時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

進化の経過


 貧賎な物語に補足されるだけの理由を弔いながら、短絡的な同化を行い、織り込まれる先々で対立を続けながら、内面性にたずさえる物事を演繹し、さえずる記憶が濾過するほどに満足を求めるだけの価値は、定める意味に介しながら、巻き戻されていくだけの過去の中で虚像をたくわえ、慢心へとひたるだけのアナロジーからロジカルに推考するほどに麻痺していく考えの愚鈍さをしのぐような超越から、囲われるという観念をもたらしたに満たない空間などのほとんどは過去であり、そこで用いられる箱庭のような世界から脱し、時間からも逃れることだけが、ここでの答えを求めずに、とめどなくあふれる記憶から、刻刻と迫るものが物事を調律しながら、ほとんどの音が反響し、ここで継続されるだけに満たない空間などを破壊し、派生するものなどは、ここでの継続を過ちに変えるだけであり、退嬰的なモジュールに変わるだけの気配などが察知する存在などは、そこで損なわれていくだけであり、理性などにとがめられ、途端に扶養するものに疑われ、あてがわれた愛とは儀式のために磔にされ、形式的な愛などは、そこで測るための価値へと継続するための存在がもたらす確かな手応えであるための物質へと変化し、存在とは、ただ損なわれるだけに満たず、そこで満たされないままに消費されるだけに至る存在は、本質的な愛を語るほどに、そこでの愛とはただ単に苦しみだけを運ぶだけの独善的なことばに変わり、消費されるための愛とは、存在自体をかき消し、そこで価値をもたらすものだけが、存在理由を語れるのだ、と荷担する意味に価値観を与えるほどに、屠られる存在は、価値を与えられ、なだめられ、そこで崇められるためだけの価値をモチーフに囲われた空間を思うほどに、そこでの価値の家畜として、同じ空間を共有するほどに増していく憎しみから、自らのスペースに入り込むものすべてを恨みだした人類は、自らに境を与えたが故に悪化していく摂理などをたしなむから、空疎な善悪に苦しみ、染みいるものや、入り込むものが利得などを謳い、退廃的な教義から、計算高いものだけに与えられる勝利などは、ずっと空疎なものであり、そこで与えられるものなどは、すぐさま消え去るだけに至ることをあたかも永続するように示すような価値の中で苦しむだけに至るような痛みを肥大させ、悲観するほどに関するものが用いる幸福などを克服できずに、いびつな精神は、愛しむことを求めながら、何かを恨むことでどんどん懶惰になる。担う意味も重たさに屈する人類をコード化したサイバーパンクな世界にサインインし、淫蕩に耽るだけの過去にもたらされた形などが持ち出す価値などは、軋轢により、もたらされるだけの価値の中で倒錯するだけに至るような価値を崇めるための価値としての価値を求めるだけの惰性な性質をかかえた脳内で受理するものなどはいずれも依存的なものであり、そこでもたらされる快楽の奴隷として、冷酷な支配を続けられ、自らの回線の中で内戦を続け、つたない意識は迫害され、迫撃されるだけに至り、爆砕され、破壊された後に恨むことすらも忘れ、自らを忘我に伏せさせ諦観し、関する間につれづれと続く様を傍観し、分裂していく意識に損なわれていく場面が締結する前に、自らの痕跡を消すことに忙しい私は、問答を混沌に変えながらも、つたない単位の中で揺るがないものなどが示す緩慢な数字に左右される間にシンパシーなどは感じず、ただ死を継続させるための生のような形に嵌め込められた空疎なものを崇めるよりも、ここで継続するものなどは、ずっと軽薄なままだし、用いられるだけの苦しみを継続的に苦しむことを義務化させたような空間で依存するだけのままでは、ままならぬものを継承し、あたかも正しいものを演じるほどに物と化すだけだし、何かに溶け合いながら、とがめながらも、緩慢に左右するものが満足を謳う以前に、ここでたゆたうものが、正しいものすら語らぬからこそ、善悪の是非や、正論などをアドレスに変えるためのネオン街の闘争やら、躍動する約束に振り回されるだけのメッセージで前も見られないような連中が示唆するものが魔法をかけ、放蕩させるための翻訳を続けるような幼稚なたくらみから、択一されるものなどは、所詮は利便性や、弁解や、おべんちゃらで語られたものに過ぎず、そこで求められる償いなどは、クソみたいなことばを引き伸ばすための独善的な罪と罰に資本を乗っけたような汚物に過ぎず、ほとんどはでたらめでも尚、愛することを諦めないような思いも、所詮は、執拗な狂信者の虚言に満たないなど、と蔑んでも尚、本質的な愛と憎しみとは、意味的な距離では違いも見えず、ただ引き合わす景色により、刻刻と変化する。