時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

迫る微笑み


 ふさぎ込んだ夢たちが、ちぐはぐな未来へと運ばれ、身動きも取られぬ余韻へと引きずられ、対象へと用いられる不機嫌な要素や、蓄積する苦悩に反響する余韻へと離される思いも、なあなあなままに、アナグラムの道を進み、筋道を立てるよりも、対外に果てるジレンマに悶える絵画的な風景に果てる身体から、逍遥し続ける先で懐かしむことごとくが、誘引されては、査定される義務や、空疎な理由に拘束され、行為元々に備われる原理的なものに牽引され、疑い続けるだけに、散漫な意識へと淘汰される悟性は、貧寒な現在に来す意味合いに一切の不安を長じ、悠遠に果てては、粛清の雨に穢れ、契合されるほどに、魯鈍な価値へとアニミズムや、あいまいな言語を象徴とし、あらゆる都市を破壊に追いやるだけの規律から、立体感を損ない、平面で見る憂鬱な世界観から、滑落し、渇望し続ける先に貧寒な言葉を放ち、時代錯誤へと陥り、再会する意識が、契約の下で破壊され、排斥される意味合いに季節を隠滅させ、酩酊する深夜に陰惨な形を用い、猜疑心に追いやられる現在に懸隔が生まれ、じゅくじゅくの傷跡と踏みにじる思春期の結末に生まれる永遠秩序的なモラルから、問答をくり返し、利己的な破壊へと批准を生み出すだけの衰亡から、蓄積される苦悩の全容に虐げられた絶望感を取り払うような超越を生み出す。心ないものとは、君を意味の中に閉じ込め、苦しみを利己的に見せつけるだけに演じる過程へと追いやり、対価を求め、そこに、誓いを生み出し、意味の中で用いられる等位へと差別的に処理され、最下層に追いやられ、介する間に境界線を、自らが生み出し、自らの内外で果てるジレンマから、愛する間に陥る利己的な硬化から、硬直し続ける先に失態は生まれ、私議を重ね、目的を連ねるだけに辛みは今を追いやり、偽装される真理へともとづく栄枯盛衰をくり返し、反復する意識は、史跡をさまよい、意味の中に歴史を用い、過去から用いられた儀式的な意味合いを踏みしめるほどに、自らの首を絞め、自らを蚊帳の外へと葬り、屠られるだけの身体をむさぼる動機が、無差別に食い荒らす様子を傍観するだけに至る死との最後の共通点を無作為に創造する間に欺瞞は生まれ、今に阻まれるだけの形跡を荒んだ命のままで、引致される様子を交換し続ける愛から、猜疑心に至るまでの様子を絡ませ、快活な動機すら失い、齟齬を来し、機械的な日常に退廃していく様子を交互させる間に憤懣は生まれ、そこに現れる不満を位置的に捉え、その苦しみへと虐待され続ける事に生まれる痛みから来る快楽は、苦痛からの一瞬の解放が生み出す快楽よりも、解放感を生み出し、苛烈な状態に生み出される自問自答や、等位を用い、互いを咎める間に偽善的に祝福を重ね、改善されない今に犠牲心を孕ませ、阻まれる間に享受するものも、強迫的なものへと追いやられ、問いの洪水に飲まれ、能動的に錯乱する間に欺瞞は生まれ、錯雑として観念に比例する意思的な汚穢から、惨害を生み出し、概算されるものへと飲み込まれる意識的な哀れを同情心だけで、信用するようなうそぶくジレンマから、苛まれる境地に危害を加えるだけの他者からの敢行を受け入れ、情報を観念にはめ込み、構築される意味を、そのまま建築し続ける先に、システム的な覆いや、横溢する痛みへと偏執し続ける先に最たる意味は損なわれ、そこかしこに従属するほどに、魯鈍な価値を保持し、補完される意味へと寛容さを損ない、一貫した痛みは、慣性の中で欠落していく力を補填し、崩壊する意識は、刹那の中でまどろみ、慢性的な痛みを受理するだけに負担し、腐乱するだけの意思的な喪失感に定める位置的な模倣から、崩壊し、傀儡と化すだけにカスタムされる意志は、思惟的な慟哭の多雨に濡れ、官能的な修羅を超え、解放される独善的な捏造から、熱暴走する意識は、何もかもを破壊するためだけに、ためらわずに力を利用し、利己的なままに破壊し尽くす先々で乖離していく区域に食い込む理由をリゾームに変え、領土を奪い合うだけに欠落する意味を拍動させ、描写の中を流動し、動詞の中をさまよい、最たる意味を損ない、情交の中でひれ伏し、比例するものへと排斥される間に生まれる欠如を、自らの中で暴徒化させ、規律に反し、用いられる意味に契を交わし、自らの遅疑へと至らせるだけに、世界性は、世界観を謳うだけに、用いられる意味へと閉じ込められ、意味を見失い、独善的な独房へと閉じ込められ、等閑へと至り、対価を求めるだけの商業的な苦しみへ、と繰り上げられる位置的な苦しみは、今に苦闘を演じ、誰もが、この位置で苦しみを演じるべきなのだ、と押さえ込む抑圧的な心理から、真偽を用い、物事を膠着させるだけに至るような倒錯を生み出すだけに対象を用い、何かを尊く、説くような嘘を見破り、自らが繰り出す美麗なものだけを、愛し、貫くべきなの、だ。