時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

青空


 あやまちをかかえ、混濁していく意識は、散漫な犠牲を孕み、断続していく意識が用いる見解から放たれ、受理するものや、物事に迫る制限と競り合いながら、端的な理由が段々と迫り、用いられる価値に収納されていくだけの真理や、もとづくものにつまずき、つたない意思を孕んでは、懶惰なものに変わるだけの主たるものなどは、行為にもとづくものに迎合され、独裁的なものを用い、率いる者を操作しては、研鑽されるだけの理由に自由すらも与えずに、叫ばれる権利とは、何かをがんじがらめにする機能により、機械的な保身から、抱擁されずに、ただ蓄積していく苦悩をランダムに寄贈するための空疎な身体に溜め込まれる理由に加増していくものに膨らんでは、複製されるだけの自由に制され、進路を妨害され、修繕されるだけの昨日に囚われる過去の中での口唇期から、空疎な自分を補完するための箱としての社会などを破壊するために、ここで提示されるものなどは、クソであるし、空席を埋めるための世界などは、配分される理由の中で配膳されるものや、改善されるためにあつらえられる真実の中でしか機能しないものを複製するために制圧され、正否などを謳いながら、独善的なものを波及し、遡及し続けるほどに原理的なものにからまり、過去から生まれたものだけが、確かなもののように扱われ、あいまいに示唆するものが規範になり、担う意味も合致せずに、ガタガタになるだけの精神などを用い、徒らに解消されないだけの懶惰な精神に継承されるものが、真実のように語られる間に配される愛などは、露骨な侵略を続け、奪い合うための意識は、形式的なものに娶られ、命じられるままに補完され、ここで互換されるものにより、支配的なプロセスを続ける。食い込む意味に波状する数字や、原理的な牽引から、原因になったものを背負うだけの義務的な苦しみに組み込まれる空疎なイデオロギーに引きずられるだけの卑近な者として、あいまいな現行に貧するだけの形有る限りに断続する苦しみを流合させるための切片として、形跡を踏み躙るために憎しみ続けるだけの関連性に連動していく意思的なまやかしを非合法に処理していくだけの段落に住まう世界を屠るために課せられる税から、前頭葉を食い尽くすパラサイトや、侵攻していく意識的な戦争から、専横されるほどに独裁的なものに畜殺されるほどに増していく快楽が交差し、根幹に植え付けられる恐怖により操作されるだけの身体がフラクタルになるまで追いやられる先々で介するほどに、飼い慣らされるだけの精神は、敬神に至り、いぶかるほどに食い込む意思的な汚穢から、権限を用い、何かを引きずるほどに増していくよろこびを感化させるための祈りを武器に変え、追いやられる精神は貧するほどに、増していく快楽的な区域に食い込む原始的なパラノイアや、還元されるほどに原形をとどめずに、ただ分裂していくほどに酩酊し、正常を謳うほどに異常なのであるし、やがて、正常さを保てる者すらいなくなり、いぶかるだけに現れるアレルギーに苦しみ、空疎な自分に補完されるだけの苦しみを繰り返すための機能から、記号化していく余韻にインタラクティブなものほど汚物に変わるのである、と潔癖的なものをかかえ、憂鬱を変換するための機能としての自己に補完される期限が保つべき理想に打ち砕かれ、愛しむよりも、憎むべきだ、と理想を偽装する間に補完される苦しみに売り買いされるものや、うるおいを求めるほどに渇くのが精神が、形式的なものに呪いをうながしながら、帰巣していくだけの論理的な中で完治しない病をかかえ、うやまうほどに、恨みとは根源すら持たずに、配されるのであるし、そこで占われるべきは、何かを抑圧せずに、際限なく続くほどに泣く泣く綴られる動機がかかえるジレンマが連綿と綴られるほどに補足されない物語の中でガタガタのままでも進むのが命である、と偏見を変換するための記号としての幼稚なたくらみから、大義を持たずに、懐疑的な一生とは、何を定理として生きるの、と?悲しむ君が帰任する先々で対立を深め、複雑に交差する原理に一過性の事実を帰還させるための箱に蓄積される苦悩から、空虚な自分をなぐさめるためにうながされる憎悪に促進されるだけの悲しいけものとして、契合されるものだけを崇めるような空疎な自分に補完される貧寒なエモーションを餌に走り回る退屈な者どもの卑屈を飛び越えた先に現れる汚くもうるさい自由を破棄し、ただ原始的な青に飛び込む。