時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

篤信


 暗鬱な物語へと引き込まれ、連動する意識の境目に軽快なリズムすら持たずに、ただ立ちこめる意味にメルヘンすら失い、枢要なものを掲げ、事実に悶絶するだけに根幹は損なわれ、観念論的な安寧に引き込まれ、被害者意識が加速し、滑走するほどに、抱擁される原理の優しさに透過していく先に現れる反復と反発と二元論的な憂鬱と返事を持たぬ偏頭痛から、返答を持たぬ恋に走り込む実情が激情に変わり、現状を攪拌し、ラビリンスへと引き込まれ、貧寒な実情に減り続けるだけの自らの意思に兌換される価値に併用されるだけの満足から、ビジネスライクな事が流用され、軽々しい示唆から、軽々しい答えへと急ぐだけに移送される真実は、居所を求めるばかりで万世に嬲られ、内面的な事後に整容されるだけの機械的な欲望から、祈願を加えるほどに人間性などはねじ曲がり汚れるものであるし、そこに持ち込まれる苦しみのコアを破壊すべく、たしなむ言葉に、確かめる意味に退行するだけの意識的な周辺に攻め入る酩酊する真実に、自制を謳うだけの世界などに、世界的な本質は無く、自らの世界だけが今に正解を運ぶのだ、と妥当な位置に根源や、混生するものがしみじみと自らの罪を積み上げるのだ、と惰性な答えをなびかせる正常者や、信仰心の固まりのような対価から、連続していく隷属と罪の加減から、懐疑的な論争へと発端を用い、持ち込まれる兵器的な実情から、恋情へと倒錯していく心理から評議を重ね、貧寒な答えへと引き込まれるだけの者を救うべく、垂涎し、君の意思を食い物にし、食い扶持に困らぬように、と騙すような御用学者たちの使命などは、腐った論理を用い、君の意志に持ち込む力に反発を加え、君の意思を奪い操作するだけに至らせるような交差から、敢行すべき意志は意味を損ない、自らの力に浸透する意味が機能を失い、記号化する安易な実情に正義を用い、善悪を利用し、攪拌する領域に流儀や思想を用い、思考停止へと至らせ、進行できぬように持ち込む意味から、答えは相互し、相乗効果を示し、聡明な時折に織り込まれるものが、利口さを謳い、差額を受け取るべく、用いるベクトルが氾濫し、反抗へと至り、終わらぬ暴力へと膨張していく意思が印象を爆発させ、拍動し続ける孤高な音と音が連鎖し、擦れるものが主立ったものに反響し、半世紀を超え、判然とした主観に判明する意識的な革命から、緩衝する先々に完全性を謳い、用いられるものに方向性を与えるものこそ怪しむ。蝕まれる午後に引きつけられる言葉が、横柄に迫り、君を抑圧する。その意味に発信されるものなど、無意味なものでもあるし、確かなものでもある。楽しむのは、君の意志であるし、死の瞬間まで飛び立つ不自由さに浮上する時間や空間に従属せずに、接近するものに反し、輝く意図を掴み、つまみ出されても、君の正しさこそが、損なうことなくそこかしこと合致し、画期的なものを生み出し、今にハミングし、はみ出すままに美しいのであり、そこかしこに移し替えられ、打ち出されるものを愛し、蔓延る愛に、はじまる間に省かれても尚、自ら生み出すものだけが、正解などを謳わずに、静謐へと向い、自らを迎え入れ、無為なものや、無残なものを見捨てても尚、引き出す愛から永続するものが対立しても尚、籠もる君の孤独にも、孤独を利用し、君を陥れる理由にも、君を左右する情報などに指図される以前に魯鈍な感情に静謐を持ち込み、さえずる記憶が、少しで足るように、と対面する恐怖に屈さぬように、自らを屈折させ、何事にも打ち負けぬように高尚へと至らせる喜劇へと限界を持たずに攻め入る形や、滅入る気持ちに汎用されるだけの理由にこそ反し、自らに対処されるものにおののかずに、自らを超越し、厭世観をかき消すような魔法を唱え、自らの魔王たる憂鬱を打ち倒すような旅路へと向かわせるべく、ベクトルは、位置を用いず、自我に入れ込む理由や、自我を用い、物事を幼児期から解析する必要性よりも、今に対処すべき理由を分析し、精神性の制度や、精度を測るよりも、蔓延る悪意に偏る回答から、解体される軽々しい身体や、利己的な精神に孤立する孤独感をたずさえるよりも、創造的に孤高であるべく鍛える創造性だけが、規律をふやかせ、自らの隘路を拡張し、攪拌される半径に確たる判断を用い、物事に締め付けられずに、使命感に苛まれずに、自らの思うままに描く境地に幸すらも超える何かであれ。君を紡ぐ意味に見出す事も、言葉を用い指図するだけに至るような答えに生命を宿す以前に、自らが思った事だけを思考し、指図される以前に強調するものだけが、真実にも成り得る。