時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

実体もないからな


 わずらわしくも逍遥し続ける先で敷衍していく思い出が帰巣する文明的な配役や、そこで配下になるだけの事実から放たれ、配備される悪意や、あいまいな指導をほどこすだけの教育的な実感などは、実証されるがままに存在を確かなものに変えるものように騙られる間に衰亡する精神は、ただ垂涎し続けるだけにひたり、恒常的な苦しみを乱立させるためのコードを設立し、さいなむ記憶に刻刻と迫る能動的な呪詛が対立をうながし、加算されるほどに敵愾心を燃やし、慢性的な憎悪を克服できない精神は、幼稚な仕組みの中で迫られる義務から、空疎な意味にちぐはぐになる精神が羽交い締めにされ、使命感にただれるだけの要理が示す運命などは、死の巣箱のようだね、と怜悧にほどこす意味だけが、位置的なまやかしを取り外し、あいまいに示唆し、支配されるだけに今に制される以前に、印象にとろけ、淫蕩に耽るだけの行為こそが、正確さを担い、正義を宿すのだ、という過ちから逃れられずに、延々と与えられる印象とは、エンコードになり、担う意味に階差を与え、等差を生み出し、うながされる音と音の隙間に悪魔的なものを生み出し、何かを踏み台にすべきだ、と植え込み、惰性にみちびかれる精神は、狩られる物として扱われるための日々にためらいすら生まずに、謳われる真実の中で緩衝していくものとの対話すらもなく、ただ与えられたやさしさを当たり前のように受け取るほどに、本質的な正しさなどは喪失し、散漫に与えられる義務的なまやかしに支配され続ける精神は、幼稚な仕組みに偏りを示し、信仰心などを植え付けられ、正しいものとは、ただ祈ることだけであり、祈ることでは叶わぬことを知りながら、従順に祈ることだけが、良き行いである、と宣伝するだけの信仰心だけが、あらゆる原理を乗り越えるほどの強大な憎悪に変わり、誇大妄想から、大きな戦争に至り、自己嫌悪にひたりながらも侵攻を続けるコードが書き換えられることもなく、ただ凡庸な価値の中で刻まれた価値に意味を見出す限りに陰る本質は、真実を用いるほどに、巻き込まれる意味の中で真実を失い、退廃的な意味から、位置的な苦しみをイデオロギーに変換しては、さらなる復讐を謳う複製品たちの立場を借りては、儚い破壊から、配備される愛に屈従するほどに増していく憎悪が邁進させるものがテクノロジーに呪いをかけ、加算される原理に関し、反する者を監視し、加算される意味をまとい、自らこそ正しい者であり、裁くための確かな意味を着込んだ世界性に嵌めるための手錠や足枷や、強制的に裁きにかけ、処刑台へと運ぶための答え合わせを終える暇もなく、ただ処刑されるために運ばれる意味や、屠殺されるために太らされていることに疑問も持つ暇も与えずに、麻痺していく脳内で循環していく快楽だけが、今を純化させ、簡単に処理するために配られる愛らしい快楽を呪うための能動性に欠如を与えるために大脳をそぎ落とすような愛らしいこころみなど、と謳うだけの科学的な伴侶を求めるだけのリテラシーの利点などに追従するだけの異常者たる者どもの理屈を加工したのが法である、と散漫な儀式での生贄を探す猟奇的な悪魔どもがアクメに至るまでの距離から、性質だけが、秩序を破壊するのであり、性質的なものが領域を汚し、すべてを破壊するためだけに産まれた者が次なる生贄を探し、分裂していく主体を加工し続ける先に分断され続ける意識は、どこまでが世界で、どこを正解として、そこを認識しているのか?すらわからずに、ただ支配するためよりも、自らの満足を満たすためには、手段すらも選ばずに、選ばれた者として認識し続けるものだけが、世界を成立させる以前に、世界などというものすら不必要に思い、すべては、不潔に思うよりも、清潔として認識して、正解に嵌め込まれるほどに肥大化していく愛しみにより、よりよい破壊を生み出すような者どもが世界というものを決め込んでいるだけに過ぎないのだ、と混濁していく意識は、主体を破棄し、書き換えられ続ける先々で対立を生み出す者を操作しながら、実体を攪拌し、そこで半減していくものや、感激に揺らぎ、還元されるままに愛していくもののあいまいな密度に寄せ合う心情などを踏破し、覇権争いなどに有するだけの価値的な家畜を次々に生み出すほどに増していくよろこびに蓄積される愛情こそが、愛であるような質感を与えるのだ、と宛ても無く裁くだけの輩が保つ秩序の中で、父すらも破壊するようなよろこびに耽るための分析など空疎である。