時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

汎用されるしあわせを打ち抜く拳

カフカみいな暗い顔したセールスマンが、産卵を続ける砂浜、反社会的な実働を終え、陰鬱な衝動を産み落としては、意味のない踊りを続ける、意識的な終わりをリズミカルに消費する儀式がうながす、商品価値を高めるために、彼らは既存の憎悪を飼いならす傀儡らしく、同じ服を着て、同じ意思を共有し、今日も傀儡らしく、偽物の笑顔を見せては、短絡的なコマーシャリズムに貪婪な欲望をはためかせ、加算される罪の意識を他者になすりつけては、快楽に浸ってるしで、さわがしい夜に貸し借りされる感情も荒々しく、くたびれた彼女たちの凡庸な価値の家畜として、放牧されている彼らの餌を集める仕事を終え、平均的な刑期を終えたカルマたちの帰り道で、乖離する理解を濾過したきれいな水を飲み、ノンポリで居続けたいがために、真言や、真理を捨て、加配されるだけの連帯感などは、現代的な苦痛を膨らますだけであるし、考えれば、考えるほどに、還元されるための欲とは邪魔なものであるし、あらゆる原理とは、その場で折れ曲り、往々と現れる様は、存在をロジカルに定義づけるだけで、即座に意思の奴隷と化し、自らの醜さに圧縮されるだけの本質は、真実が何かも知らずに、信じ込んでいるものを信心しては、自らの正しさに酔い痴れている。