読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

芸術性をかき乱す焦燥感


 静謐な予言を繰り返す鳥たちが描く時代的な憂鬱に偏執していくだけの抵抗を描く退嬰的な者として、何かの名残を安易に引き継ぐだけの幼い心に変化を求めるだけに怠惰な大人として偏執するだけの影を背負い、欺瞞を促し、偏向し続ける限りにたぎるものが、すべてを破壊し尽くす限りに生み出される時代的な閉塞感などに帰巣していくファシズムの影や、変容を遂げる限りに自らの影を背負い、利己的なものを挿入し、根源を燃やし尽くすような父権的なものが、権力を用い、安易な支配へと至り、欲望を引き継ぎ、自らの快楽のためにためらわずに支配を加速させ、何かに枷を嵌め、世界をいじることのよろこびへと歪み、何かを自覚する以前に芝居を続け、自らを追い込み、カタルシスにも至れず、迫る痛みに改ざんされ続けるだけの他者を介した快楽を受注し続ける生産者として一生を苦しみで覆うだけの過程から、抵抗を加えるべく、ベクトルは、母なる愛を背負い、巨大な欺瞞を取り払うべく、嘘の涙を使うのだ、と妥当な位置から引き取る同情や、うそぶく人間が用いた神を引き継ぎ、続々と迫る憎悪と友達になりながら、担うものを履き違える辺りから憎しみは加速し、仮想する苦しみを多目的に連動させ、現前に迫る傲岸不遜な精神が不規則に迫り、狭い価値に押し込まれるだけに抑圧される精神は、敬神に至り、機械的なものへと陥り、問いの中で高次なものを求めるほどに、止めどなくあふれるものが、問題に軋轢を与え、たゆたう私情が永遠性に悶え、暗鬱としたものを自らの奥底で溜め込み、互いをとがめるだけに至るようなものを補完し続け、伝わるものを綴る限りに絶え間ない痛みがセンチメンタリズムを継続させ、後続する意識は、構造的なものに支配され、制圧されるだけの精神は、怠惰なものを加工しながら、断続する痛みの卑劣な拘束から、恒常的な苦しみにさえぎられるだけの幼稚なギミックから、偽装されるだけの精神は、不安定なままであるし、やがて滑落するだけの自らの幼稚な理想に供給されるだけの苦しみだけに回帰するのだ、と陥る先に現れる恐怖から逃れるべく精神分析や哲学は高尚なものを用い、利己的な自己を疎外させるためだけにデータを生み出すのであるし、理解を得るよりも、ここに開示されるものに反する限りに、人間をも超えて、自らに示され、閉め出されるだけに至るようなデータに反し、関する間に生まれる愛が退廃的なものを用い、自らを裏切るだけに至るような惰性な倒錯から、対価を求めるだけに、用いられる理由に理屈を捏ね、自らを正義のように仕立て上げるだけに惰性なものを拍動させ、迫害され続ける先々で得るべき理想も、競争に巻き込まれ、自らを萎縮させるだけに至るだけだし、惰性な制圧から繰り広げられる不安の音が反響し、病を加速させるような変則的なジャズが脳内を徘徊し、破壊される原理にもとづく遠因から引き取るだけの破壊的な理想に協調する事だけが、世界を正解に持ち込むのだ、と妥当な意味を吐き出すだけの世界的な憂鬱から、悠遠にとろける気丈な意識も、統合されるほどに魯鈍な世界に巻き込まれ、自らをとどめるだけに至り、ドメスティックなものと一体化し、感覚を麻痺させるような善悪から、徒労をかさねるほどに、統合される悲しみを敷衍させるセレナーデが愛する者に伝わる前に挫折するのが資本主義的なものであるのだ、と闘争へと巻き込むような幼稚な革命は、意識に邪悪なものを持たせ、攻撃性をいじるよろこびだけに敷衍していく行動から、アニミズムを加速させ、自堕落な自己に存在理由や、利用されるだけの価値や、代価を生み出す限りに、自らとは価値が備わった者だ、などと促すだけの資本主義的な優劣から、優越感を引き出すだけの衆愚の一員として、因果をさまよい、欠落していく意識の区域に食い込む限りに陰る本質は、苦みを帯び、理想は供給されるほどに罪の意識を背負わせ、その場に止まらせ、落胆するだけに至らせるような倒錯から、錯雑とした観念は、関係に制度を生み、その場で屈従させることだけを目的に、互いを恨むべきだ、と惰性な支配から、達観すべく、すべては、衝動だけを用い、欲そのものに支配される以前に、欲のためだけに動くのであるし、そこに生まれる理屈などは、幼稚なものを重ね、破壊するためだけに制度を用い、物事を膠着させるだけに戦争は生まれるわけであるし、ここで要約すべき事実もすぐさま消え去るわけであるし、、惑溺するだけに終えるような人生の短さに水増しされるような理由を補填し続けるだけの生きた値などは、今に化石に変わるし、やがて、制圧され、制約を持たされ、何かを儀式的に昇華させることだけが、唯一の救いを与えるのだ、と妥当な芝居を続ける限りに陰る精神に肉迫するものが、虐げられても尚、自らの理想のためだけにためらわずに闘うことの美しさに勝るものはなく、そこに現れる闘争心が憎悪を掲げても尚、そこに迫る美しさのために徒労を重ね、何かを捨てるという意識を掲げる以前に、ここに確約されるものに反してでも、立ち向かう純粋な『意思』だけが、唯一正しさも掲げずに、自らの意志だけを従え、大義を用い、理想に供給され続ける情熱だけで、情念を加速させ、今に立ち向かう美しさだけに敷衍していくよろこびだけを加速させることに枷を嵌めるだけの自己すらも超越するような者であるべく、何かを並べずに立ち向かうことだけの美しさだけを藝術と呼ぶ。