時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意識の模様

沈む夕日もたおやかに死に絶えた後、残るものは、つかの間のしあわせであり、そのしあわせにふれたら最後、瞬時にそのしあわせは、泡のようになくなった後に残るぬくもりのつらさに耐えかねずに、自らを破壊し尽くすような轟音が鳴り響く空は、うたかたの自由を即席の理由に変え、そそくさと消え去る。