶暴性を増していく意識は、思考停止にいたり、今にひたり、悲観するだけにいたり、いたわることをわすれ、徒に消費される日々を周遊し、融解し続ける先で分裂していく意識は、義務感にさいなまれ、屈従することでしか、自らの正しさを認識できずに、出来合のものを通過していくほどに、魯鈍なものへと変わるだけの強度から、都会的なまやかしから、緩慢な意識が垂涎し続ける先に僥倖などは訪れず、求めるほどに、懸け離れていくのが、ここで提起されるものであることに気付きもせずに、同じような過ちの中で、同じような思想を持ち、もたらされるものに反するほどに、ここで魯鈍なものになりかわるだけの言葉をかけ、改善されずに、ただ散漫に緩衝していくだけの愛だけが、大切なもののように扱われるほどに、そこに圧がかかり、圧壊するだけにいたるような愛を崇め、その愛を求めるほどに、愛とは、愛することを忘れ、愛されるために、自らを高次にいたらせることも知らずに、愛を騙るような詐欺まがいの街並みにひれ伏すことなどせずに、設置されるだけの暴力的な愛が、今を無感覚に変え、課せられた罪に連帯感を用い、そこで苛まれるだけにいたるような精神などは、自らをなぐさめるために、何かを否定する。最たる意味を喪失し、探すほどに、ここでの差額を埋めようと目論むだけの黒々とした思いが知性を持たずに、ただ制度の中で支払われるための義務へと転化していくだけにいたるような闘争を続けるだけの空しさをかかえた人混みで収容されるだけの意識とは、孤独を恐れるばかりで、何かに対置されるものだけを正解のように扱い、世界的なまぼろしにつつまれ、矯正されるために行列にならび、自らを正そうとするほどに、屈折していき、逸脱することもできずに、一貫して順良な市民を演じ、順応していくほどに、自らは失われ、何かに名付けられるほどに自らの魯鈍さに気付かずに、傀儡として生き、道化として生きることを知らずに、ただ与えられる影響だけに左右される。

広告を非表示にする