時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

情況


 不潔なものを流動させ、混同するほどに道化に変わるだけの連中が接続する無知な影から、加算されるだけの理由に離床し、短絡的で退屈な日々よ、とうながすニヒリズムの犬の胃腔に住む原理的な敵意から、立証されるものなどが、立憲を用い、率いる闇を嫌疑にかけ、研鑽される先々で大量に生み出されるだけの打算的なものから、問答し続けるほどに、ここでの答えに枯渇し、こじれるだけに至る現在に研磨され、いつかは初初しく光るものだ、ともの悲しいふんいきを流用するだけの堕落した主体に蔓延る悪意から、緩慢な作用をおよぼすだけの老いぼれた価値を広義にまきちらし、算用されるだけの現在に理想すらも潰える。がらんどうなこころの林道を徘徊し、孤立した精神は、正否を求めるほどに、ここでの正しさによりかかり、実体のないものを愛する限りに陰る本質は、何かを憎むことで、自らの実体をあらわし、あらがうほどに対立をふかめる自己との間で定立していくものが法を補完し、互換するほどに、魯鈍なものに変わる恋の出現や、失意のどん底で浴びる論難を愛撫し、緩慢な整容をほどこすための快楽を受容し、悠揚な史実にとろけ、露骨な支配を掲揚するためにあてがわれた価値をあたかも価値があるように示すような、コマーシャリズムに占有されるだけの意思的な監獄を生み出し、監視を強化するために、地域に現れる固い絆ようなものを宣伝し、だんだんと迫る監視の目に恐怖を倍増させ、あらわれる皆の不安のいっさいを背負うために何かを敵視し、一人の的を生み出し、恨み出す間に不安は軽くなり、ひとりの不安を一人の的にむけて、自らの苦しみを昇華させるための一体感から、生贄にされた者を笑い飛ばすような揺籃で、固執するだけの周辺で構築される法から放たれ、そこで用いられる権利などを保つためだけに、退廃していくだけの意味の強度を保つために、何かを利用し、流用されるだけの意味は、意思を奪いながら、利権を守るためだけに怠惰な理論を形成、軽薄な法で加工されたギミックから、偽装された真実を暴くほどに、やせ細る今に貧寒さを感じ、がんじがらめになる精神は、担う意味の重さに耐えられずに、対価を求め、怠惰な理想を供給するための歯車として、偶像を崇めるだけの規律を保つためという狂気に荷担し、ここで保たれる平静などは、作られた幻想であり、虚栄であり、虚飾であるのにもかかわらず、それを現実として受け止めるほどに謳われる正常という異常さをかかえながらも、自我や主体を傷つけても尚、ここでの価値を保とうという統制こそ、異常なものを拘束するためだけに生まれたものを連動させ、ここで連呼されるものなどは、物事の中で張り詰めた糸を切ることをしないで、何かを保つためだけに守られたものにより摩耗し、慢性的な痛みをかかえながら、勘違いしているかのように演じながら、崇める今に欺瞞は生まれ、奪い合う価値から、カタストロフは生まれ、不当なものをねじ込まれ、混淆していくほどに、ここでの苦しみにより魯鈍なままに成長をとげる精神は何かを規制し、品行方正を保つほどに偏りは生まれ、何かを正すほどに、正されたものがねじ曲げる真実を崇めながら、あがない続ける先々であらがう者を裁き、差異と罰の間で主事として備わる意思と意味の間で背反する私は、相反するというよりも、ここでの行いに鎮座する正しさこそ、いちばんの悪意を形成し、至らぬものを排除するためだけに備わる正しさが侮蔑し、分別するだけに至るような正常という異常との対立を深め、深まる意味をロストするだけに至らせるような統合こそが、異常なものを作り上げるだけに至るような虚偽の中で采配される愛などを利用し、改廃するだけに至るような意味合いにほどこされる罪の意識を操作し、何かを抑圧するほどに、異常なものとは、正常の中から生まれるだけであり、異常であると認識させるためにつき続ける嘘を突きつけられ、続く限りに償うべきだ、ととがめる間に背反すべく、反することに呈し、不羈なままに成長をとげ、飛ぶ意味すら知らずに、ふぞろいで、不自由な翅を羽ばたかせ、蔓延る間に専修するように、終焉に巻き込まれ、兌換される意味が打算的である限りに裏切りは続き、襤褸を着込んだ棄民が徘徊する流動的な国家の彼方で、加算される間に背反し、見捨てられたなどとは思わずに、自ら見捨てたのだ、とすたれることなく、ことばが絶えない限り、ここでの力は、自らに帰還し、自らの位置からだけ、力とは生まれる。